世界の化学者データベース計算化学

  1. 黎书华 Shuhua Li

     黎书华(Shuhua Li 、1969年x月x日(Hunan生)-)は、中国の物理化学者である。南京大学 教授。(引用:Shuhua Li’s group)経歴1990 Central South Univerisity of T…

  2. ペッカ・ピューッコ Pekka Pyykkö

    ペッカ・ピューッコ(Pekka Pyykkö、1941年10月12日(Hinnerjoki,フィンラ…

  3. ディーン・タンティロ Dean J. Tantillo

    ディーン・タンティロ (Dean J. Tantillo  1973年xx月xx日-)はアメリカの計…

  4. ジョン・アンソニー・ポープル Sir John Anthony Pople

    ジョン・アンソニー・ポープル(1925年10月31日-2004年3月15日)はイギリスの理論化学者で…

  5. マイケル・レヴィット Michael Levitt

    マイケル・レヴィット(Michael Levitt、1947年5月9日、プリトリア(南アフリカ)生ま…

  6. アリ・ワーシェル Arieh Warshel

  7. ドナルド・トゥルーラー Donald G. Truhlar

  8. スチュアート・ライス Stuart A. Rice

  9. デイヴィット・ベイカー David Baker

  10. マーティン・カープラス Martin Karplus

  11. ケンダール・ハウク Kendall N. Houk

  12. 福井 謙一 Kenichi Fukui

  13. イリヤ・プリゴジン Ilya Prigogine

  14. ウォルター・コーン Walter Kohn

  15. ノーマン・アリンジャー Norman A. Allinger

  16. 諸熊 奎治 Keiji Morokuma

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アルメニア初の化学系国際学会に行ってきた!①
  2. 実践・化学英語リスニング(3)生化学編: 世界トップの化学者と競うために
  3. セリ科植物に含まれる生理活性成分
  4. DNAのもとは隕石とともに
  5. 【PR】Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【スタッフ・寄稿募集】
  6. ヒドラジン
  7. リチウム Lithium -リチウム電池から医薬品まで

注目情報

最新記事

ストックホルム国際青年科学セミナー参加学生を募集開始 ノーベル賞のイベントに参加できます!

一週間スウェーデンに滞在し、ノーベル賞受賞者と直接交流するなどの貴重な機会が与えられるセミナーSto…

「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

PAGE TOP