[スポンサーリンク]

archives

N-フルオロ-N’-(クロロメチル)トリエチレンジアミンビス(テトラフルオロボラート):N-Fluoro-N’-(chloromethyl)triethylenediamine Bis(tetrafluoroborate)

F0358.gif

官能基化フェノールの位置特異的ふっ素化反応

Ritterらはトリフルオロメタンスルホン酸銀の存在下,F-TEDA-BF4を用いるアリールすず化合物のふっ素化反応を報告しています。アリールすず化合物は対応するフェノールから容易に得られます。そのため,このRitterらの方法はフェノール性水酸基をふっ素原子に変換する実用的な方法といえます。本方法を用いて,高官能基化された生物活性フェノールであるエストロン,キニーネ,トコフェロール,およびカンプトテシンのふっ素化を行っています。

T. Furuya, A. E. Strom, T. Ritter, J. Am. Chem. Soc. 2009, 131, 1662.

 

関連記事

  1. マイクロリアクター徹底活用セミナー【終了】
  2. DABを用いた一級アミノ基の選択的保護および脱保護反応
  3. ヘテロアレーンカルボニル化キナアルカロイド触媒を用いたアジリジン…
  4. Hantzschエステル:Hantzch Ester
  5. 位置およびエナンチオ選択的Diels-Alder反応に有効な不斉…
  6. 集光型太陽光発電システムの市場動向・技術動向【終了】
  7. Horner-Emmons 試薬
  8. りん酸2-(メタクリロイルオキシ)エチル2-(トリメチルアンモニ…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. エッシェンモーザー・クライゼン転位 Eschenmoser-Claisen Rearrangement
  2. イー・タン Yi Tang
  3. 千葉大など「シナモンマスク」を商品化 インフル予防効果に期待
  4. 普通じゃ満足できない元素マニアのあなたに:元素手帳2016
  5. 夏:今年もスズメバチ防護服の製造ピーク
  6. ワインのコルク臭の原因は?
  7. ディーン・トースト F. Dean Toste
  8. 2009年7月人気化学書籍ランキング
  9. 大阪近海のアサリから麻痺性貝毒が検出される
  10. 集積型金属錯体

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター環境代謝分析研究チームの菊地淳チームリーダー、伊藤研悟特…

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

第161回目のスポットライトリサーチは、早田敦 (はやた あつし)さんにお願いしました。早田…

イグノーベル化学賞2018「汚れ洗浄剤としてヒトの唾液はどれほど有効か?」

Tshozoです。今年もIg Nobel賞、発表されましたね。色々と興味深い発表が続く中、NHKで放…

最近のwebから〜固体の水素水?・化合物名の商標登録〜

皆様夏休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。大学はそろそろ後学期が始まってきたところです。小…

PAGE TOP