[スポンサーリンク]

archives

N-フルオロ-N’-(クロロメチル)トリエチレンジアミンビス(テトラフルオロボラート):N-Fluoro-N’-(chloromethyl)triethylenediamine Bis(tetrafluoroborate)

F0358.gif

官能基化フェノールの位置特異的ふっ素化反応

Ritterらはトリフルオロメタンスルホン酸銀の存在下,F-TEDA-BF4を用いるアリールすず化合物のふっ素化反応を報告しています。アリールすず化合物は対応するフェノールから容易に得られます。そのため,このRitterらの方法はフェノール性水酸基をふっ素原子に変換する実用的な方法といえます。本方法を用いて,高官能基化された生物活性フェノールであるエストロン,キニーネ,トコフェロール,およびカンプトテシンのふっ素化を行っています。

T. Furuya, A. E. Strom, T. Ritter, J. Am. Chem. Soc. 2009, 131, 1662.

 

関連記事

  1. DFMS:ビス(ジフルオロメチルスルホニル)亜鉛
  2. イソプロポキシボロン酸ピナコール:Isopropoxyboron…
  3. 3-メチル-1-フェニル-2-ホスホレン1-オキシド:3-Met…
  4. ジブロモイソシアヌル酸:Dibromoisocyanuric A…
  5. 安全なジアゾメタン原料
  6. イリジウム錯体:Iridium-complex
  7. グラファイト、グラフェン、ナノグラフェンの構造と電子・磁気機能【…
  8. 有機・高分子合成における脱”レアメタル”…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. マーシャル プロパルギル化 Marshall Propargylation
  2. 最後に残ったストリゴラクトン
  3. 「株式会社未来創薬研究所」を設立
  4. 電子デバイス製造技術 ーChemical Times特集より
  5. 【追悼企画】カナダのライジングスター逝く
  6. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(5年目)(留学中編)
  7. ジョン・フェン John B. Fenn
  8. 立体選択的なスピロ環の合成
  9. 2010年ノーベル化学賞予想ーケムステ版
  10. 2005年ノーベル化学賞『オレフィンメタセシス反応の開発』

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

日本薬学会第139年会 付設展示会ケムステキャンペーン

日本化学会年会では毎年恒例の付設展示会ケムステキャンペーンを行いました。さて、本日から日本薬…

論文・学会発表に役立つ! 研究者のためのIllustrator素材集: 素材アレンジで描画とデザインをマスターしよう!

概要Adobe Illustratorを用いたイラスト作成の入門書。すぐに使えるイラスト素材…

シアノヒドリンをカルボン酸アミドで触媒的に水和する

第189回目のスポットライトリサーチは、神田 智哉(かんだ ともや)さんにお願いしました。神…

チオカルバマートを用いたCOSのケミカルバイオロジー

チオカルバマート型硫化水素ドナー分子を用いた硫化カルボニル(COS)の生理学的機能の研究が行われた。…

触媒的不斉交差ピナコールカップリングの開発

第188回目のスポットライトリサーチは、竹田 光孝(たけだ みつたか)さんにお願いしました。…

研究者のためのCG作成術④(レンダリング編)

Naphtです。研究者のためのCG作成術①、②、③に続き、研究者向けのCGの作り方について紹介しよう…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP