[スポンサーリンク]

archives

N-フルオロ-N’-(クロロメチル)トリエチレンジアミンビス(テトラフルオロボラート):N-Fluoro-N’-(chloromethyl)triethylenediamine Bis(tetrafluoroborate)

[スポンサーリンク]

F0358.gif

官能基化フェノールの位置特異的ふっ素化反応

Ritterらはトリフルオロメタンスルホン酸銀の存在下,F-TEDA-BF4を用いるアリールすず化合物のふっ素化反応を報告しています。アリールすず化合物は対応するフェノールから容易に得られます。そのため,このRitterらの方法はフェノール性水酸基をふっ素原子に変換する実用的な方法といえます。本方法を用いて,高官能基化された生物活性フェノールであるエストロン,キニーネ,トコフェロール,およびカンプトテシンのふっ素化を行っています。

T. Furuya, A. E. Strom, T. Ritter, J. Am. Chem. Soc. 2009, 131, 1662.

 

TCI

TCI

投稿者の記事一覧

有機試薬メーカーです。

関連記事

  1. 若手&高分子を専門としていない人のための『速習 高分子化学 入門…
  2. トリ-tert-ブチルホスホニウムテトラフルオロボラート:Tri…
  3. マイクロ波を用いた合成プロセス技術と実用化への道【終了】
  4. 【PR】 Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【ス…
  5. (S,S)-(-)-2,2′-イソプロピリデンビス(…
  6. ケムステ新コンテンツ「化学地球儀」
  7. 水素化ほう素ナトリウム : Sodium Borohydride…
  8. イソプロポキシボロン酸ピナコール:Isopropoxyboron…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Guide to Fluorine NMR for Organic Chemists
  2. 合成化学発・企業とアカデミアの新たな共同研究モデル
  3. もう入れたよね?薬学会年会アプリ
  4. セブンシスターズについて② ~世を統べる資源会社~
  5. シュタウディンガー反応 Staudinger Reaction
  6. 【書籍】天然物合成で活躍した反応:ケムステ特典も!
  7. 巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明
  8. まんがサイエンス
  9. 「不斉有機触媒の未踏課題に挑戦する」—マックス・プランク石炭化学研究所・List研より
  10. ChemDrawの使い方【作図編②:触媒サイクル】

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

化学者のためのエレクトロニクス講座~次世代の通信技術編~

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第132回―「遷移金属触媒における超分子的アプローチ」Joost Reek教授

第132回の海外化学者インタビューはジュースト・リーク教授です。アムステルダム大学ファント・ホッフ分…

位置多様性・脱水素型クロスカップリング

第281回のスポットライトリサーチは、菅原真純 博士にお願いしました。菅原さんは理化学研究所…

エノールエーテルからα-三級ジアルキルエーテルをつくる

α-オキシラジカルを経るエノールエーテルのa位官能基化が開発された。種々のアルキルエノールエーテルと…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(2)

前回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路や就活を始める時期について紹介しま…

【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介③:大内 誠 先生

今回の記事では、第11回バーチャルシンポジウム「最先端精密高分子合成」をより楽しむべく講師の一人であ…

第131回―「Nature出版社のテクニカルエディターとして」Laura Croft博士

第131回の海外化学者インタビューはローラ・クロフト博士です。Nature Chemistry誌とN…

【書籍】機器分析ハンドブック2 高分子・分離分析編

2020/10/20に刊行されたばかりのホットな書籍をご紹介します。概要はじめて機器…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP