[スポンサーリンク]

archives

N-フルオロ-N’-(クロロメチル)トリエチレンジアミンビス(テトラフルオロボラート):N-Fluoro-N’-(chloromethyl)triethylenediamine Bis(tetrafluoroborate)

F0358.gif

官能基化フェノールの位置特異的ふっ素化反応

Ritterらはトリフルオロメタンスルホン酸銀の存在下,F-TEDA-BF4を用いるアリールすず化合物のふっ素化反応を報告しています。アリールすず化合物は対応するフェノールから容易に得られます。そのため,このRitterらの方法はフェノール性水酸基をふっ素原子に変換する実用的な方法といえます。本方法を用いて,高官能基化された生物活性フェノールであるエストロン,キニーネ,トコフェロール,およびカンプトテシンのふっ素化を行っています。

T. Furuya, A. E. Strom, T. Ritter, J. Am. Chem. Soc. 2009, 131, 1662.

 

関連記事

  1. エノキサシン:Enoxacin
  2. 3-ベンジル-5-(2-ヒドロキシエチル)-4-メチルチアゾリウ…
  3. 低分子ゲル化剤・増粘剤の活用と材料設計、応用技術
  4. ヘキサメチレンテトラミン
  5. 高分子材料における高次構造制御と機能発現【終了】
  6. エポキシ樹脂の硬化特性と硬化剤の使い方【終了】
  7. ケムステ国際版・中国語版始動!
  8. クロロ[(1,3-ジメシチルイミダゾール-2-イリデン)(N,N…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ワッカー酸化 Wacker oxidation
  2. システインから無機硫黄を取り出す酵素反応の瞬間を捉える
  3. ナノスケールの虹が世界を変える
  4. スイスの博士課程ってどうなの?1〜ヨーロッパの博士課程を知る〜
  5. ミノキシジル /Minoxidil
  6. 情報の最小単位がついに原子?超次世代型メモリー誕生!
  7. 1-トリフルオロメチル-3,3-ジメチル-1,2-ベンゾヨードキソール : 1-Trifluoromethyl-3,3-dimethyl-1,2-benziodoxole
  8. 入門 レアアースの化学 
  9. 2017年の有機ELディスプレイ世界市場は11年比6.6倍の2兆186億円。
  10. 3日やったらやめられない:独自配位子開発と応用

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

学部4年間の教育を振り返る

皆様、いかがお過ごしでしょうか。学部4年生の筆者は院試験も終わり、卒論作成が本格的に始まるまでの束の…

ダイセルが開発した新しいカラム: DCpak PTZ

ダイセルといえば「キラルカラムの雄」として知られており、光学活性化合物を分離するキラルカラム「CHI…

台湾当局、半導体技術の対中漏洩でBASFの技術者6人を逮捕

台湾の内政部(内政省)刑事局は7日、半導体製造に使う特殊な化学品の技術を中国企業に漏洩した営業秘密法…

「低分子医薬品とタンパク質の相互作用の研究」Harvard大学 Woo研より

海外留学記第29回目は、Harvard大学のChiristina Woo研に留学されている天児由佳さ…

科博特別展「日本を変えた千の技術博」にいってきました

上野公園内の日本科学博物館で開催されている「日本を変えた千の技術博」をみてきました。科博の特…

ケミカルメーカーのライフサエンス事業戦略について調査結果を発表

 この程、TPCマーケティングリサーチ株式会社(本社=大阪市西区、代表取締役社長=川原喜治)は、ケミ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP