[スポンサーリンク]

archives

N-フルオロ-N’-(クロロメチル)トリエチレンジアミンビス(テトラフルオロボラート):N-Fluoro-N’-(chloromethyl)triethylenediamine Bis(tetrafluoroborate)

[スポンサーリンク]

F0358.gif

官能基化フェノールの位置特異的ふっ素化反応

Ritterらはトリフルオロメタンスルホン酸銀の存在下,F-TEDA-BF4を用いるアリールすず化合物のふっ素化反応を報告しています。アリールすず化合物は対応するフェノールから容易に得られます。そのため,このRitterらの方法はフェノール性水酸基をふっ素原子に変換する実用的な方法といえます。本方法を用いて,高官能基化された生物活性フェノールであるエストロン,キニーネ,トコフェロール,およびカンプトテシンのふっ素化を行っています。

T. Furuya, A. E. Strom, T. Ritter, J. Am. Chem. Soc. 2009, 131, 1662.

 

関連記事

  1. Nsアミン誘導体
  2. (+)-MTPA-Cl
  3. 技術者・研究者のためのプレゼンテーション入門
  4. 3成分開始剤系を用いたリビングラジカル重合
  5. インドール一覧
  6. ODOOSをリニューアル!
  7. リケラボとコラボして特集記事を配信します
  8. FT-IR(赤外分光法)の基礎と高分子材料分析の実際【終了】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ヘリウムガスのはなし
  2. エヴァンスアルドール反応 Evans Aldol Reaction
  3. Arborisidineの初の全合成
  4. 蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH
  5. カレーの成分、アルツハイマー病に効く可能性=米研究
  6. 多彩な蛍光を発する単一分子有機化合物をつくる
  7. ノルゾアンタミン /Norzoanthamine
  8. 高分子界の準結晶
  9. バトラコトキシン (batrachotoxin)
  10. ハーバート・ブラウン―クロスカップリングを導いた師とその偉業

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

イオン交換が分子間電荷移動を駆動する協奏的現象の発見

第229回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 新領域創成科学研究科(竹谷・岡本研究室)・山下…

化学産業における規格の意義

普段、実験で使う溶媒には、試薬特級や試薬一級といった”グレード”が記載されている。一般的には、特級の…

特許資産規模ランキング2019、トップ3は富士フイルム、三菱ケミカル、住友化学

株式会社パテント・リザルトは、独自に分類した「化学」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と…

TQ: TriQuinoline

第228回のスポットライトリサーチは、足立 慎弥さんにお願い致しました。シンプルながらこれま…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP