世界の化学者データベース有機化学

  1. アンドレアス ファルツ Andreas Pfaltz

    アンドレアス・ファルツ(Andreas Pfaltz、1948年5月10日-、スイス/バーゼル生)は、スイスの有機化学者である。Ir-PHOX系触媒によるアルキル置換オレフィン類の高エナンチオ選択的水素添加反応の開発で有名。バーゼル大学化学…

  2. 林 雄二郎 Yujiro Hayashi

    林雄二郎(はやし ゆうじろう、1962年2月1日(群馬生まれ)-)は日本の有機化学者である。東北大学…

  3. 浦野 泰照 Yasuteru Urano

    浦野 泰照(うらの やすてる、1967年xx月xx日-)は日本の有機化学者である。東京大学大学院薬学…

  4. ダン・シングルトン Daniel Singleton

    ダニエル・A・シングルトン(Daniel A. Singleton、19xx年xx月xx日-)は米国…

  5. マット・フランシス Matthew B. Francis

    マシュー・B・フランシス(Matthew B. Francis、1971年xx月xx日(Ohio,米…

  6. ヴィクター・スニーカス Victor A. Snieckus

  7. カール−ヘインツ・アルトマン Karl Heinz Altmann

  8. エミリー・バルスカス Emily P. Balskus

  9. 浜地 格 Itaru Hamachi

  10. 秋山隆彦 Takahiko Akiyama

  11. ライアン・シェンビ Ryan A. Shenvi

  12. 西林 仁昭 Yoshiaki Nishibayashi

  13. 木曽 良明 Yoshiaki Kiso

  14. スティーブ・ケント Stephen B. H. Kent

  15. シーユアン・リュー Shih-Yuan Liu

  16. ヴィ·ドン Vy M. Dong

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 福山透 Tohru Fukuyama
  2. 視覚を制御する物質からヒントを得た異性化反応
  3. 光で形を変える結晶
  4. ローソン試薬 Lawesson’s Reagent
  5. 2007年10大化学ニュース
  6. ケムステも出ます!サイエンスアゴラ2013
  7. 第12回 金属錯体から始まる化学ー伊藤肇教授

注目情報

最新記事

A値(A value)

A値(A value)とは1955年にWinsteinとHolnessにより報告された一置換シクロヘ…

NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より

NMR溶媒の論文といったら、あの論文しかありません。そう、各種溶媒の各種重溶媒中での NMR データ…

bothの使い方

形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

第76回のスポットライトリサーチは、大阪大学産業科学研究所永井研究室の鈴木和志さんにお願いしました。…

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

PAGE TOP