元素の基本と仕組み

  1. カリウム Potassium 細胞内に多量に含まれる元素

    カリウムは、ナトリウムと並んでミネラルの代表格です。様々な化合物と塩を作ります。なかには青酸カリなど有毒なものもありますが、決してカリウムが悪いわけではありません。カリウムの基本物性データ分類アルカリ金属、ミネラル…

  2. アルゴン Argon 空気中の体積1%を占め、医療用レーザーにも使われる

    アルゴンは、何ものとも反応しない不活性ガスの代表的な元素です。ほかの不活性ガスに比べて多く(空気中に…

  3. 塩素 Chlorine 漂白・殺菌剤や塩ビの成分

     水道水の消毒に欠かせない塩素。一部の貴ガス、炭素、酸素以外の元素と直接化合して塩化物を作ります。漂…

  4. 硫黄 Sulfurーニンニク、タマネギから加硫剤まで

    ニンニク、タマネギといった食べ物の刺激が強いのは、硫黄化合物が含まれているからです。日本人が好きな温…

  5. リン Phosphorusー体の中の重要分子DNAの構成成分。肥料にも多用される

    遺伝物質であるDNAや核酸などの構成物質であるリン。リンには、炭素のようにさまざまな同素体が存在しま…

  6. ケイ素 Silicon 電子機器発達の立役者。半導体や光ファイバーに利用

  7. アルミニウム Aluminium 最も多い金属元素であり、一円玉やアルミホイルの原料

  8. マグネシウム Magnesium-にがりの成分から軽量化合物材料まで

  9. ナトリウム Sodium -食塩やベーキングパウダーに使用

  10. ネオン Neon -街を彩るネオンサイン

  11. フッ素 Fluorine -水をはじく?歯磨き粉や樹脂への応用

  12. 【速報】新元素4つの名称が発表:日本発113番元素は「ニホニウム」!

  13. 酸素 Oxygen -空気や水を構成する身近な元素

  14. 窒素 Nitrogen -アミノ酸、タンパク質、DNAの主要元素

  15. 炭素 Carbon -生物の基本骨格、多様な同素体

  16. ホウ素 Boron -ホウ酸だんごから耐火ガラスまで

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アラスカのカブトムシは「分子の防寒コート」で身を守る
  2. ドナルド・トゥルーラー Donald G. Truhlar
  3. トリチウム水から完全無害な水素ガスを作り出す?
  4. SelectfluorR
  5. フォン・ペックマン反応 von Pechmann Reaction
  6. FT-IR・ラマン ユーザーズフォーラム 2015
  7. 研究者・開発者に必要なマーケティング技術と活用方法【終了】

注目情報

最新記事

材料適合性 Material compatibility

材料適合性(Material compatibility)とは、取り扱う素材に対して温度や取り扱う液…

アルゼンチン キプロス

化学地球儀としてはかなり大雑把なくくりでのご紹介となっていますが、この二国の共通項が直ぐお分りになり…

高選択的なアルカンC–H酸化触媒の開発

第83回目のスポットライトリサーチは、小寺政人先生と人見 譲先生が主宰する同志社大学分子生命化学研究…

有名研究者の論文であったとしても

今回取り上げる論文は、以前ケムステで紹介した研究「なんと!アルカリ金属触媒で進む直接シリル化反応」の…

有機反応を俯瞰する ーエノラートの発生と反応

今回は、アルドール反応を起点としてかなり広範囲に反応を俯瞰します。具体的には、アルドール反応から、ベ…

PAGE TOP