[スポンサーリンク]

archives

ジメチル(2-ピリジル)シリル化合物

[スポンサーリンク]

D2935.gif

東京化成工業】
ジメチル(2-ピリジル)シリル化合物: 2-(Dimethylvinylsilyl)pyridine
分子量:163.29
CAS: 321155-39-9
製品コード: D2935
値段:  1g 25,100円(2008.10.22 現在)
用途:多置換オレフィンの合成
説明: ヘック反応,檜山反応を組み合わせることで,多置換オレフィンが得られる。
文献: . Itami, T. Nokami, Y. Ishimura, K. Mitsudo, T. Kamei, J. Yoshida, J. Am. Chem. Soc., 123, 11577 (2001).
その他のピリジルシリル化合物: ジメチル(2-ピリジル)シリル化合物
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. モリブデン触媒
  2. ニュースタッフ
  3. マイクロリアクター徹底活用セミナー【終了】
  4. 太陽電池バックシートの開発と評価【終了】
  5. 高分子/金属・無機界面の相互作用と接着・密着性、耐久性の向上【終…
  6. SPhos
  7. 芳香環シラノール
  8. 4,7-ジブロモ-2,1,3-ベンゾチアジアゾール:4,7-Di…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ロバート・コリュー R. J .P. Corriu
  2. 東日本大震災から1年
  3. フィッシャー オキサゾール合成 Fischer Oxazole Synthesis
  4. シャープレス不斉アミノヒドロキシル化 Sharpless Asyemmtric Aminohydroxylation (SharplessAA)
  5. 近況報告Part V
  6. 私がケムステスタッフになったワケ(3)
  7. シュテルン-フォルマー式 Stern-Volmer equation
  8. 超高速レーザー分光を用いた有機EL発光材料の分子構造変化の実測
  9. シュミット グリコシル化反応 Schmidt Glycosylation
  10. ククルビットウリル Cucurbituril

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アゾベンゼンは光る!~新たな発光材料として期待~

第225回のスポットライトリサーチは、関西学院大学 増尾研究室 助教の山内光陽(やまうち みつあき)…

ハラスメントから自分を守るために。他人を守るために【アメリカで Ph.D. を取る –オリエンテーションの巻 その 2-】

アカデミックハラスメントやセクシャルハラスメントは、学業やキャリアの成功に悪影響を与えます。 どんな…

2つのグリニャールからスルホンジイミンを作る

グリニャール試薬とスルフィニルアミンを用いたスルホンジイミン合成が達成された。爆発性物質、臭気性物質…

赤外光で分子の結合を切る!

第224回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所芦原研究室の森近一貴(もりちか いっき)…

トム・マイモニ Thomas J. Maimone

トーマス・J・マイモニ(Thomas J. Maimone、1982年2月13日–)は米国の有機化学…

キャリアデザイン研究講演会~化学研究と企業と君との出会いをさがそう!~

詳細はこちら:https://csjkinki.com/career/日時…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP