[スポンサーリンク]

archives

ジメチル(2-ピリジル)シリル化合物

D2935.gif

東京化成工業】
ジメチル(2-ピリジル)シリル化合物: 2-(Dimethylvinylsilyl)pyridine
分子量:163.29
CAS: 321155-39-9
製品コード: D2935
値段:  1g 25,100円(2008.10.22 現在)
用途:多置換オレフィンの合成
説明: ヘック反応,檜山反応を組み合わせることで,多置換オレフィンが得られる。
文献: . Itami, T. Nokami, Y. Ishimura, K. Mitsudo, T. Kamei, J. Yoshida, J. Am. Chem. Soc., 123, 11577 (2001).
その他のピリジルシリル化合物: ジメチル(2-ピリジル)シリル化合物
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ベンゼンスルホヒドロキサム酸を用いるアルデヒドとケトンの温和な条…
  2. 1-(3-ジメチルアミノプロピル)-3-エチルカルボジイミド :…
  3. バトフェナントロリン:Bathophenanthroline
  4. 【予告】ケムステ新コンテンツ『CSスポットライトリサーチ』
  5. ニュースタッフ追加
  6. AgOTf/CuI共触媒によるN-イミノイソキノリニウムのタンデ…
  7. ビタミンB1塩酸塩を触媒とするぎ酸アミド誘…
  8. Nsアミン誘導体

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ナイトレン
  2. 総合化学大手5社、前期は空前の好決算・経常最高益更新
  3. リガンド革命
  4. 「優れた研究テーマ」はどう選ぶべき?
  5. リアル『ドライ・ライト』? ナノチューブを用いた新しい蓄熱分子の設計-後編
  6. 海洋天然物パラウアミンの全合成
  7. 第93回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part II
  8. フィルム製造プロセスのスキルアップ【終了】
  9. 酸化グラフェンに放射性物質を除去する機能が報告される
  10. 保護基のお話

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

元素手帳 2018

今年も残すところあと1ヶ月半となってきました。来年に向けて、そろそろアレを購入される方もいら…

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP