[スポンサーリンク]


2009年 9月 12日

  1. ダンハイザー環形成反応 Danheiser Annulation

    概要シクロブテノンから熱的に生成するビニルケテンとアルコキシアセチレンの付加環化反応。置換フェノール誘導体を与える。 (さらに…)…

  2. カーン グリコシド化反応 Kahne Glycosidation

    概要グリコシルスルホキシドを酸性活性化剤によって活性化し、グリコシド結合を形成す…

  3. ルチッカ大員環合成 Ruzicka Large Ring Synthesis

    概要ジカルボン酸からトリウムオキシドなどの金属触媒存在下に環状ケトンを合成する手…

  4. ダンハイザー シクロペンテン合成 Danheiser Cyclopentene Synthesis

    概要ルイス酸で活性化された電子不足オレフィンに対し、TMSアレンを作用させるとシ…

  5. クロム(η6-アレーン)カルボニル錯体 Cr(η6-arene)(CO)3 Complex

    概要Cr(η6-arene)(CO)3錯体は、ベンゼン誘導体及びクロムヘキサカル…

  6. P-キラルホスフィンの合成 Synthesis of P-chirogenic Phosphine

  7. バートン・ザード ピロール合成 Barton-Zard Pyrrole Synthesis

  8. モッシャー法 Mosher Method

  9. シュガフ脱離 Chugaev Elimination

  10. 酵素による光学分割 Enzymatic Optical Resolution

  11. ヒドロシリル化反応 Hydrosilylation

  12. コンラッド・リンパック キノリン合成 Conrad-Limpach Quinoline Synthesis

スポンサー

ピックアップ記事

  1. クロスカップリングはどうやって進行しているのか?
  2. ケムステ新コンテンツ「化学地球儀」
  3. プラスチックを簡単に分解する方法の開発
  4. 第156回―「異種金属―有機構造体の創製」Stéphane Baudron教授
  5. ブートキャンプ
  6. ロビンソン・ガブリエルオキサゾール合成 Robinson-Gabriel Oxazole Synthesis
  7. オッペナウアー酸化 Oppenauer Oxidation

注目情報

最新記事

実験手袋をいろいろ試してみたーつかいすてから高級手袋までー

前回は番外編でしたが、試してみたシリーズ本編に戻ります。引き続き実験関係の消耗品…

第164回―「光・熱エネルギーを変換するスマート材料の開発」Panče Naumov教授

第164回の海外化学者インタビューは、パンチェ・ナウモフ教授です。大阪大学大学院工学研究科 生命先端…

SNS予想で盛り上がれ!2021年ノーベル化学賞は誰の手に?

今年もノーベル賞シーズンの到来です!化学賞は日本時間 10月6日(水) 18時4…

カーボンナノチューブ薄膜のSEM画像を生成し、物性を予測するAIが開発される

先端素材高速開発技術研究組合(ADMAT)、日本ゼオンは産業技術総合研究所(AIST)と共同で、NE…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2021年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

PAGE TOP