[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

P-キラルホスフィンの合成 Synthesis of P-chirogenic Phosphine

[スポンサーリンク]

 

概要

P-キラルホスフィン化合物は、特に遷移金属用配位子としての需要が大きい。酸素・水に安定なホスフィンオキシド、ホスフィンスルフィド、ホスフィンボラン錯体を経由して合成されることが一般的である。

中でもホスフィンボラン錯体は、合成容易で結晶性もよく、ボランが穏和な条件で脱保護可能なため重宝される。

基本文献

  • Pietrusiewicz, K. M.; Zablocka, M. Chem. Rev. 199494, 1375. DOI: 10.1021/cr00029a009
  • 今本恒雄 有機合成化学協会誌 1993, 51, 223.

 

反応機構

 

反応例

 

実験手順

ホスフィンボラン錯体は、配位性アミンもしくは強酸条件下に脱保護可能である。条件の穏和さと実用性からDABCOが最もよく用いられる。脱保護は立体保持で進行する。

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. オレフィンメタセシス Olefin Metathesis
  2. エンインメタセシス Enyne Metathesis
  3. ベックマン転位 Beckmann Rearrangement
  4. アルコールのアルカンへの還元 Reduction from Al…
  5. コーリー・ニコラウ マクロラクトン化 Corey-Nicolao…
  6. 2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Pro…
  7. パール・クノール ピロール合成 Paal-Knorr Pyrro…
  8. 1,2-/1,3-ジオールの保護 Protection of 1…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 野依賞―受賞者一覧
  2. sp2-カルボカチオンを用いた炭化水素アリール化
  3. 2009年イグノーベル賞決定!
  4. ニュースタッフ
  5. 砂糖水からモルヒネ?
  6. 世界初 ソフトワーム用自発光液 「ケミホタルペイント」が発売
  7. イミンを求核剤として反応させる触媒反応
  8. リンダウ会議に行ってきた③
  9. 三菱商事ナノテク子会社と阪大院、水に濡れるフラーレンを共同開発
  10. ジフェニルオクタテトラエン (1,8-diphenyl-1,3,5,7-octatetraene)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2つのグリニャールからスルホンジイミンを作る

グリニャール試薬とスルフィニルアミンを用いたスルホンジイミン合成が達成された。爆発性物質、臭気性物質…

赤外光で分子の結合を切る!

第224回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所芦原研究室の森近一貴(もりちか いっき)…

トム・マイモニ Thomas J. Maimone

トーマス・J・マイモニ(Thomas J. Maimone、1982年2月13日–)は米国の有機化学…

キャリアデザイン研究講演会~化学研究と企業と君との出会いをさがそう!~

詳細はこちら:https://csjkinki.com/career/日時…

世界のエリートが今一番入りたい大学 ミネルバ

概要・校舎がない(4年間で世界の7都市をめぐる)・教師は「講義」も「テスト」もしない…

鴻が見る風景 ~山本尚教授の巻頭言より~

Tshozoです。先日公開され色々話題を呼んだ山本尚 元日本化学会会長による日本化学会論説 巻頭言(…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP