[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ルチッカ大員環合成 Ruzicka Large Ring Synthesis

 

概要

ジカルボン酸からトリウムオキシドなどの金属触媒存在下に環状ケトンを合成する手法。他にもBa, Ca, Ceなどの金属が使用され、300℃近くで熱分解する。

基本文献

 

反応機構

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ベンジル酸転位 Benzilic Acid Rearrangem…
  2. ランバーグ・バックランド転位 Ramberg-Backlund …
  3. ジュリア・リスゴー オレフィン合成 Julia-Lythgoe …
  4. コーリー・ウィンターオレフィン合成 Corey-Winter O…
  5. ニコラス反応 Nicholas Reaction
  6. スクラウプ キノリン合成 Skraup Quinoline Sy…
  7. ロゼムンド・リンドセー ポルフィリン合成 Rothemund-L…
  8. 衣笠反応 Kinugasa Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. e.e., or not e.e.:
  2. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑨ (解答編)
  3. Louis A. Carpino ルイス・カルピノ
  4. ノーベル化学賞・下村さん帰国
  5. 非常に小さな反転障壁を示す有機リン化合物の合成
  6. 高峰譲吉の墓
  7. 化学するアタマ―論理的思考力を鍛える本
  8. 第13回 化学を楽しみ、創薬に挑み続ける ―Derek Lowe博士
  9. デイヴィット・ベイカー David Baker
  10. ダン・シェヒトマン博士の講演を聞いてきました。

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

有機反応を俯瞰する ー縮合反応

今回は、高校化学でも登場する有機反応であるエステル合成反応を中心に、その反応が起こるメカニズムを解説…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP