[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ルチッカ大員環合成 Ruzicka Large Ring Synthesis

 

概要

ジカルボン酸からトリウムオキシドなどの金属触媒存在下に環状ケトンを合成する手法。他にもBa, Ca, Ceなどの金属が使用され、300℃近くで熱分解する。

基本文献

 

反応機構

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 史 不斉エポキシ化 Shi Asymmetric Epoxida…
  2. ジオトロピー転位 dyotropic rearrangement…
  3. ビニルシクロプロパン転位 Vinylcyclopropane R…
  4. モンサント酢酸合成プロセス Monsanto Process f…
  5. ピナコール転位 Pinacol Rearrangement
  6. 一重項酸素 Singlet Oxygen
  7. パターノ・ビューチ反応 Paterno-Buchi Reacti…
  8. 網井トリフルオロメチル化 Amii Trifluoromethy…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Late-Stage C(sp3)-H活性化法でステープルペプチドを作る
  2. P-キラルホスフィンの合成 Synthesis of P-chirogenic Phosphine
  3. 第3のエネルギー伝達手段(MTT)により化学プラントのデザインを革新する
  4. クラプコ脱炭酸 Krapcho Decarboxylation
  5. ヨードホルム (iodoform)
  6. 信越化学、日欧でセルロース増産投資・建材向け堅調
  7. 人名反応から学ぶ有機合成戦略
  8. ルーベン・マーティン Ruben Martin
  9. 多孔性材料の動的核偏極化【生体分子の高感度MRI観測への一歩】
  10. のむ発毛薬で五輪アウトに

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ケムステが文部科学大臣表彰 科学技術賞を受賞しました

既にTwitter・Facebookでは速報させていただきましたたが、このたびケムステが文部科学大臣…

速報・常温常圧反応によるアンモニア合成の実現について

Tshozoです。先日発表になりましたタイトルの件、今まで本ケムステで書かれてきた記事(こちら・こち…

室温で緑色発光するp型/n型新半導体を独自の化学設計指針をもとにペロブスカイト型硫化物で実現

第195回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 科学技術創成研究院(平松研究室) 半沢幸太さんに…

化合物の秤量

数mgを量り取るといったことは多くの化学系の研究者の皆様が日常的にされていることかと思います。しかし…

小スケールの反応で気をつけるべきこと

前回はスケールアップについて書いたので、今回は小スケールの反応での注意すべきことについてつらつらと書…

尿から薬?! ~意外な由来の医薬品~ その1

Tshozoです。今まで尿に焦点をあてた記事を数回書いてきたのですが、それを調べるうちに「1…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP