[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ルチッカ大員環合成 Ruzicka Large Ring Synthesis

 

概要

ジカルボン酸からトリウムオキシドなどの金属触媒存在下に環状ケトンを合成する手法。他にもBa, Ca, Ceなどの金属が使用され、300℃近くで熱分解する。

基本文献

 

反応機構

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ボーチ還元的アミノ化反応 Borch Reductive Ami…
  2. カティヴァ 酢酸合成プロセス Cativa Process fo…
  3. ジイミド還元 Diimide Reduction
  4. バーチ還元 Birch Reduction
  5. マンダー試薬 Mander’s Reagent
  6. 溝呂木・ヘック反応 Mizoroki-Heck Reaction…
  7. ジェイコブセン・香月エポキシ化反応 Jacobsen-Katsu…
  8. コーリー・フックス アルキン合成 Corey-Fuchs Alk…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. エレクトロクロミズム Electrochromism
  2. バニリン /Vanillin
  3. サーモサイエンティフィック「Exactive Plus」: 誰でも簡単に精密質量を!
  4. 第26回「分子集合体の極限に迫る」矢貝史樹准教授
  5. クロスカップリングはどうやって進行しているのか?
  6. YMC「水素吸蔵合金キャニスター」:水素を安全・効率的に所有!
  7. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑧
  8. 製薬各社 2011年度 第2四半期決算
  9. 第6回HOPEミーティングに参加してきました:ノーベル賞受賞者と夢語り合い
  10. 脱水素型クロスカップリング Cross Dehydrogenative Coupling (CDC)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP