[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ルチッカ大員環合成 Ruzicka Large Ring Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

ジカルボン酸からトリウムオキシドなどの金属触媒存在下に環状ケトンを合成する手法。他にもBa, Ca, Ceなどの金属が使用され、300℃近くで熱分解する。

基本文献

 

反応機構

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. マイヤー・シュスター転位/ループ転位 Meyer-Schuste…
  2. メルドラム酸 Meldrum’s Acid
  3. ブーボー・ブラン還元 Bouveault-Blanc Reduc…
  4. パリック・デーリング酸化 Parikh-Doering Oxid…
  5. ノリッシュ・ヤン反応 Norrish-Yang Reaction…
  6. ピナコール転位 Pinacol Rearrangement
  7. 四酸化ルテニウム Ruthenium Tetroxide (Ru…
  8. エピスルフィド合成 Episulfide Synthesis

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ヘテロ ディールス・アルダー反応 Hetero Diels-Alder Reaction
  2. 第五回 超分子デバイスの開発 – J. Fraser Stoddart教授
  3. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑪:どっちもクリップの巻
  4. 工程フローからみた「どんな会社が?」~半導体関連
  5. ニッケル錯体触媒の電子構造を可視化
  6. Newton別冊「注目のスーパーマテリアル」が熱い!
  7. 酸化亜鉛を用い青色ダイオード 東北大開発 コスト減期待
  8. 米ファイザーの第2・四半期は特別利益で純利益が増加、売上高は+1%
  9. 金大発『新薬』世界デビュー
  10. 「マイクロリアクター」装置化に成功

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP