[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ルチッカ大員環合成 Ruzicka Large Ring Synthesis

 

概要

ジカルボン酸からトリウムオキシドなどの金属触媒存在下に環状ケトンを合成する手法。他にもBa, Ca, Ceなどの金属が使用され、300℃近くで熱分解する。

基本文献

 

反応機構

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ヒドロシリル化反応 Hydrosilylation
  2. 右田・小杉・スティル クロスカップリング Migita-Kosu…
  3. アーント・アイシュタート合成 Arndt-Eistert Syn…
  4. アルダー エン反応 Alder Ene Reaction
  5. PCC/PDC酸化 PCC/PDC Oxidation
  6. シュガフ脱離 Chugaev Elimination
  7. アセタール系保護基 Acetal Protective Grou…
  8. ハートウィグ・宮浦C-Hホウ素化反応 Hartwig-Miyau…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アメリ化学会創造的有機合成化学賞・受賞者一覧
  2. 【PR】Twitter、はじめました
  3. 寺崎 治 Osamu Terasaki
  4. 究極のナノデバイスへ大きな一歩:分子ワイヤ中の高速電子移動
  5. 化学大手9月中間 三井化学と旭化成が経常減益
  6. 手術中にガン組織を見分ける標識試薬
  7. 均一系水素化 Homogeneous Hydrogenaton
  8. ヘキサメチレンテトラミン
  9. エレクトロクロミズム Electrochromism
  10. 保護により不斉を創る

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表

有機化学を原子や分子ではなく、単語や文と考えることで、人工知能(AI)アルゴリズムを用いて化学反応を…

細胞をつなぐ秘密の輸送路

細胞から細く長く伸びるワイヤー状の管。サイトネームやトンネルナノチューブと呼ばれるこの管は、離れた細…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP