[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ルチッカ大員環合成 Ruzicka Large Ring Synthesis

 

概要

ジカルボン酸からトリウムオキシドなどの金属触媒存在下に環状ケトンを合成する手法。他にもBa, Ca, Ceなどの金属が使用され、300℃近くで熱分解する。

基本文献

 

反応機構

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 根岸試薬(Cp2Zr) Negishi Reagent
  2. アサートン・トッド反応 Atherton-Todd Reacti…
  3. カテラニ反応 Catellani Reaction
  4. コーリー・キム酸化 Corey-Kim Oxidation
  5. カバチニク・フィールズ反応 Kabachnik-Fields R…
  6. 向山水和反応 Mukaiyama Hydration
  7. エステル、アミド、ニトリルの金属水素化物による部分還元 Par…
  8. カルボニル化を伴うクロスカップリング Carbonylative…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「田中さん惜しかった」--分解酵素「プロテアソーム」を精製
  2. 2010年ノーベル化学賞予想ーケムステ版
  3. ブライアン・コビルカ Brian K. Kobilka
  4. 核酸医薬の物語1「化学と生物学が交差するとき」
  5. ステファン・バックワルド Stephen L. Buchwald
  6. 多重薬理 Polypharmacology
  7. 有機ナノチューブの新規合成法の開発
  8. N-フルオロ-N’-(クロロメチル)トリエチレンジアミンビス(テトラフルオロボラート):N-Fluoro-N’-(chloromethyl)triethylenediamine Bis(tetrafluoroborate)
  9. 環歪みを細胞取り込みに活かす
  10. クロロ[(1,3-ジメシチルイミダゾール-2-イリデン)(N,N-ジメチルベンジルアミン)パラジウム(II)]:Chloro[(1,3-dimesitylimidazol-2-ylidene)(N,N-dimethylbenzylamine)palladium(II)]

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

博士後期で学費を企業が肩代わり、北陸先端大が国内初の制度

 北陸先端科学技術大学院大学は、産業界と連携した博士人材の育成制度を2019年度から開始する。企業が…

有機ホウ素化合物を用いたSNi型立体特異的β-ラムノシル化反応の開発

第166回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部博士課程・西 信哉(にし のぶや)さんに…

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

PAGE TOP