[スポンサーリンク]

E

酵素による光学分割 Enzymatic Optical Resolution

 

概要

リパーゼなどの容易に入手可能な酵素を触媒として用いたアシル化により、アルコールの光学分割が行える。逆にエステルを加水分解する形式でも速度論的光学分割を行える。

アシル化剤としては、不可逆に反応が進むビニルエステル、2-プロペニルエステルなどが用いられる。酵素は濾過などで簡便に除去可能。

 

基本文献

<review>

  • Kadereit, D.; Waldmann, H. Chem. Rev. 2001, 101, 3367. DOI: 10.1021/cr010146w
  •  La Ferla, B. Monatsh. Chem. 2002, 133, 351.
  •  Pamies, O.; Backvall, J.-E. Chem. Rev. 2003, 103, 3247. DOI: 10.1021/cr020029g
  •  Ghanem, A.; Aboul-Enein, H. Y. Tetrahedron: Asymmetry 2004, 15, 3331. doi:10.1016/j.tetasy.2004.09.019
  •  Garcia-Urdiales, E.; Alfonso, I.; Gotor, V. Chem. Rev. 2005, 105, 313. DOI: 10.1021/cr040640a

 

反応機構

 

反応例

動的速度論的光学分割を活用した(-)-Rosmarinecineの不斉合成[1]

enzymatic_resol_2.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Akai, S.; Tanimoto, K.; Kanao, Y.; Omura, S.; Kita, Y. Chem. Commun. 2005, 2369. DOI: 10.1039/B419426H

 

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. シャピロ反応 Shapiro Reaction
  2. グレーサー反応 Glaser Reaction
  3. コーリー・ウィンターオレフィン合成 Corey-Winter O…
  4. ボーディペプチド合成 Bode Peptide Synthesi…
  5. ボロン酸の保護基 Protecting Groups for B…
  6. バイヤー・ビリガー酸化 Baeyer-Villiger Oxid…
  7. キャロル転位 Carroll Rearrangement
  8. ガーナーアルデヒド Garner’s Aldehyd…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ワインのコルク臭の原因は?
  2. 高速液体クロマトグラフィ / high performance liquid chromatography, HPLC
  3. アルメニア初の化学系国際学会に行ってきた!①
  4. 有合化若手セミナーに行ってきました
  5. γ-チューブリン特異的阻害剤の創製
  6. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑦
  7. フォルスター・デッカー アミン合成 Forster-Decker Amine Synthesis
  8. ベシャンプ還元 Bechamp Reduction
  9. リック・ダンハイザー Rick L. Danheiser
  10. 天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

モリブデンのチカラでニトロ化合物から二級アミンをつくる

川上原料のニトロアレーンとアリールボロン酸を用いた二級アミン合成法が報告された。空気下で安定なモリブ…

化学的に覚醒剤を隠す薬物を摘発

化学変化を加えると覚醒剤に加工できる指定薬物を密輸しようとしたなどとして、東京税関成田支署と成田空港…

ニコラス-ターナー Nicholas Turner

ニコラス ターナー (Nicholas Turner, 1960年6月2日イギリス、ケント州Orpi…

博士課程に進学したあなたへ

どういった心構えで研究生活を送るべきかについて、昨年ですが面白い記事がNatureに出ていたので、紹…

【書籍】フロンティア軌道論で理解する有機化学

「軌道の見方がわかる!有機反応を一貫して軌道論に基づいて解説。新しい有機化学を切り拓く読者へ…

少量の塩基だけでアルコールとアルキンをつなぐ

カリウムtert-ブトキシドを触媒とするα-アルキルケトン合成法が報告された。遷移金属を用いず、高い…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP