[スポンサーリンク]


2013年 7月

  1. トシルヒドラゾンを経由するカルボニル化合物の脱酸素ヒドロフッ素化反応によるフルオロアルカンの合成

    (さらに…)…

  2. ノーベル博物館

    ノーベル博物館(ノーベルミュージアム、Nobelmuseum)はスウェーデン・ス…

  3. 夏:今年もスズメバチ防護服の製造ピーク

    スズメバチ対策ばっちり 小樽の会社、防護服製造ピークスズメバチが巣作りなどで活動期を迎える中…

  4. 有機ラジカルポリマー合成に有用なTEMPO型フリーラジカル

    (さらに…)…

  5. マシュー・ゴーント Matthew J. Gaunt

    マシュー・J・ゴーント(Matthew J. Gaunt、19xx年xx月xx日-)はイギリスの有機…

  6. トム・メイヤー Thomas J. Meyer

  7. 化学物質だけでiPS細胞を作る!マウスでなんと遺伝子導入なしに成功

  8. 論文のチラ見ができる!DeepDyve新サービス開始

  9. 【書籍】化学探偵Mr. キュリー

  10. NHC (Bode触媒2) と酸共触媒を用いるα,β-不飽和アルデヒドとカルコンの[4+2]環化反応

  11. デルフチバクチン (delftibactin)

  12. 「オープンソース・ラボウェア」が変える科学の未来

  13. 積極的に英語の発音を取り入れてみませんか?

  14. ナノってなんナノ?~日本発の極小材料を集めてみました~

  15. 印象に残った天然物合成 2

  16. 第7回日本化学会東海支部若手研究者フォーラム

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Chem-Station 6周年へ
  2. alreadyの使い方
  3. 日本に居ながら、ナマの英語に触れる工夫
  4. 洗剤を入れたアルミ缶が電車内で爆発
  5. 【書籍】「メタノールエコノミー」~CO2をエネルギーに変える逆転の発想~
  6. 嗚呼、美しい高分子の世界
  7. 有機合成化学協会誌2019年5月号:特集号 ラジカル種の利用最前線

注目情報

最新記事

令和3年度に登録された未来技術遺産が発表 ~フィッシャー・トロプシュ法や記憶媒体に関する資料が登録~

国立科学博物館は、平成20年度から重要科学技術史資料(愛称:未来技術遺産)の登録を実施しています。令…

企業研究者のためのMI入門②:Pythonを学ぶ上でのポイントとおすすめの参考書ご紹介

現在、多くの企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)による生産性向上を試みています。特に化学メ…

女子の強い味方、美味しいチョコレート作りを助ける化合物が見出される

チョコレートの製造過程でリン脂質分子を添加するという方法を用いれば、複雑なテンパリング(加熱・せん断…

火力発電所排気ガスや空気から尿素誘導体の直接合成に成功

第339回のスポットライトリサーチは、産業技術総合研究所 触媒化学融合研究センタ…

CV測定器を使ってみた

「電気化学」と聞くと、難しい数式が出てきて何やらとっつきづらいというイメージがある人が多いと思います…

PAGE TOP