[スポンサーリンク]


2013年 7月

  1. トシルヒドラゾンを経由するカルボニル化合物の脱酸素ヒドロフッ素化反応によるフルオロアルカンの合成

    (さらに…)…

  2. ノーベル博物館

    ノーベル博物館(ノーベルミュージアム、Nobelmuseum)はスウェーデン・ス…

  3. 夏:今年もスズメバチ防護服の製造ピーク

    スズメバチ対策ばっちり 小樽の会社、防護服製造ピークスズメバチが巣作りなどで活動期を迎える中…

  4. 有機ラジカルポリマー合成に有用なTEMPO型フリーラジカル

    (さらに…)…

  5. マシュー・ゴーント Matthew J. Gaunt

    マシュー・J・ゴーント(Matthew J. Gaunt、19xx年xx月xx日-)はイギリスの有機…

  6. トム・メイヤー Thomas J. Meyer

  7. 化学物質だけでiPS細胞を作る!マウスでなんと遺伝子導入なしに成功

  8. 論文のチラ見ができる!DeepDyve新サービス開始

  9. 【書籍】化学探偵Mr. キュリー

  10. NHC (Bode触媒2) と酸共触媒を用いるα,β-不飽和アルデヒドとカルコンの[4+2]環化反応

  11. デルフチバクチン (delftibactin)

  12. 「オープンソース・ラボウェア」が変える科学の未来

  13. 積極的に英語の発音を取り入れてみませんか?

  14. ナノってなんナノ?~日本発の極小材料を集めてみました~

  15. 印象に残った天然物合成 2

  16. 第7回日本化学会東海支部若手研究者フォーラム

スポンサー

ピックアップ記事

  1. チャールズ・クリスギ Charles T. Kresge
  2. 磁性液体:常温で液体になる磁性体を初発見 東大大学院
  3. 「全国発明表彰」化学・材料系の受賞内容の紹介(令和元年度)
  4. 化学に関する様々なサブスクリプション
  5. 三菱化学グループも石化製品を値上げ、原油高で価格転嫁
  6. ポンコツ博士の海外奮闘録 外伝② 〜J-1 VISA取得編〜
  7. ジョージ・フェール George Feher

注目情報

最新記事

「産総研・触媒化学融合研究センター」ってどんな研究所?

2013年に産総研内に設立された触媒化学融合研究センターは、「触媒化学」を中心に据えつつ、他分野と「…

低い電位で多電子移動を引き起こす「ドミノレドックス反応」とは!?

第597回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院 有機化学第一研究室(鈴木孝紀研)の…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける回帰手法の基礎

開催日:2024/03/06 申込みはこちら■開催概要マテリアルズ・インフォマティクスを…

フッ素の特性が織りなす分子変換・材料化学(CSJカレントレビュー:47)

(さらに…)…

日本薬学会第144回年会「有機合成化学の若い力」を開催します!

卒業論文などは落ち着いた所が多いでしょうか。入試シーズンも終盤に差し掛かり、残すところは春休…

PAGE TOP