[スポンサーリンク]

一般的な話題

【書籍】化学探偵Mr. キュリー

化学小説で大活躍中の喜多喜久氏。これまでもケムステでは彼の執筆活動を応援する目的ですべての書籍を紹介しています。この度、新たな化学を題材にした短篇集を出版予定であるということで、新書籍のPRを喜多氏自身にお願いさせていただきました!

化学者のつぶやき」をご覧の皆様。ご無沙汰しております。喜多喜久です。
新作発売のお知らせのために、懲りずに再び舞い戻ってまいりました。

第五作目となる今作のタイトルは「化学探偵Mr.キュリー 」です。(中央公論新社・7/25刊行)
初めての短編集で、これまた初の書き下ろし文庫での登場となります。さらに電子版も出るそうで、非常にアクセスしやすい一冊となっております。
以下、物語の設定と各話のあらすじをざっくり紹介したいと思います。

 

主人公、七瀬舞衣(ななせ まい)はとある地方都市にある四宮(しのみや)大学の新人事務員。庶務課で働く彼女の元に、キャンパス内で起こるトラブルが次から次へと持ち込まれる。
その解決に尽力する中で、舞衣は理学部化学科の准教授、沖野春彦(おきの はるひこ)と出会う。沖野の祖父はフランス人で、その苗字が「キュリー」だったことから、「Mr.キュリー」というアダ名で呼ばれている。
(注 キュリー夫人ことマリー・キュリーとも、その夫のピエール・キュリーとも血の繋がりはありません)
最初は舞衣を鬱陶しがっていた沖野だが、舞衣の熱意と好奇心に押し切られるように、彼女と協力して事件に挑むようになる……。

 

(第一話)化学探偵と埋蔵金の暗号

四月。大学内で何者かが無許可で穴を掘りまくる、という事件が起こる。上司から「事件を担当せよ」と言い渡された舞衣は、再発防止策を立てるべく、モラル向上委員の沖野の元に向かう。
二人で調査を続けるうち、掘られた穴の中に暗号らしきメモが落ちていたことが明らかになり……。

 

(第二話)化学探偵と奇跡の治療法

ある日、大学の事務室に舞衣あての電話がかかってくる。電話の相手は叔父の七瀬恵一で、金を貸してくれと頼まれる。事情を聞くと、恵一の妻の仁美が乳がんにかかっており、「ホメオパシー」による治療を受けるために、多額の治療費が必要なのだという。聞き慣れない治療法の情報を得るべく、舞衣は沖野に相談することに。

 

(第三話)化学探偵と人体発火の秘密

大学内で行われた懇親会で、大物教授、松宮の頭部が燃え上がるという事件が起きる。発火の原因はテーブルに置かれていたキャンドルだと思われたが、燃え上がった瞬間を撮影した動画を見ると、火元と松宮の頭部には数十センチの距離があったことが分かる。人体発火の謎を探るべく、舞衣は沖野に話を聞きに行く。

 

(第四話)化学探偵と悩める恋人たち

メンタルヘルスケア担当に就任した舞衣。業務内容は、学生の悩みを聞き、親身になって対応することである。
仕事を引き受けた当日に現れた最初の相談者から、「恋人との同棲生活がうまくいっていない」と打ち明けられる。細かく話を聞くうち、同棲相手の女性が、沖野の研究室に所属していることが明らかになり……。

 

(第五話)化学探偵と冤罪の顛末

舞衣の高校時代の友人で、今はアイドル歌手として活躍する美間坂(みまさか)剣也。サインを貰ってくれと
上司に頼まれた舞衣は、剣也に連絡を取るが、どうも様子がおかしい。詳しく訊いてみると、女性への暴行の
疑いを掛けられ、脅迫されているのだという。しかも、脅迫しているのは四宮大学の学生で……。

 

このように、なかなかバリエーション豊富な五話構成になっており、いずれの事件でも、「化学」が解決の糸口になっています。沖野は化学の専門家として、事件を解決に導く役目を果たします。
せっかくですので、第一話に登場する暗号をこの場で紹介しておきましょう。
〈埋蔵金の在り処 正門=109、ホームベース=22〉
興味のある方は解き方を考えてみてくださいね。ちなみに、非常にシンプルな暗号です。

いきなり文庫という形式もさることながら、今作にはこれまでの四作とは違い、ファンタジー要素が一切ありません。さらに、全編三人称で書かれていることもあり、読み味もずいぶん異なったものに仕上がっています。
かるく読める一冊ではありますが、今後の作家人生で、このシリーズだけを書くことになったとしても、何ら後悔しない—-それくらいの意気込みで書きました。気持ちを込めたから売れるというわけではないですが、自分なりのベストは尽くせたかと思います。

化学ネタでどこまで行けるかは分かりませんが、舞衣と沖野の活躍をもっと見たい、と作者の僕自身も感じています。続きが出るかどうかは売れ行き次第。どうぞ皆様、よろしくお願いいたします!

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 3.11 14:46 ①
  2. アメリカ化学留学 ”入学審査 編”!
  3. 可視光で働く新しい光触媒を創出 -常識を覆す複合アニオンの新材料…
  4. 元素川柳コンテスト募集中!
  5. リチウムイオン電池の課題のはなし-1
  6. 独自の有機不斉触媒反応を用いた (—)-himalensine …
  7. 透明なカニ・透明な紙:バイオナノファイバーの世界
  8. 学振申請書を磨き上げるポイント ~自己評価欄 編(前編)~

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ナノチューブブラシ!?
  2. 国武 豊喜 Toyoki Kunitake
  3. 武田薬品、糖尿病薬「アクトス」に抗炎症作用報告
  4. 富士通、化合物分子設計統合支援ソフト「キャッシュ」新バージョンを販売
  5. ハーバート・ブラウン Herbert C. Brown
  6. ケック不斉アリル化 Keck Asymmetric Allylation
  7. 円偏光発光を切り替える色素ー暗号通信への応用に期待ー
  8. 第23回「化学結合の自在切断 ・自在構築を夢見て」侯 召民 教授
  9. 「タキソールのTwo phase synthesis」ースクリプス研究所Baran研より
  10. セメントから超電導物質 絶縁体のはずなのに

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

観客が分泌する化学物質を測定することで映画のレーティングが可能になるかもしれない

映画には、年齢による鑑賞制限が設けられているものがあります。その制限は映画の内容に応じて各国の審査団…

庄野酸化 Shono Oxidation

概要アルコール溶媒中にアミドまたはカルバメートを電解酸化し、N,O-アセタールを得る反応。アミン…

PAGE TOP