[スポンサーリンク]


2017年 9月

  1. アルカロイドの科学 生物活性を生みだす物質の探索から創薬の実際まで

    概要アルカロイドはその顕著な生物活性のため,さまざまな学問進展の「原動力」として注目され続け,医薬品開発の鍵化合物としても重要な役割を担っている.本書は生薬学,天然物化学,有機合成化学,生化学,薬理学,毒性学,創薬化学,分析…

  2. 「触媒的オリゴマー化」によるポリピロロインドリン類の全合成

    植物アルカロイドポリピロロインドリン類の合成が達成された。合成の鍵は銅触媒によるトリプタミドのヨード…

  3. 光薬理学 Photopharmacology

    薬剤に光スイッチ構造を導入することで、その時空間的効果を光照射によって制御し、副作用や毒性の少ない薬…

  4. チン・リン Qing Lin

    チン・リン(Qing Lin、19xx年x月x日-)は、アメリカの有機化学者・生化学者である。ニュー…

  5. メソリティック開裂 mesolytic cleavage

    メソリティック開裂(mesolytic cleavage)とは、ラジカルイオン種の結合開裂によってラ…

  6. 多検体パラレルエバポレーションを使ってみた:ビュッヒ Multivapor™

  7. 有機合成化学協会誌2017年9月号:キラルケイ素・触媒反応・生体模倣反応・色素・開殻π造形

  8. メソリティック開裂を経由するカルボカチオンの触媒的生成法

  9. 研究助成金を獲得する秘訣

  10. ピーナッツ型分子の合成に成功!

  11. 論文執筆で気をつけたいこと20(2)

  12. 論文執筆で気をつけたいこと20(1)

  13. 内部アルケンのアリル位の選択的官能基化反応

  14. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑨ (解答編)

  15. 超原子結晶!TCNE!インターカレーション!!!

  16. ペプチド模倣体としてのオキセタニルアミノ酸

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 学振申請書を磨き上げるポイント ~自己評価欄 編(前編)~
  2. 第109回―「サステイナブルな高分子材料の創製」Andrew Dove教授
  3. 有機合成化学協会誌2022年10月号:トリフルオロメチル基・気体分子等価体・蛍光性天然物・n型有機材料・交互共重合法
  4. 受賞者は1000人以上!”21世紀のノーベル賞”
  5. ブラン環化 Blanc Cyclization
  6. ベンゼンの害、低濃度でも 血液細胞に損傷
  7. 多角的英語勉強法~オンライン英会話だけで満足していませんか~

注目情報

最新記事

アルカロイド骨格を活用した円偏光発光性8の字型分子の開発 ~天然物化学と光材料化学の融合~

第599回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科 化学専攻 天然物化学研究室(大栗…

“見た目はそっくり、中身は違う”C-グリコシド型擬糖鎖/複合糖質を開発

第598回のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学府(平井研究室)博士後期課程3年の森山 貴博…

触媒化学との「掛け算」によって展開される広範な研究

前回の記事でご紹介したとおり、触媒化学融合研究センター(触媒センター)では「掛け…

【Q&Aシリーズ❸ 技術者・事業担当者向け】 マイクロ波プロセスのスケールアップについて

<内容>※本セミナーは、技術者および事業担当者向けです。今年に入って全3回に…

「産総研・触媒化学融合研究センター」ってどんな研究所?

2013年に産総研内に設立された触媒化学融合研究センターは、「触媒化学」を中心に据えつつ、他分野と「…

PAGE TOP