[スポンサーリンク]


2017年 9月

  1. 硤合 憲三 Kenso Soai

    硤合 憲三 (そあい けんそう、1950年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京理科大学 名誉教授。 (さらに…)…

  2. カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

    第119回のスポットライトリサーチは、豊橋技術科学大学大学院 柴富研究室 博士後期課程1年の北原 一…

  3. アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

    アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11…

  4. 耐薬品性デジタルマノメーター:バキューブランド VACUU・VIEW

    突然ですが、「バキューブランド」って会社知っていますか?合成化学系の先生方はご存知の人が多い…

  5. 生物指向型合成 Biology-Oriented Synthesis

    生物の機能主体であるタンパク質では、決まった構造モチーフが種を超越して高度に保存されている。生物活性…

  6. 金沢ふるさと偉人館

  7. グレッグ・ウィンター Gregory P. Winter

  8. ファージディスプレイでシステイン修飾法の配列選択性を見いだす

  9. チャオ=ジュン・リー Chao-Jun Li

  10. アメリカで Ph. D. を取る –希望研究室にメールを送るの巻– (実践編)

  11. 論文がリジェクトされる10の理由

  12. テトラセノマイシン類の全合成

  13. ペプチドのらせんフォールディングを経る多孔性配位高分子の創製

  14. ぼくらを苦しめる「MUST (NOT)」の呪縛

  15. マーティン・オストライヒ Martin Oestreich

  16. アメリカで Ph. D. を取る –希望研究室にメールを送るの巻– (準備編)

スポンサー

ピックアップ記事

  1. カメレオン変色のひみつ 最新の研究より
  2. 合成とノーベル化学賞
  3. 液晶中での超分子重合 –電気と光で駆動する液晶材料の開発–
  4. 【第一三共】抗血小板薬「プラスグレル」が初承認‐欧州で販売へ
  5. 免疫(第6版): からだを護る不思議なしくみ
  6. 化学者の単語登録テクニック
  7. バリー・ハリウェル Barry Halliwell

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2024年6月号:四塩化チタン・選択的フッ素化・環境調和型反応・インデン・インダセン・環状ペプチド

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年6月号がオンライン公開されています。…

【6月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 題目:有機金属化合物 オルガチックスを用いた架橋剤としての利用(溶剤系)

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

マテリアルズ・インフォマティクスの推進成功事例 -なぜあの企業は最短でMI推進を成功させたのか?-

開催日:2024/06/18 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

N-オキシドの性質と創薬における活用

N-オキシドは一部の天然物に含まれ、食品・医薬品などの代謝物にも見られるほか、医…

未来を切り拓く創薬DX:多角的な視点から探る最新トレンド

申込みはこちら次世代の創薬研究をリードするために、デジタルトランスフォーメーション(DX…

PAGE TOP