[スポンサーリンク]


2019年 7月

  1. Reaxys Ph.D Prize2019ファイナリスト発表!

    さて1年間のときをおいて再開された、若手研究者の通り門「Reaxys PhD Prize」。ついに先日そのファイナリストが決まりました!全世界から360人以上の屈強な新人博士(およびその卵)の応募の中から、ファイナリストに残ったのは…

  2. 大学生向け”オイシイ”情報の集め方

    大学生時代(現在もですが)、早めに知っておいて得をしているなぁ。ということがあり…

  3. ハイブリッド触媒系で複雑なシリルエノールエーテルをつくる!

    第209回のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科(大井研究室)博士課程・中島翼さんに…

  4. シリルエノールエーテルのβ位を選択的に官能基化する

    光レドックス触媒とブレンステッド塩基の協働触媒を用いた、シリルエノールエーテルのアリル位C–Hアルキ…

  5. 近くにラジカルがいるだけでベンゼンの芳香族性が崩れた!

    第208回のスポットライトリサーチは、福井大学大学院工学研究科 博士課程・大坂一主さんにお願いしまし…

  6. ガラス器具の洗浄にも働き方改革を!

  7. サクセナ・エヴァンス還元 Saksena-Evans Reduction

  8. 二酸化塩素と光でプラスチック表面を機能化

  9. ショウリョウバッタが吐くアレについて

  10. リケラボとコラボして特集記事を配信します

  11. π電子系イオンペアの精密合成と集合体の機能開拓

  12. 海外でのアカデミックポジションの公開インタビュー

  13. 柔軟な小さな分子から巨大環状錯体を組み上げる ~人工タンパク質への第一歩~

  14. 光触媒を用いるスピロ環合成法が創薬の未来を明るく照らす

  15. 日本初の化学専用オープンコミュニティ、ケムステSlack始動!

  16. HACCP制度化と食品安全マネジメントシステムーChemical Times特集より

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アルミニウム-ポルフィリン錯体を用いる重合の分子量制御
  2. 生体外の環境でタンパクを守るランダムポリマーの設計
  3. 第28回「ナノバイオデバイスが拓く未来医療」馬場嘉信教授
  4. イレッサ /iressa (gefitinib)
  5. 密着型フィルムのニューフェイス:「ラボピタ」
  6. フェノールフタレイン ふぇのーるふたれいん phenolphthalein
  7. 映画「分子の音色」A scientist and a musician

注目情報

最新記事

分子間相互作用の協同効果を利用した低対称分子集合体の創出

第469回のスポットライトリサーチは、長崎大学 大学院工学研究科 物質科学部門 錯体化学研究室に所属…

松田 豊 Yutaka Matsuda

松田 豊(まつだゆたか, 1985年07月04日-)は、抗体薬物複合体(ADC)の製造技術を開発して…

化学産業のサプライチェーンをサポートする新しい動き

長瀬産業株式会社、ナガセ情報開発株式会社は、2023年2月1日より、化学品ドキュメントの配付管理ツー…

シクロデキストリンの「穴の中」で光るセンサー

第468回のスポットライトリサーチは、上智大学理工学部 物質生命理工学科 分析化学研究グループ(早下…

Excelでできる材料開発のためのデータ解析[超入門]-統計の基礎や機械学習との違いを解説-

 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影響を受け、従来の経験と勘によ…

PAGE TOP