[スポンサーリンク]

archives

AZADOLR ~ 高活性なアルコール酸化触媒

[スポンサーリンク]

 

AZADOL®は超高活性なアルコールの酸化触媒です。AZADOL®を用いることでTEMPOでは反応が進行しない第2級アルコールの酸化が速やかに、かつ高収率で進行します。従来の酸化剤AZADOのニトロキシルラジカルが、N-ヒドロキシル基に変わる事で安定性が高まりました。また、AZADOL®の共酸化剤として次亜塩素酸ナトリウムの結晶タイプを用いることができます。従来の溶液品と比べ安定性が高く、高濃度(結晶タイプ品、有効塩素濃度39.0%)で使用でき、排水量を減らす事が可能です。

 

〈参考文献〉

Shibuya, M., Sasano, Y., Tomizawa, M., Hamada, T., Kozawa, M., Nagahama, N. and Iwabuchi, Y.: Synthesis, 3418(2011).

岩淵 好治 : Wako Organic Square, 29, 2-4(2009).

AZADOL®は日産化学工業株式会社の登録商標です。

関連記事

  1. メーカーで反応性が違う?パラジウムカーボンの反応活性
  2. シリカゲル担持4-ヒドロキシ-TEMPOを用いたアルコール類の空…
  3. 太陽電池バックシートの開発と評価【終了】
  4. Hantzschエステル:Hantzch Ester
  5. 1-フルオロ-2,4,6-トリメチルピリジニウムトリフルオロメタ…
  6. エポキシ樹脂の硬化特性と硬化剤の使い方【終了】
  7. カルノシン酸 : Carnosic Acid
  8. ショウガに含まれる辛味成分

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 3回の分子内共役付加が導くブラシリカルジンの網羅的全合成
  2. システインから無機硫黄を取り出す酵素反応の瞬間を捉える
  3. 秋山隆彦 Takahiko Akiyama
  4. ペリプラノン
  5. 2005年9-10月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  6. ジ-π-メタン転位 Di-π-methane Rearrangement
  7. 「海外PIとして引率する大気化学研究室」ーカリフォルニア大学アーバイン校より
  8. 「人工金属酵素によるSystems Catalysisと細胞内触媒反応」University of Basel, T. R. Ward研より
  9. 黒田 玲子 Reiko Kuroda
  10. カラムやって

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

海外でのアカデミックポジションの公開インタビュー

アカデミックポジションの選考において、一般的なのか良く分かりませんが、欧米(スイス)でどういった選考…

柔軟な小さな分子から巨大環状錯体を組み上げる ~人工タンパク質への第一歩~

第205回のスポットライトリサーチは、お茶の水女子大学 基幹研究院自然科学系・三宅 亮介 先生 にお…

光触媒を用いるスピロ環合成法が創薬の未来を明るく照らす

可視光光触媒を用いたスピロ環骨格構築法が報告された。創薬分野においてsp3炭素豊富な骨格は、構造、活…

日本初の化学専用オープンコミュニティ、ケムステSlack始動!

もし日常的に、様々な分野の日本中の化学徒・研究者と、最先端の化学について自由闊達に議論を交わし合い、…

HACCP制度化と食品安全マネジメントシステムーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

農薬メーカの事業動向・戦略について調査結果を発表

 この程、TPCマーケティングリサーチ株式会社(本社=大阪市西区、代表取締役社長=川原喜治)は、農薬…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP