[スポンサーリンク]

archives

AZADOLR ~ 高活性なアルコール酸化触媒

 

AZADOL®は超高活性なアルコールの酸化触媒です。AZADOL®を用いることでTEMPOでは反応が進行しない第2級アルコールの酸化が速やかに、かつ高収率で進行します。従来の酸化剤AZADOのニトロキシルラジカルが、N-ヒドロキシル基に変わる事で安定性が高まりました。また、AZADOL®の共酸化剤として次亜塩素酸ナトリウムの結晶タイプを用いることができます。従来の溶液品と比べ安定性が高く、高濃度(結晶タイプ品、有効塩素濃度39.0%)で使用でき、排水量を減らす事が可能です。

 

〈参考文献〉

Shibuya, M., Sasano, Y., Tomizawa, M., Hamada, T., Kozawa, M., Nagahama, N. and Iwabuchi, Y.: Synthesis, 3418(2011).

岩淵 好治 : Wako Organic Square, 29, 2-4(2009).

AZADOL®は日産化学工業株式会社の登録商標です。

関連記事

  1. ジボラン(diborane)
  2. ビス(ヘキサフルオロアセチルアセトナト)銅(II)水和物 : B…
  3. FT-IR(赤外分光法)の基礎と高分子材料分析の実際2【終了】
  4. ピバロイルクロリド:Pivaloyl Chloride
  5. グラフェン技術の最先端 ~量産技術と使いやすさの向上、今後の利用…
  6. Horner-Emmons 試薬
  7. tert-ブチルメルカプタン:tert-Butyl Mercap…
  8. ヘキサメチレンテトラミン

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 中外製薬が工場を集約へ 宇都宮など2カ所に
  2. ブレデレック オキサゾール合成 Bredereck Oxazole Synthesis
  3. 酸窒化物合成の最前線:低温合成法の開発
  4. 分子模型を比べてみた
  5. 2011年文化功労者「クロスカップリング反応の開拓者」玉尾皓平氏
  6. Reaxys体験レポート反応検索編
  7. 高知・フュルストナー クロスカップリング Kochi-Furstner Cross Coupling
  8. カリカリベーコンはどうして美味しいにおいなの?
  9. バニリン /Vanillin
  10. 触媒的プロリン酸化を起点とするペプチドの誘導体化

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP