[スポンサーリンク]

archives

AZADOLR ~ 高活性なアルコール酸化触媒

 

AZADOL®は超高活性なアルコールの酸化触媒です。AZADOL®を用いることでTEMPOでは反応が進行しない第2級アルコールの酸化が速やかに、かつ高収率で進行します。従来の酸化剤AZADOのニトロキシルラジカルが、N-ヒドロキシル基に変わる事で安定性が高まりました。また、AZADOL®の共酸化剤として次亜塩素酸ナトリウムの結晶タイプを用いることができます。従来の溶液品と比べ安定性が高く、高濃度(結晶タイプ品、有効塩素濃度39.0%)で使用でき、排水量を減らす事が可能です。

 

〈参考文献〉

Shibuya, M., Sasano, Y., Tomizawa, M., Hamada, T., Kozawa, M., Nagahama, N. and Iwabuchi, Y.: Synthesis, 3418(2011).

岩淵 好治 : Wako Organic Square, 29, 2-4(2009).

AZADOL®は日産化学工業株式会社の登録商標です。

関連記事

  1. 大型リチウムイオン電池及び関連商品・構成材料の開発【終了】
  2. 新しい選択的ヨウ素化試薬
  3. 導電性高分子の基礎、技術開発とエネルギーデバイスへの応用【終了】…
  4. トリフルオロ酢酸パラジウム(II) : Trifluoroace…
  5. 1,3-ジヨード-5,5-ジメチルヒダントイン:1,3-Diio…
  6. ナノ粒子の安全性、リスク評価と国際標準化の最新動向【終了】
  7. ケテンジチオアセタール化による一炭素増炭反応
  8. アニオンUV硬化に有用な光塩基発生剤(PBG)

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アルケンの実用的ペルフルオロアルキル化反応の開発
  2. 地方の光る化学商社~長瀬産業殿~
  3. ADC薬 応用編:捨てられたきた天然物は宝の山?・タンパクも有機化学の領域に!
  4. 実例で分かるスケールアップの原理と晶析【終了】
  5. カンファー(camphor)
  6. イボレノリドAの単離から全合成まで
  7. マイケル・クリシェー Michael J. Krische
  8. アジフェーズ法 AJIPHASE Method
  9. メソポーラスシリカ(2)
  10. ジアゾメタン原料

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ボロン酸エステル/ヒドラゾンの協働が実現する強固な細胞Click反応

2017年、アルバータ大学・Dennis G. Hallらは、細胞毒性の低いボロン酸とジオール間での…

分子で作る惑星、その名もナノサターン!

2018年、東工大の豊田真司先生らによって、まるで土星を型どったような分子の合成が報告された。フラー…

磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP