[スポンサーリンク]

一般的な話題

Reaxys Ph.D Prize2019ファイナリスト発表!

[スポンサーリンク]

さて1年間のときをおいて再開された、若手研究者の通り門「Reaxys PhD Prize」。ついに先日そのファイナリストが決まりました!

全世界から360人以上の屈強な新人博士(およびその卵)の応募の中から、ファイナリストに残ったのは45名。このなかから3名のReaxys PhD Prize受賞者が決まります。それでは、日本の研究機関から応募したファイナリストを中心に紹介していきましょう。

日本の研究機関からはなんと2名

今回選ばれたのは、以下の2名。まずはおめでとうございます!

Reaxys Prize 2019ファイナリスト(写真は許可を得ていないので、問題があればご連絡ください。)

毎年4,5名多いときは8名ほど日本から選ばれるのですが、今回は応募者が少なかったのでしょうか。非常に簡単に応募できる国際賞なのでぜひ応募してみると良いと思います。なお、現在カーネギーメロン大学に所属している博士課程学生であるMr. Tatsuya Higakiさんも日本からの留学生と思われます。

それではまず上記二名の経歴と業績を簡単に紹介しましょう。

永澤 彩博士ーアンモニア合成触媒の開発

東京大学西林研究室で昨年度博士を所得しています。西林研といえば窒素固定に関する研究。最近もハイインパクトな研究を報告しているため、ケムステでも何度か取り上げています。この永澤さんもこのテーマの重要な研究に携わっており、2年前スポットライトリサーチで紹介されています(記事:世界最高の活性を示すアンモニア合成触媒の開発)

Remarkable catalytic activity of dinitrogen-bridged dimolybdenum complexes bearing NHC-based PCP-pincer ligands toward nitrogen fixation

A. Eizawa, K. Arashiba, H. Tanaka, S. Kuriyama, Y. Matsuo, K. Nakajima, K. Yoshizawa, Y. Nishibayashi

Nature Communications 20178, 14874. DOI: 10.1038/ncomms14874

経歴をみるとこの論文を含めて14報も報告している強者。ファイナリストに選ばれて当然ですね。今年の春からMITのRadosevich研で博士研究員(JSPS海外PD)として研究を続けているようです。

関連記事(西林研究室)

高畑 遼博士ー極細金ナノロッドの長さ制御と表面プラズモン共鳴

もうひとりの高畑さんも東京大学。佃研究室の出身です。佃研究室は金属クラスターを機能中心とする物質群の創出を中心に研究を行っており、高畑さんは極細金ナノワイヤとナノロッドの長さ制御に関する研究を行っていたようです(ハイライトレビューはこちら)。おそらく以下の論文が代表論文だと思われます。

Gold Ultrathin Nanorods with Controlled Aspect Ratios and Surface Modifications: Formation Mechanism and Localized Surface Plasmon Resonance

R. Takahata, S, Yamazoe K. Koyasu K. Imura T. Tsukuda,

J. Am. Chem. Soc. 2018, 140, 216640-6647. DOI: 10.1021/jacs.8b02884

2018年に博士を取得され、現在は京都大学の寺西研究室で博士研究員(JSPS国内PD)をされているようです。

関連記事(佃研究室)

日本以外からも未来のスターが?

今回ファイナリストに残った日本の研究機関に所属していない人も研究室で時代を作った学生ばかりです。

例えば、Máté Bezdek(プリンストン大・Chirik研)はScience誌を含む十数報の論文を出版していますし、Alexander Fawcett(ブリストル大・Aggarwal研)はフォトレドックス触媒を使った脱炭酸ボリル化で同じくScienceNature Chemなどの論文誌に優れた研究を報告しています。Yoonsu Park(KAIST, Chang研)も完全に研究室で突出したプロダクティビティを示してます。あげたらきりがないので、このぐらいにしておきますが、このメンバーから書類のみで3名を選ぶのは相当至難な技ですね。

ファイナリストはどうなる?

最終的なReaxys PhD Prizeに選ばれなくてもファイナリストには特典があります。

最終選考に残った45名は、2019年の10月3日と4日にオランダのアムステルダムで開催される「Reaxys PhD Prize Symposium」に招待されます。この祝賀会には、特別イベント、最終選考者による研究発表ポスターセッション、基調講演、そして食事会が含まれます。また、最終選考に残った仲間や国際的な化学のリーダーたちとネットワークを作る絶好の機会でしょう。日本でも、Reaxys PhD Prize Symposiumが不定期で日本化学会年会の際に行われており、懇親会だけでなく、近い将来シンポジウムでの講演にも招待されます。

というわけで、簡単な書類だけで至れりつくせりのこの賞、腕に覚えのある人は来年(継続されれば)応募されてはいかがでしょうか?最後にもう一度今回のファイナリストの方々おめでとうございます!

関連リンク

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 芳香族性に関する新概念と近赤外吸収制御への応用
  2. 分取薄層クロマトグラフィー PTLC (Preparative …
  3. ウレエートを強塩基性官能基として利用したキラルブレンステッド塩基…
  4. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(4)
  5. ケムステVシンポ「最先端有機化学」開催報告(前編)
  6. 【書籍】英文ライティングの基本原則をおさらい:『The Elem…
  7. 含ケイ素四員環 -その1-
  8. 有機合成化学協会誌6月号:ポリフィリン・ブチルアニリド・ヘテロ環…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. プラスチック類の選別のはなし
  2. 辻・ウィルキンソン 脱カルボニル化反応 Tsuji-Wilkinson Decarbonylation
  3. サイエンスアゴラの魅力-食用昆虫科学研究会・「蟲ソムリエ」中の人に聞く
  4. 味の素と元社員が和解 人工甘味料の特許訴訟
  5. ケイ素 Silicon 電子機器発達の立役者。半導体や光ファイバーに利用
  6. Aza-Cope転位 Aza-Cope Rearrangement
  7. 武田薬品、14期連続で営業最高益に
  8. 磯部 寛之 Hiroyuki Isobe
  9. 金属ヒドリド水素原子移動(MHAT)を用いた四級炭素構築法
  10. NMRの基礎知識【測定・解析編】

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

化学者のためのエレクトロニクス入門④ ~プリント基板業界で活躍する化学メーカー編~

bergです。化学者のためのエレクトロニクス入門と銘打ったこのコーナーも、今回で4回目となりました。…

第103回―「機能性分子をつくる有機金属合成化学」Nicholas Long教授

第103回の海外化学者インタビューは、ニック・ロング教授です。インペリアル・カレッジ・ロンドンの化学…

松原 亮介 Ryosuke Matsubara

松原亮介(まつばら りょうすけ MATSUBARA Ryosuke、1978-)は、日本の化学者であ…

CEMS Topical Meeting Online 超分子ポリマーの進化形

7月31日に理研CEMS主催で超分子ポリマーに関するオンライン講演会が行われるようです。奇しくも第7…

有機合成化学協会誌2020年7月号:APEX反応・テトラアザ[8]サーキュレン・8族金属錯体・フッ素化アミノ酸・フォトアフィニティーラベル

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年7月号がオンライン公開されました。コ…

第102回―「有機薄膜エレクトロニクスと太陽電池の研究」Lynn Loo教授

第102回の海外化学者インタビューは、Lynn Loo教授です。プリンストン大学 化学工学科に所属し…

化学系必見!お土産・グッズ・アイテム特集

bergです。今回は化学系や材料系の学生さんや研究者の方々がつい手に取りたくなりそうなグッズなどを筆…

危険物取扱者:記事まとめ

世の中には様々な化学系の資格があり、化学系企業で働いていると資格を取る必要に迫られる機会があります。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP