[スポンサーリンク]

一般的な話題

Reaxys Ph.D Prize2019ファイナリスト発表!

[スポンサーリンク]

さて1年間のときをおいて再開された、若手研究者の通り門「Reaxys PhD Prize」。ついに先日そのファイナリストが決まりました!

全世界から360人以上の屈強な新人博士(およびその卵)の応募の中から、ファイナリストに残ったのは45名。このなかから3名のReaxys PhD Prize受賞者が決まります。それでは、日本の研究機関から応募したファイナリストを中心に紹介していきましょう。

日本の研究機関からはなんと2名

今回選ばれたのは、以下の2名。まずはおめでとうございます!

Reaxys Prize 2019ファイナリスト(写真は許可を得ていないので、問題があればご連絡ください。)

毎年4,5名多いときは8名ほど日本から選ばれるのですが、今回は応募者が少なかったのでしょうか。非常に簡単に応募できる国際賞なのでぜひ応募してみると良いと思います。なお、現在カーネギーメロン大学に所属している博士課程学生であるMr. Tatsuya Higakiさんも日本からの留学生と思われます。

それではまず上記二名の経歴と業績を簡単に紹介しましょう。

永澤 彩博士ーアンモニア合成触媒の開発

東京大学西林研究室で昨年度博士を取得しています。西林研といえば窒素固定に関する研究。最近もハイインパクトな研究を報告しているため、ケムステでも何度か取り上げています。この永澤さんもこのテーマの重要な研究に携わっており、2年前スポットライトリサーチで紹介されています(記事:世界最高の活性を示すアンモニア合成触媒の開発)

Remarkable catalytic activity of dinitrogen-bridged dimolybdenum complexes bearing NHC-based PCP-pincer ligands toward nitrogen fixation

A. Eizawa, K. Arashiba, H. Tanaka, S. Kuriyama, Y. Matsuo, K. Nakajima, K. Yoshizawa, Y. Nishibayashi

Nature Communications 20178, 14874. DOI: 10.1038/ncomms14874

経歴をみるとこの論文を含めて14報も報告している強者。ファイナリストに選ばれて当然ですね。今年の春からMITのRadosevich研で博士研究員(JSPS海外PD)として研究を続けているようです。

関連記事(西林研究室)

高畑 遼博士ー極細金ナノロッドの長さ制御と表面プラズモン共鳴

もうひとりの高畑さんも東京大学。佃研究室の出身です。佃研究室は金属クラスターを機能中心とする物質群の創出を中心に研究を行っており、高畑さんは極細金ナノワイヤとナノロッドの長さ制御に関する研究を行っていたようです(ハイライトレビューはこちら)。おそらく以下の論文が代表論文だと思われます。

Gold Ultrathin Nanorods with Controlled Aspect Ratios and Surface Modifications: Formation Mechanism and Localized Surface Plasmon Resonance

R. Takahata, S, Yamazoe K. Koyasu K. Imura T. Tsukuda,

J. Am. Chem. Soc. 2018, 140, 216640-6647. DOI: 10.1021/jacs.8b02884

2018年に博士を取得され、現在は京都大学の寺西研究室で博士研究員(JSPS国内PD)をされているようです。

関連記事(佃研究室)

日本以外からも未来のスターが?

今回ファイナリストに残った日本の研究機関に所属していない人も研究室で時代を作った学生ばかりです。

例えば、Máté Bezdek(プリンストン大・Chirik研)はScience誌を含む十数報の論文を出版していますし、Alexander Fawcett(ブリストル大・Aggarwal研)はフォトレドックス触媒を使った脱炭酸ボリル化で同じくScienceNature Chemなどの論文誌に優れた研究を報告しています。Yoonsu Park(KAIST, Chang研)も完全に研究室で突出したプロダクティビティを示してます。あげたらきりがないので、このぐらいにしておきますが、このメンバーから書類のみで3名を選ぶのは相当至難な技ですね。

ファイナリストはどうなる?

最終的なReaxys PhD Prizeに選ばれなくてもファイナリストには特典があります。

最終選考に残った45名は、2019年の10月3日と4日にオランダのアムステルダムで開催される「Reaxys PhD Prize Symposium」に招待されます。この祝賀会には、特別イベント、最終選考者による研究発表ポスターセッション、基調講演、そして食事会が含まれます。また、最終選考に残った仲間や国際的な化学のリーダーたちとネットワークを作る絶好の機会でしょう。日本でも、Reaxys PhD Prize Symposiumが不定期で日本化学会年会の際に行われており、懇親会だけでなく、近い将来シンポジウムでの講演にも招待されます。

というわけで、簡単な書類だけで至れりつくせりのこの賞、腕に覚えのある人は来年(継続されれば)応募されてはいかがでしょうか?最後にもう一度今回のファイナリストの方々おめでとうございます!

関連リンク

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 条件最適化向けマテリアルズ・インフォマティクスSaaS : mi…
  2. 3色に変化する熱活性化遅延蛍光材料の開発
  3. ニセ試薬のサプライチェーン
  4. 電池材料粒子内部の高精細な可視化に成功~測定とデータ科学の連携~…
  5. ほぅ、そうか!ハッとするC(sp3)–Hホウ素化
  6. 水を還元剤とする電気化学的な環境調和型還元反応の開発:化学産業の…
  7. 【医薬分野のみなさま向けウェブセミナー】マイクロ波を用いた革新的…
  8. マテリアルズ・インフォマティクスの基礎から実践技術まで学ぶワンス…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機合成化学協会誌2022年9月号:π-アリルパラジウム・ポリエンマクロラクタム・Sirtuin蛍光プローブ・安定ラジカルカチオン・金属-硫黄クラスター
  2. 抗薬物中毒活性を有するイボガイン類の生合成
  3. 1,3-ビス[(2,2-ジメチル-1,3-ジオキサン-5-イル)オキシ]-2-プロパノール : 1,3-Bis[(2,2-dimethyl-1,3-dioxan-5-yl)oxy]-2-propanol
  4. クライゼン縮合 Claisen Condensation
  5. モーテン・メルダル Morten P. Meldal
  6. 歴史の長いマイクロウェーブ合成装置「Biotage® Initiator+」
  7. 高効率・高正確な人工核酸ポリメラーゼの開発
  8. 2006年度ノーベル化学賞-スタンフォード大コンバーク教授に授与
  9. 半年服用で中性脂肪3割減 ビタミンPと糖の結合物質
  10. 累計100記事書きました

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2019年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目情報

最新記事

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

ブーゲ-ランベルト-ベールの法則(Bouguer-Lambert-Beer’s law)

概要分子が溶けた溶液に光を通したとき,そこから出てくる光の強さは,入る前の強さと比べて小さくなる…

活性酸素種はどれでしょう? 〜三重項酸素と一重項酸素、そのほか〜

第109回薬剤師国家試験 (2024年実施) にて、以下のような問題が出題されま…

産総研がすごい!〜修士卒研究職の新育成制度を開始〜

2023年より全研究領域で修士卒研究職の採用を開始した産業技術総合研究所(以下 産総研)ですが、20…

有機合成化学協会誌2024年4月号:ミロガバリン・クロロププケアナニン・メロテルペノイド・サリチル酸誘導体・光励起ホウ素アート錯体

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年4月号がオンライン公開されています。…

日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました

3月28日から31日にかけて開催された,日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました.筆者自…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP