[スポンサーリンク]

一般的な話題

文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり④:「ブギーボード」の巻

boogieboard_1.jpg
(画像:shoppingblog.comより)

不定期掲載かつ個人の趣味全開の文具コーナー、今回のフィーチャーアイテムはブギーボードという商品です。アメリカでバカ売れしているこの商品、単機能ガジェット販売で有名なキングジム社が代理店となり、つい先日日本でも入手可能になりました。

見た瞬間、「こりゃ面白そう!研究にも使えるか?」と全く深く考えずに衝動買い。先日手元に届いて、触ってみるに期待通りなかなか楽しいアイテムでしたので、紹介したいと思います。

あ、この度はご期待にお応えせずフツーのテンションで。前回のごときテンションを保ちつづけるのは、なかなかに辛ひのですねぢつは(笑)。まぁ気が向いたらいずれ。

  • ブギーボードって何モノ?

一言で説明すると、書き消しが自在にできる電子メモパッドです。

KindleやiPadと違って、メモ用途に完全特化しています。他のことは何も出来ません。

特徴としては

筆圧感知式で、かなり細かい表現も可能 (爪でひっかくだけでも書ける)
起動要らずですぐ書ける
めちゃくちゃ軽く、持ち運びが超ラク (A5サイズで、厚さ3mm、重さ約100g強)。

消去時以外に一切電力を消費しない設計で、なんと50000回もの書き消しが可能なのだそうです。
電池交換は出来ないようですが、一日20回使っても6年以上かかる計算なので、先に本体の耐久限界のほうが訪れるだろうとのこと。

メモ用途だけに4980円という値段はやや微妙かもですが、ここまで使い倒せると考えれば、コストパフォーマンスはさほど悪くないのでしょう。モノとしては十分良いと思えます。

  • ディスカッションに活用できる・・・かも?

有機化学者という人種は化学構造式を多用します。とにかく絵がかけないと議論になりません。チャットやメールだけではたいてい不十分なので、ホワイトボードや黒板、ミスコピーをまとめたクリップボードなんかが、現場でも大変重宝されています。

ブギーボードは同じく書いたり消したりできるので、ディスカッション目的にある程度活用できそうにも思えました。
boogieboard_3.jpgとはいえ色の付いたペンは使えませんし、一旦いっぱいになってしまうと全消しせざるを得ません。細かいところで融通が利かないかも、とも思えます。

  • GTDに活用できる・・・かも?

ブギーボードは以前紹介したGTD式タスク管理法との相性が、非常に良いと感じられます。

たとえば朝一で「今日やること」を書き出し、机の上においておくだけで、ペーパーレスにタスク管理が行えます。大きさが適当なので、一日分のToDo管理程度には良いと思えます。

boogieboard_2.jpg

  • マグネット+ホルダーを取り付けて固定!

両面テープ付マグネット4片とペンホルダーが、オプションアイテムとして420円で販売されています。

目的と用途を考えれば、マグネットで壁に貼り付けられる威力は大きく、メッセージボードとしても活用できるようになります。

持ち運び自体すごく手軽なアイテムなので、どちらかというとカバンの中に忍ばせておき、適当なときに取り出し使うような使用法が、向いているのかもしれませんが。
この目的で、専用ポーチも販売されています。・・・しかしこちらは1680円と、ちとお高めだぜHAHAHA。どうしても持ち運びたくて仕方ない人以外は、無理して買わずとも良いか?
  • 実は化学ガジェットだった!

ブギーボードの筆記面には、電子ペーパーにも使われているコレステリック液晶が組み込まれています。

これはらせん状の配向状態をとる液晶であり、電力を加えなくても状態を維持できるというバイステイブルな特性を持っています。

成分的な詳細は不明ですが、ブギーボードの場合には、感圧式のコレステリック液晶が使われているようです。つまりペン加圧によって液晶の配向が崩れ、光を散乱して黄緑色に見える(字が書ける)、電圧をかければ分子が再配列を起こし、バックグラウンドの黒色を透過する(字が消える)という仕組みらしい。
chlesteric_LCD.jpg

(画像:http://auo.com/より)

消すときだけ電力が必要な特性ゆえに、超低消費電力・50000回もの繰り返し使用が実現されているというわけなのです。また、こういう仕組みだからこそ、マグネットを貼っても干渉せず、問題なく使えます。

  • 欲を言えば・・・

・PCにデータが転送できて、直接Evernoteと連携できるといいな~、
・一部だけ消せる消しゴム機能があるといいな~

と思うのですが、もし次期バージョンが出るとすれば、そういうものになってくる可能性は大に思えます。ただ上記の原理である限り、実装には無理があり、何かしら工夫が必要かもしれません。

化学研究目的にヘヴィに使えるアイテムかといわれれば、spot onな使い道が見いだしづらいのが正直なとこです(苦笑)。

しかしホントに手軽ですし、触ってとても楽しいアイテムであること間違いありません。少なくともガジェット好き、新しもの好き、文具好きな自分はとても気に入りましたぜ、うむ。

 

  • 関連動画
  • 関連商品

ハローパッド
こちらはカラフルでブギーボードと同じことができ、なおかつ安いです。ブギーボードを買った後に知りました。なんともね。

  • 関連リンク

電子ペーパー黒板 Boogie Board 実機レビュー (MobileHackerz)

小さな黒板 Boogie Board

Boogie Board キングジム社の日本公式サイト

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 分子振動と協奏する超高速励起子分裂現象の解明
  2. ちょっとした悩み
  3. 分子構造を 3D で観察しよう (3):新しい見せ方
  4. 孫悟飯のお仕事は?
  5. 化学と権力の不健全なカンケイ
  6. インターネットを活用した英語の勉強法
  7. 『リンダウ・ノーベル賞受賞者会議』を知っていますか?
  8. プラナーボラン - 有機エレクトロニクス界に期待の新化合物

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. フレーザー・ストッダート James Fraser Stoddart
  2. 魔法のカイロ アラジン
  3. なぜ青色LEDがノーベル賞なのか?ー性能向上・量産化編
  4. 藤田 誠 Makoto Fujita
  5. N-フルオロ-N’-(クロロメチル)トリエチレンジアミンビス(テトラフルオロボラート):N-Fluoro-N’-(chloromethyl)triethylenediamine Bis(tetrafluoroborate)
  6. 新たなクリックケミストリーを拓く”SuFEx反応”
  7. 統合失調症治療の新しいターゲット分子候補−HDAC2
  8. サムライ化学者高峰譲吉「さくら、さくら」劇場鑑賞券プレゼント!
  9. マーデルング インドール合成 Madelung Indole Synthesis
  10. ラウリマライドの全合成

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP