[スポンサーリンク]


2021年 12月

  1. 和田 猛 Takeshi Wada

    和田 猛 (わだ たけし)は、日本の有機化学者である。専門は核酸化学、糖化学、ペプチド化学。2021年現在、東京理科大学薬学部教授。Wave Life Sciences科学顧問(ファウンダー)、日本核酸化学会会長。第23回ケムステVシンポ講…

  2. ポリエチレンテレフタレートの常温解重合法を開発

    第353回のスポットライトリサーチは、産業技術総合研究所 触媒化学融合研究センター(ケイ素化学チーム…

  3. 建石寿枝 Hisae Tateishi-Karimarta

    建石寿枝(たていし ひさえ、Hisae Tateishi-Karimarta)は、日本の科学者である…

  4. 多種多様な酸化リン脂質を網羅的に捉える解析・可視化技術を開発

    第352回のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学研究院(山田研究室)・松岡悠太 助教にお願い…

  5. AIと融合するバイオテクノロジー|越境と共創がもたらす革新的シングルセル解析

    開催日2021年  12月    22日(水) 14:00~17:00定員100名(先着…

  6. 力を受けると蛍光性分子を放出する有機過酸化物

  7. いまさら聞けない、けど勉強したい 試薬の使い方  セミナー(全5回) ~DOJIN 5 は語りだす~

  8. 第4回「YUGOKAFe」に参加しました!

  9. 化学者のためのエレクトロニクス講座~電解銅めっき編~

  10. 光照射による有機酸/塩基の発生法:①光酸発生剤について

  11. 第23回ケムステVシンポ『進化を続ける核酸化学』を開催します!

  12. KISTECおもちゃレスキュー こども救急隊・こども鑑識隊

  13. ポンコツ博士の海外奮闘録 〜コロナモラトリアム編〜

  14. 乙卯研究所 研究員募集

  15. SNSコンテスト企画『集まれ、みんなのラボのDIY!』

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 「糖化学ノックイン」の世界をマンガ化して頂きました!
  2. 不活性アルケンの分子間[2+2]環化付加反応
  3. ヒト胚研究、ついに未知領域へ
  4. 2010年イグノーベル賞決定!
  5. 海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~② アポを取ってみよう~
  6. メディビック、抗がん剤「グルフォスファミド」の第II相試験を開始
  7. TEMPO酸化 TEMPO Oxidation

注目情報

最新記事

DeuNet (重水素化ネットワーク)

Deunet とは?重水素化ネットワーク (The Duteration Network, De…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の応用 ー新しい天然有機化合物の生成を目指すー

開催日 2024/2/21 申し込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

有機合成化学協会誌2024年2月号:タンデムボラFriedel-Crafts反応・炭素-フッ素結合活性化・セリウム錯体・コバルト-炭素結合・ホスホロアミダイト法

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年2月号がオンライン公開されています。…

有機合成にさようなら!“混ぜるだけ”蛍光プローブ3秒間クッキング

第592回のスポットライトリサーチは、香港科技大学(Ben Zhong Tang研)の清川慎介さん(…

北九州における化学企業の盛んな生産活動

AGCは、このたび北九州事業所において、グリーン水素製造に適したフッ素系イオン交換膜の製造設備新…

PAGE TOP