[スポンサーリンク]


2022年 11月

  1. マテリアルズ・インフォマティクスの導入・活用・推進におけるよくある失敗とその対策とは?

    開催日:2022/11/24  申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影響を受け、従来の経験と勘による研究開発から、データを活用して、より効率的に、また人が発見出来なかった素材を研究開発していくことが目指されて…

  2. 第176回―「物質表面における有機金属化学」Christophe Copéret教授

    第176回の海外化学者インタビューは、クリストフ・コペレ教授です。スイス連邦工科大学チューリヒ校化学…

  3. 反応開発はいくつ検討すればいいのか? / On the Topic of Substrate Scope より

    一体どれだけ実験すれば俺たちは報われる……?新しい有機反応を開発する反応開発分野では、見つけた反…

  4. 不斉をあざ(Aza)やかに(Ni)制御!Aza-Heck環化/還元的カップリング

    ニッケル触媒を用いたアルケン部位を有するオキシムエステルとヨウ化アルキルとの逐次的な不斉Aza-He…

  5. 第16回 Student Grant Award 募集のご案内

    公益社団法人 新化学技術推進協会 グリーン・サステイナブル ケミストリー ネットワーク会議(JACI…

  6. タンパク質の定量法―ブラッドフォード法 Protein Quantification – Bradford Protein Assay

  7. 累計100記事書きました

  8. 細胞同士の相互作用を1細胞解析するための光反応性表面を開発

  9. 「坂田薫の『SCIENCE NEWS』」に出演します!

  10. 続セルロースナノファイバーの真価【対面講座】

  11. マテリアルズ・インフォマティクスのためのSaaS miHub活用方法-研究開発を効率化する特徴的な機能を紹介-

  12. タンパク質の定量法―ビシンコニン酸法 Protein Quantification – Bicinconic Acid Assay

  13. ゼロから始める!量子化学計算~遷移状態を求める~

  14. 有機合成化学協会誌2022年11月号:英文特別号

  15. ありふれた試薬でカルボン酸をエノラート化:カルボン酸の触媒的α-重水素化反応

  16. ラジカルonボロンでフロンのクロロをロックオン

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 研究のプロフェッショナルに囲まれて仕事をしたい 大学助教の願いを実現した「ビジョンマッチング」
  2. 2013年就活体験記(2)
  3. 炭素を1つスズに置き換えてみたらどうなる?
  4. よう化サマリウム(II):Samarium(II) Iodide
  5. ブラウンヒドロホウ素化反応 Brown Hydroboration
  6. ハーバート・ブラウン Herbert C. Brown
  7. 新課程視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録

注目情報

最新記事

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

PAGE TOP