[スポンサーリンク]

一般的な話題

「坂田薫の『SCIENCE NEWS』」に出演します!

[スポンサーリンク]

ケムステ代表・副代表が「坂田薫の『SCIENCE NEWS』」に出演します!

放送予定日は11月18日(金) 20:00~です。(ライブは終了しましたが、アーカイブはいつでもご視聴可能です)

坂田薫の『SCIENCE NEWS』とは?

ジャーナリストの堀 潤さんが制作・企画するメディア「8bit News」、その人気コーナーの一つです。

化学講師・坂田薫さんがMCを務め、毎回著名な科学者の方をお呼びし、科学の魅力を語って貰うという対談形式の番組です。ニュースや科学に関心のある社会人、研究者、理系学生などが主たる視聴者です。

坂田さんは、大手予備校やスタディサプリなどでご活躍中の、全国的な人気講師です。ケムステ読者の学生さんの中にも、お世話になった方はきっと沢山いるのではないでしょうか。

化学講師 坂田 薫の公式ホームページ~化学を楽しもう

公式ページより引用

 

今回はこの『SCIENCE NEWS』に、代表・山口潤一郎と副代表・生長幸之助の二人が出演します。「科学を伝える」というテーマで、Chem-Stationの運営・成り立ち・設立のきっかけ・これからやりたいことなどなどを、お話してくる予定です。

YouTube Live配信ならではのやり方を活かし、視聴者の皆さんからのチャットコメントも拾いながらインタラクティブに進めていきます。

放送予定日は11月18日(金) 20:00~です。是非、チャンネル登録とリマインド設定をしたうえで、放送をお待ちくださいませ。

ここだけの話、代表・副代表とも学術講演ならば多数の経験がありますが、対談スペースに登場するのは全くもって不慣れな身です(苦笑)。トチらないように頑張りたいと思います。

関連動画

第1回は藤田誠先生が登壇されています。先日訪問した柏の葉リンクラボで、藤田誠先生とお話した際に、坂田さんをご紹介いただいたご縁でこの企画が実現しました。

関連書籍

外部リンク

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング…
  2. 今さら聞けないカラムクロマト
  3. ニッケル-可視光レドックス協働触媒系によるC(sp3)-Hチオカ…
  4. 第36回ケムステVシンポ「光化学最前線2023」を開催します!
  5. リガンドによりCO2を選択的に導入する
  6. 若手研究者に朗報!? Reaxys Prizeに応募しよう
  7. ご注文は海外大学院ですか?〜準備編〜
  8. 有機合成化学協会誌2023年3月号:Cynaropicri・DP…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. トレハロースが癒着防止 手術に有効、東大など発表
  2. 磁性流体アートの世界
  3. 2つのアシロイン縮合
  4. ゲラニオール
  5. リアルタイムで分子の自己組織化を観察・操作することに成功
  6. 子供と一緒にネットで化学実験を楽しもう!
  7. 天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–
  8. シュミット転位 Schmidt Rearrangement
  9. 第56回―「メタボロミクスを志向した質量分析技術の開発」Gary Siuzdak教授
  10. 反応がうまくいかないときは冷やしてみてはいかが?

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目情報

最新記事

ケムステSlackが開設5周年を迎えました!

日本初の化学専用オープンコミュニティとして発足した「ケムステSlack」が、めで…

人事・DX推進のご担当者の方へ〜研究開発でDXを進めるには

開催日:2024/07/24 申込みはこちら■開催概要新たな技術が生まれ続けるVUCAな…

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

分子研「第139回分子科学フォーラム」に参加してみた

bergです。この度は2024年7月3日(水)にオンラインにて開催された、自然科学研究機構 分子科学…

光の色で反応性が変わる”波長選択的”な有機光触媒

照射する可視光の波長によって異なる反応性を示す、新規可視光レドックス触媒反応が開発された。赤色光照射…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP