[スポンサーリンク]

ケムステVシンポ

第13回ケムステVシンポジウム「創薬化学最前線」を開催します!

[スポンサーリンク]

第12回開催告知をお知らせしたばかりですが、第13回もあります!

COVID-19の影響で、世の中の人は薬を開発するのが如何に大変かと言うことを改めて思い知ったのではないかと思います。より一層、「創薬」に興味が持たれる2020年、年末最後のVシンポをお届けします。
と言うことで、今回のテーマは「創薬化学」です!

しかもお呼びしたのは、塩野義製薬、医薬基盤研、武田薬品工業のプレゼンターで、最新の創薬の現場についてお話しいただけると思います!
製薬会社の早い選考はすでに終わってしまっているようですが(汗)、今後の就活生にとって製薬会社での研究をイメージする上で非常に有意義でしょうし、アカデミア・企業で創薬研究をしている人達も大いに楽しめる講演会になるでしょう。

※今回はほとんどの講演内容が後日アーカイブ不可となるので、是非当日のご参加お願いします!

実施概要

第13回ケムステVシンポジウム

「創薬化学最前線」
対象:誰でも
開催日:2020年12月18日(金)
講演会:17:00~19:00(1名30分、講演25分+質疑応答5分程度を目安、各講演間に休憩3-5分程度)
会場:オンライン(講演者はZoom使用・YouTubeライブの限定URL配信)
定員:先着2000名(途中参加・退出自由)
言語:日本語
参加費:無料
講演者
河井 真 先生(塩野義製薬)「新規メカニズムを有する抗インフルエンザ薬の創製」
水口 賢司 先生(医薬基盤研)「コンピュータ、AIと創薬」
齊藤 文内 先生(武田薬品工業)「メディシナルケミストの産学連携への貢献」

参加登録:Connpass利用ガイドはこちら

講演会Connpassイベントページで行ってください・開始15分前まで受付

Vシンポ参加登録はこちら

*参加登録してURLさえゲットすれば、YouTube Liveに間に合わなくても視聴できますので、是非参加登録をお願いします。

Twitterハッシュタグ#ケムステVシンポ #創薬化学最前線

主催Chem-Station

協賛東京化成工業株式会社/ メルク株式会社/ 島津製作所

ファシリテーター

寄立 麻琴(九大院薬 助教)

モデレーター

苅田 譲(MIT、ポスドク)

浅野 早知(岐阜大、大学院生)

山崎 直人(徳島文理大、ポスドク)

 

念を押しますが、数日間は参加登録していただいた方に配布するURLから講演内容を見返すことができますが、それ以降視聴不可になる貴重な講演内容が大部分を占めるので、参加登録とご視聴よろしくお願いします!

 

講師の先生の紹介

今回は、事前の紹介記事もあまり書けないので、講演内容についてすこーしネタバレしようと思います。

河井 真 先生はタイトルに抗インフルエンザ薬とあるのでお分かりの方も多いでしょうが、「ゾフルーザ」の開発話になります。本来ならば60分の講演時間で喋る内容だそうですが、プロセスや合成研究の方はサラッと、SAR(構造活性相関)研究について掘り下げてお話しいただく予定です。1回飲んだだけで治る抗インフルエンザ薬のお話、興味ありませんか?

水口 賢司 先生は計算化学をご専門とされており、複雑な系のMD計算などをお得意とされていて、さまざまな分子シュミレーションにより創薬研究に貢献されています。計算化学と装薬といえば、タンパクのポケットにハマる分子をデザインする一般的なドッキングスタディーだけだと思っていませんか?タイトルは「コンピューターとAI創薬」と言うことで、今後、創薬化学者が避けては通れないAI技術についてお話しいただけるようです。

齊藤 文内 先生は結晶スポンジ法についてお話しいただけるようで、どんどん実用化されている結晶スポンジ法の創薬現場での活躍を拝聴できると思います。また、「メディシナルケミストの産学連携への貢献」と言うことで、山中先生との共同研究プログラムについてお話しいただけるそうです。そして一風変わったキャリアを持っていることも特徴の一つとのことで、若手のみなさまに新しいキャリアの視点をもたらしてくれるかもしれません…!!

 

協賛企業(東京化成工業)からのお知らせ

東京化成工業

  • ウェブサイトをリニューアルしました。ぜひお越しください。
    弊社では,ケミカルバイオロジーに関する試薬を多数取り扱っています。
    ケミカルバイオロジーの製品カテゴリーページはこちら https://bit.ly/3gMIbBd

 

メルク

島津製作所

 

「科学技術で社会に貢献する」。人々の願いを実現し、社会に貢献するために。島津製作所はこれからも挑戦を続けていきます。今年で創業145周年を迎えました。→詳しくはこちら

分析計測技術に関するWebinar動画を公開中!会員制サービス「Shim-Solutions Club」に是非ご登録下さい(登録無料)。→詳しくはこちら

お願い:本Vシンポは協賛企業の支援を受けて完全無料で運営しています。ぜひ協賛企業のウェブサイトを訪問してください。

アーカイブ動画(追記)

第13回ケムステVシンポは盛会で修了いたしました。編集して公開できる部分を公開しています。ぜひ御覧ください。

関連リンク

 

Macy

投稿者の記事一覧

有機合成を専門とする教員。将来取り組む研究分野を探し求める「なんでも屋」。若いうちに色々なケミストリーに触れようと邁進中。

関連記事

  1. e.e., or not e.e.:
  2. 有機化学実験基礎講座、絶賛公開中!
  3. 天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学へ…
  4. ノーベル化学賞を担った若き開拓者達
  5. 高純度フッ化水素酸のあれこれまとめ その2
  6. 学会風景2001
  7. ChemDraw for iPadを先取りレビュー!
  8. 摩訶不思議なルイス酸・トリス(ペンタフルオロフェニル)ボラン

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ヒュー・デーヴィス Huw M. L. Davies
  2. お”カネ”持ちな会社たち-1
  3. サステナブル社会の実現に貢献する新製品開発
  4. マクミラン触媒 MacMillan’s Catalyst
  5. 白川英樹 Hideki Shirakawa
  6. 4-(ジメチルアミノ)ベンゼンチオール : 4-(Dimethylamino)benzenethiol
  7. 離れた場所で互いを認識:新たなタイプの人工塩基対の開発
  8. オープンアクセス論文が半数突破か
  9. 研究者の成長を予測できる?:JDream Expert Finder
  10. クノール ピロール合成 Knorr Pyrrole Synthesis

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目情報

最新記事

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎と応用

開催日:2024/05/22 申込みはこちら■開催概要「分子生成」という技術は様々な問題…

AlphaFold3の登場!!再びブレイクスルーとなりうるのか~実際にβ版を使用してみた~

2021年にタンパク質の立体構造予測ツールであるAlphaFold2 (AF2) が登場し、様々な分…

【5月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 有機金属化合物 オルガチックスによる「密着性向上効果の発現(プライマー)」

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける回帰手法の基礎

開催日:2024/05/15 申込みはこちら■開催概要マテリアルズ・インフォマティクスを…

分子は基板表面で「寝返り」をうつ!「一時停止」蒸着法で自発分極の制御自在

第613回のスポットライトリサーチは、千葉大学 石井久夫研究室の大原 正裕(おおはら まさひろ)さん…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP