[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

山口 研究室

早稲田大学山口研究室の抄録会からピックアップした研究紹介記事。

  1. 一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

    ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン協働触媒系を用いることで、室温で多様なアレンが合成可能である。1,3-エンインとケトンとのヒドロアルキル化反応によるアレンの合成アレ…

  2. 三つの環を一挙に構築! caulamidine 類の不斉全合成

    ポリハロゲンアルカロイドの不斉全合成が報告された。Meerwein–Eschenmoser–Clai…

  3. 目指せPlanar!反芳香族性NIR色素の開発

    ジチエノアゼピンを主骨格とした反芳香族性のNIR色素が開発された。チエノ縮環と電子受容性基によるアゼ…

  4. リンを光誘起!σ-ホールでクロス求電子剤C–PIIIカップリング反応

    プニクトゲン結合(PnB)を利用するクロロホスフィンと有機ハロゲン化合物のクロス求電子剤C–PIII…

  5. 多環式骨格を華麗に構築!(–)-Zygadenineの不斉全合成

    (–)-Zygadenineの初の不斉全合成が報告された。ジアステレオ選択的な分子内Diels–Al…

  6. マクマリーを超えてゆけ!”カルボニルクロスメタセシス反応”

  7. BulkyなNHCでNovelなButadiyne (BNNB) アナログの反応

  8. 世界初!ラジカル1,2-リン転位

  9. C–C, C–F, C–Nを切ってC–N, C–Fを繋げるβ-フルオロアミン合成

  10. 全フッ素置換シクロプロピル化試薬の開発

  11. カルボン酸β位のC–Hをベターに臭素化できる配位子さん!

  12. 期待度⭘!サンドイッチ化合物の新顔「シクロセン」

  13. 塩基が肝!シクロヘキセンのcis-1,3-カルボホウ素化反応

  14. 目指せ抗がん剤!光と転位でインドールの(逆)プレニル化

  15. だんだん柔らかくなるCOF!柔軟性の違いによる特性変化

  16. CO2が原料!?不活性アルケンのアリールカルボキシ化反応の開発

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 有機合成化学協会誌2021年3月号:水素抽出型化学変換・環骨格一挙構築・新規アルコキシメチル基・π拡張非交互炭化水素・フローマイクロリアクター
  2. 三次元アクアナノシートの創製! 〜ジャイロイド構造が生み出す高速プロトン輸送〜
  3. アルキンジッパー反応 Alkyne Zipper Reaciton
  4. ポール・モドリッチ Paul L. Modrich
  5. 犬の「肥満治療薬」を認可=米食品医薬品局
  6. ピーター・リードレイ Peter Leadlay
  7. 経営統合のJXTGホールディングスが始動

注目情報

最新記事

大正製薬ってどんな会社?

大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

PAGE TOP