[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

山口 研究室

山口 研究室

早稲田大学山口研究室の抄録会からピックアップした研究紹介記事。

  1. 10手で陥落!(+)-pepluanol Aの全合成

    高度な縮環構造をもつ複雑天然物ペプラノールAの全合成が、わずか10工程で達成された。Diels–Alder反応とNHK反応による立体制御を伴った骨格構築が鍵である。ユーフォルビアジテルペン類の合成研究ユーフォルビア属の植物は古くから…

  2. フラーレン〜ケージを拡張、時々、内包〜

    トリアジン誘導体とN-フェニルマレイミドを用いた、フラーレンのケージを拡張する新規手法が開発された。…

  3. ギ酸ナトリウムでconPETを進化!

    塩化アリールのラジカルカップリング反応が開発された。芳香環の電子状態にかかわらず種々の塩化アリールに…

  4. シビれる(T T)アジリジン合成

    電気化学的に不活性アルケンと一級アミンをカップリングさせることで、N-アルキルアジリジンが合成された…

  5. その置換基、パラジウムと交換しませんか?

    パラジウム触媒を用いたシクロペンテン誘導体の1,4-不斉フルオロアリール化反応が報告された。反応の過…

  6. アレ?アレノン使えばノンラセミ化?!

  7. 糖のC-2位アリール化は甘くない

  8. ラジカルパスでアリールをホウ素から炭素へパス!

  9. 臭素もすごいぞ!環状ジアリール-λ3-ブロマンの化学

  10. フッフッフッフッフッ(F5)、これからはCF3からSF5にスルフィド(S)

  11. ピリジンの立体装飾でアルカロイドをつくる

  12. π-アリルイリジウムに新たな光を

  13. 過酸がC–H結合を切ってメチル基を提供する

  14. アレーン三兄弟をキラルな軸でつなぐ

  15. お望みの立体構造のジアミン、作ります。

  16. 二量化の壁を超えろ!β-アミノアルコール合成

スポンサー

ピックアップ記事

  1. タルセバ、すい臓がんではリスクが利点を上回る可能性 =FDA
  2. 異なる“かたち”が共存するキメラ型超分子コポリマーを造る
  3. 非天然アミノ酸合成に有用な不斉ロジウム触媒の反応機構解明
  4. J-STAGE新デザイン評価版公開 ― フィードバックを送ろう
  5. 5-ヒドロキシトリプトファン選択的な生体共役反応
  6. 環サイズを選択できるジアミノ化
  7. 1次面接を突破するかどうかは最初の10分で決まる

注目情報

最新記事

NIMS WEEK2021-材料研究の最新成果発表週間- 事前登録スタート

時代を先取りした新材料を発信し続けるNIMS。その最新成果を一挙ご紹介する、年に一度の大イベント「N…

元素記号に例えるなら何タイプ? 高校生向け「起業家タイプ診断」

今回は化学の本質とは少し離れますが、元素をモチーフにしたあるコンテンツをご紹介します。実験の合間…

多価不飽和脂肪酸による光合成の不活性化メカニズムの解明:脂肪酸を活用した光合成活性の制御技術開発の可能性

第346回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院総合文化研究科(和田・神保研究…

10手で陥落!(+)-pepluanol Aの全合成

高度な縮環構造をもつ複雑天然物ペプラノールAの全合成が、わずか10工程で達成された。Diels–Al…

吉野彰氏が2021年10月度「私の履歴書」を連載。

今年の10月はノーベル化学賞が有機化学分野から出て、物理学賞を真鍋淑郎先生が受賞して、非常に盛り上が…

PAGE TOP