[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

  1. Pallambins A-Dの不斉全合成

    保護基を使用しない、pallambins A-Dの不斉全合成が初めて達成された。今後これらのジテルペノイドの生物学的研究、および類似天然物の合成研究に利用されることが期待される(IMG Credit:Board of Trustees, S…

  2. 生命の起源に迫る水中ペプチド合成法

    原始地球の環境に類似した条件下でペプチド合成可能なアミノニトリルライゲーションが発見された。極めて化…

  3. エナンチオ選択的Heck反応で三級アルキルフルオリドを合成する

    三置換フルオロアルケンのエナンチオ選択的Heck反応によって三級アルキルフルオリドを合成する手法が開…

  4. 天然物の構造改訂:30年間信じられていた立体配置が逆だった

    天然物アミプリマイシンおよびミハラマイシンの構造が改訂された。従来の合成品と天然物のNMRスペクトル…

  5. 1-ヒドロキシタキシニンの不斉全合成

    2つのラジカル反応を鍵反応として6/8/6員炭素骨格を効率的に構築し、1-ヒドロキシタキシニンの不斉…

  6. プロドラッグの活性化をジグリシンが助ける

  7. Arcutine類の全合成

  8. シリルエノールエーテルのβ位を選択的に官能基化する

  9. 光触媒を用いるスピロ環合成法が創薬の未来を明るく照らす

  10. 強塩基条件下でビニルカチオン形成により5員環をつくる

  11. 緑膿菌の代謝産物をヒトの薬剤に

  12. rhodomolleins XX と XXIIの全合成

  13. 治療薬誕生なるか?ジカウイルスのアロステリック阻害剤開発

  14. 金属ヒドリド水素原子移動(MHAT)を用いた四級炭素構築法

  15. Arborisidineの初の全合成

  16. 可視光光触媒でツルツルのベンゼン環をアミノ化する

スポンサー

ピックアップ記事

  1. マニュエル・アルカラゾ Manuel Alcarazo
  2. 原子量に捧げる詩
  3. 「天然物ケミカルバイオロジー分子標的と活性制御シンポジウム」に参加してきました
  4. スティーヴンス転位 Stevens Rearrangement
  5. シャンカー・バラスブラマニアン Shankar Balasubramanian
  6. 2012年分子生物学会/生化学会 ケムステキャンペーン
  7. 網井トリフルオロメチル化 Amii Trifluoromethylation

注目情報

最新記事

リチウム金属電池の寿命を短くしている原因を研究者が突き止める

リチウムリオンバッテリー(リチウムイオン二次電池)はPCやスマートフォンなどの電子機器に利用されてい…

研究室でDIY!~エバポ用真空制御装置をつくろう~ ③

さて、前回に引き続いて、「エバポ用真空制御装置の自作」に挑戦しています。前回までの記事では、…

AIによる創薬に新たな可能性 その研究と最新技術に迫る ~米・Insitro社 / 英・ケンブリッジ大学の研究から~

AIの機械学習による創薬が化学業界で注目を集めています。2019年3月に米国サンフランシスコで開催さ…

特長のある豊富な設備:ライトケミカル工業

1. 高粘度撹拌、高温・高圧・高真空に対応可能な反応釜高粘度でも撹拌できる大容量攪拌機と効率用除…

ライトケミカル工業2021年採用情報

当社の技術グループは、20代~30代の若手社員が重要な主要案件を担当しています。広範囲で高レベルな化…

PAGE TOP