[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

山口 研究室

山口 研究室

早稲田大学山口研究室の抄録会からピックアップした研究紹介記事。

  1. カルボカチオンの華麗なリレー:ブラシラン類の新たな生合成経路

    反応経路の自動探索によりセスキテルペンのトリコブラシレノールの新たな全生合成経路が提唱された。トリコブラシレノールの生合成経路多彩で複雑なテルペン骨格は、テルペン環化酵素内で起こるカルボカチオンの連続的な移動により一挙に構築される。…

  2. キラルな八員環合成におすすめのアイロン

    キラルなジイミン-鉄触媒を用いた1,3-ジエンのクロス環化付加反応が開発された。緻密な触媒設計により…

  3. 内部アルケン、ついに不斉ヒドロアミノ化に屈する

    不活性内部アルケンとアミンとの不斉ヒドロアミノ化反応が報告された。新規なカチオン性キラルイリジウム触…

  4. ほぅ、そうか!ハッとするC(sp3)–Hホウ素化

    遷移金属触媒の不要な単純なアルカンのC(sp3)–Hホウ素化反応が開発された。本触媒系は従来困難であ…

  5. 非古典的カルボカチオンを手懐ける

    キラルなブレンステッド酸触媒による非古典的カルボカチオンのエナンチオ選択的反応が開発された。低分子触…

  6. Ru触媒で異なるアルキン同士をantiで付加させる

  7. エネルギーの襷を繋ぐオキシムとアルケンの[2+2]光付加環化

  8. 鉄触媒を使い分けて二重結合の位置を自由に動かそう

  9. アニリン類のC–N結合に不斉炭素を挿入する

  10. リンだ!リンだ!ホスフィン触媒を用いたメチルアミノ化だ!

  11. エノールエーテルからα-三級ジアルキルエーテルをつくる

  12. 鉄触媒を用いたテトラゾロピリジンのC(sp3)–Hアミノ化反応

  13. 9‐Dechlorochrysophaentin Aの合成と細胞壁合成阻害活性の評価

  14. エナンチオ選択的α-アルキル-γ-ラクタム合成

  15. ジアルキル基のC–H結合をつないで三員環を作る

  16. (–)-Daphenezomine AとBの全合成

スポンサー

ピックアップ記事

  1. センター試験を解いてみた
  2. 光延反応 Mitsunobu Reaction
  3. シャープレス不斉ジヒドロキシル化 Sharpless Asyemmtric Dihydroxylation (SharplessAD)
  4. 科学予算はイギリスでも「仕分け対象」
  5. Semiconductor Photocatalysis: Principles and Applications
  6. 塩野義 抗インフルエンザ薬を承認申請
  7. 米メルク、「バイオックス」回収で第2・四半期は減収減益

注目情報

最新記事

アカデミックから民間企業へ転職について考えてみる 第三回

カデミックから民間企業へ転職した場合、入社後にギャップを感じる人が少なからずいます。もちろん、どんな…

第142回―「『理想の有機合成』を目指した反応開発と合成研究」山口潤一郎 教授

第142回の化学者インタビューは日本から、皆さんご存じ、山口潤一郎教授の登場です。名古屋大学理学部化…

【書籍】ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学

今月発売された『ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学』(佐々木 健夫 著,コロナ社)という書籍を…

重水は甘い!?

同位体はある元素、すなわち同一の原子番号をもつ原子核において、中性子数の異なる核種のことをいいますね…

人物でよみとく化学

概要化学の歴史をつくった約50人を収録。高校・大学の化学の勉強に役立つ16テーマをあつかい、…

PAGE TOP