[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

山口 研究室

山口 研究室

早稲田大学山口研究室の抄録会からピックアップした研究紹介記事。

  1. シグマトロピー転位によるキラルα-アリールカルボニルの合成法

    アリールヨーダンとキラルオキサゾリンを用いた-シグマトロピー転位によるジアステレオ選択的α-アリールイミン合成法が開発された。生成物はキラルα-アリールカルボニルへ誘導できる。不斉α-アリール化キラルα-アリールカルボニル化合物は医…

  2. 無保護環状アミンをワンポットで多重官能基化する

    脂環式アミン類の直截的C–H官能基化反応が開発された。保護基や遷移金属触媒を必要としない本手法は、環…

  3. 林松 Song Lin

    ソン・リン(Song Lin、19XX年X月XX日–)は米国在住の中国人有機化学者である。コーネル大…

  4. Brevianamide Aの全合成:長年未解明の生合成経路の謎に終止符

    市販の試薬から短工程でbrevianamide Aの初の全合成が達成された。今後、brevianam…

  5. ボロン酸エステルをモノ・ジフルオロメチル基に変える

    ボロン酸エステルを原料としたモノ、ジフルオロメチル化反応が開発された。立体特異的に進行する本反応では…

  6. (–)-Batrachotoxinin Aの短工程全合成

  7. ヌノ・マウリド Nuno Maulide

  8. アルケンでCatellani反応: 長年解決されなかった副反応を制御した

  9. なぜ傷ついたマジックマッシュルームは青くなるの?

  10. 巻いている触媒を用いて環を巻く

  11. セス・B・ハーゾン Seth B. Herzon

  12. 名もなきジテルペノイドの初の全合成が導いた構造訂正

  13. スルホンアミドからスルホンアミドを合成する

  14. サラ・E・リースマン Sarah E. Reisman

  15. (–)-Vinigrol短工程不斉合成

  16. 大量合成も可能なシビれる1,2-ジアミン合成法

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 有機合成の落とし穴
  2. ケムステVシンポ「最先端有機化学」開催報告(後編)
  3. セブンシスターズについて② ~世を統べる資源会社~
  4. ルーブ・ゴールドバーグ反応 その1
  5. ダイキン、特許を無償開放 代替フロンのエアコン冷媒
  6. 大幸薬品、「クレベリン」の航空輸送で注意喚起 搭載禁止物質や危険物に該当
  7. 光レドックス触媒と有機分子触媒の協同作用

注目情報

最新記事

導電性ゲル Conducting Gels: 流れない流体に電気を流すお話

「液体のような」相と「固体のような」相、2つの相を持つゲルは様々な分野で用いられています。今回はその…

化学者のためのエレクトロニクス入門④ ~プリント基板業界で活躍する化学メーカー編~

bergです。化学者のためのエレクトロニクス入門と銘打ったこのコーナーも、今回で4回目となりました。…

第103回―「機能性分子をつくる有機金属合成化学」Nicholas Long教授

第103回の海外化学者インタビューは、ニック・ロング教授です。インペリアル・カレッジ・ロンドンの化学…

松原 亮介 Ryosuke Matsubara

松原亮介(まつばら りょうすけ MATSUBARA Ryosuke、1978-)は、日本の化学者であ…

CEMS Topical Meeting Online 超分子ポリマーの進化形

7月31日に理研CEMS主催で超分子ポリマーに関するオンライン講演会が行われるようです。奇しくも第7…

PAGE TOP