[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

山口 研究室

山口 研究室

早稲田大学山口研究室の抄録会からピックアップした研究紹介記事。

  1. 抗薬物中毒活性を有するイボガイン類の生合成

    イボガ型アルカロイド類の生合成および半合成が報告された。抗薬物中毒活性を有する(–)-イボガインは天然からの供給が困難なため、安定した供給が期待できる。抗薬物中毒活性を有する(–)-イボガイン薬物依存症の治療は困難であり、米国では、…

  2. ピリジン同士のラジカル-ラジカルカップリング

    電子移動試薬としてB2pin2を用いたピリジルホスホニウム塩とシアノピリジンのクロスカップリング反応…

  3. Pallambins A-Dの不斉全合成

    保護基を使用しない、pallambins A-Dの不斉全合成が初めて達成された。今後これらのジテルペ…

  4. 生命の起源に迫る水中ペプチド合成法

    原始地球の環境に類似した条件下でペプチド合成可能なアミノニトリルライゲーションが発見された。極めて化…

  5. エナンチオ選択的Heck反応で三級アルキルフルオリドを合成する

    三置換フルオロアルケンのエナンチオ選択的Heck反応によって三級アルキルフルオリドを合成する手法が開…

  6. 天然物の構造改訂:30年間信じられていた立体配置が逆だった

  7. 1-ヒドロキシタキシニンの不斉全合成

  8. プロドラッグの活性化をジグリシンが助ける

  9. Arcutine類の全合成

  10. シリルエノールエーテルのβ位を選択的に官能基化する

  11. 光触媒を用いるスピロ環合成法が創薬の未来を明るく照らす

  12. 強塩基条件下でビニルカチオン形成により5員環をつくる

  13. 緑膿菌の代謝産物をヒトの薬剤に

  14. rhodomolleins XX と XXIIの全合成

  15. 治療薬誕生なるか?ジカウイルスのアロステリック阻害剤開発

  16. 金属ヒドリド水素原子移動(MHAT)を用いた四級炭素構築法

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 固体なのに動くシャトリング分子
  2. テトラブチルアンモニウムビフルオリド:Tetrabutylammonium Bifluoride
  3. 石油化学プラントの設備内部でドローンを飛行する実証事業を実施
  4. 近況報告PartI
  5. 2018年ケムステ人気記事ランキング
  6. イグノーベル化学賞2018「汚れ洗浄剤としてヒトの唾液はどれほど有効か?」
  7. 元素ネイルワークショップー元素ネイルってなに?

注目情報

最新記事

第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む」Donna Blackmond教授

第138回の海外化学者インタビューはドナ・ブラックモンド教授です。2009年12月現在、インペリアル…

Ru触媒で異なるアルキン同士をantiで付加させる

Ru触媒を用いたアルキンのanti選択的ヒドロおよびクロロアルキニル化反応が開発された。本反応は共役…

化学系必見!博物館特集 野辺山天文台編~HC11Nってどんな分子?~

bergです。突然ですが今回から「化学系必見!博物館特集」と銘打って、私が実際に訪れたいちおしの博物…

有機合成化学協会誌2021年1月号:コロナウイルス・脱ニトロ型カップリング・炭素環・ヘテロ環合成法・環状γ-ケトエステル・サキシトキシン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年1月号がオンライン公開されました。あ…

第137回―「リンや硫黄を含む化合物の不斉合成法を開発する」Stuart Warren教授

第137回の海外化学者インタビューはスチュアート・ウォーレン教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属し…

PAGE TOP