[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

山口 研究室

山口 研究室

早稲田大学山口研究室の抄録会からピックアップした研究紹介記事。

  1. NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化

    キラルなN–ヘテロ環状カルベン(NHC)を触媒として用いたα,β-不飽和アルデヒドに対する不斉ヒドロフッ素化反応が開発された。隣接する二つの不斉中心をもつフッ素化合物を一段階で合成できる。不斉ヒドロフッ素化とNHC触媒含フッ素化合物…

  2. 嫌気性コリン代謝阻害剤の開発

    嫌気性コリン代謝を選択的に阻害する小分子が開発された。これは、嫌気性微生物の代謝による疾患のメカニズ…

  3. モリブデンのチカラでニトロ化合物から二級アミンをつくる

    川上原料のニトロアレーンとアリールボロン酸を用いた二級アミン合成法が報告された。空気下で安定なモリブ…

  4. 少量の塩基だけでアルコールとアルキンをつなぐ

    カリウムtert-ブトキシドを触媒とするα-アルキルケトン合成法が報告された。遷移金属を用いず、高い…

  5. チオカルバマートを用いたCOSのケミカルバイオロジー

    チオカルバマート型硫化水素ドナー分子を用いた硫化カルボニル(COS)の生理学的機能の研究が行われた。…

  6. 求電子剤側で不斉を制御したアミノメチル化反応

  7. 立体特異的アジリジン化:人名反応エポキシ化の窒素バージョン

  8. アルケニルアミドに2つアリールを入れる

  9. 生合成を模倣しない(–)-jorunnamycin A, (–)-jorumycinの全合成

  10. 計算化学を用いたスマートな天然物合成

  11. 非対称化合成戦略:レセルピン合成

  12. アジドの3つの窒素原子をすべて入れる

  13. 3回の分子内共役付加が導くブラシリカルジンの網羅的全合成

  14. アニリン版クメン法

  15. Mgが実現する:芳香族アミンを使った鈴木―宮浦カップリング

  16. カチオン性三核Pd触媒でC–I結合選択的にカップリングする

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 「女性用バイアグラ」開発・認可・そして買収←イマココ
  2. マクミラン触媒 MacMillan’s Catalyst
  3. ビニグロールの全合成
  4. 科学は夢!ロレアル-ユネスコ女性科学者日本奨励賞2015
  5. Wiley社の本が10%割引キャンペーン中~Amazon~
  6. 研究者のためのCG作成術③(設定編)
  7. 危険物に関する法令:危険物の標識・掲示板

注目情報

最新記事

「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

コロナ禍の影響により、ここ数カ月はオンラインでの選考が増えている。先日、はじめてオンラインでの面接を…

ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

化学者のためのエレクトロニクス入門② ~電子回路の製造工程編~

bergです。さて、前回は日々微細化を遂げる電子回路の歴史についてご紹介しました。二回目の今回は、半…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(前編)

研究をやる上で、テーマってやっぱり大事ですよね。私はアメリカの大学院に留学中(終盤)という立場ですが…

島津製作所がケムステVシンポに協賛しました

さて、第5回目があと1週間に迫り、第6回目の開催告知も終えたケムステVシンポ。実は第7回目も既に決定…

PAGE TOP