[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

  1. アノードカップリングにより完遂したテバインの不斉全合成

    電気を用いた位置およびジアステレオ選択的なカップリング反応により、(-)-thebaineの生体模倣合成を達成した。酸化剤や毒性のある試薬を用いる必要がないという利点がある。生合成模倣酸化的カップリングテバイン(thebaine)は…

  2. Qi-Lin Zhou 周其林

    周其林(Qi-Lin Zhou、1957年2月19日–)は中国の有機化学者である。南開大学教授経…

  3. PdとTiがVECsの反応性をひっくり返す?!

    Pd/Lewis酸協奏触媒を用いた新規スピロ環合成法が開発された。添加するLewis酸を変えることで…

  4. 酸素を使った触媒的Dess–Martin型酸化

    酸素を再酸化剤として用いる触媒的Dess–Martin型酸化が報告された。豊富に存在する酸素を再酸化…

  5. 磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

    磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

  6. “結び目”をストッパーに使ったロタキサンの形成

  7. ニール・K・ガーグ Neil K. Garg

  8. 超強塩基触媒によるスチレンのアルコール付加反応

  9. 塩基と酸でヘテロ環サイズを”調節する”

  10. 李昂 Ang Li

  11. ゲルマニウム触媒でアルキンからベンゼンをつくる

  12. 二つのCO2を使ってアジピン酸を作る

  13. キャサリン・M・クラッデン Cathleen M. Crudden

  14. 触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

  15. 金城 玲 Rei Kinjo

  16. 環サイズを選択できるジアミノ化

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 透明金属が拓く驚異の世界 不可能に挑むナノテクノロジーの錬金術
  2. サイエンスアワード エレクトロケミストリー賞の応募を開始
  3. 近況報告PartII
  4. 2011年ノーベル化学賞予測―トムソン・ロイター版
  5. 界面活性剤のWEB検索サービスがスタート
  6. デイヴィッド・リウ David R. Liu
  7. グロブ開裂 Grob Fragmentation

注目情報

最新記事

ロータリーエバポレーターの回転方向で分子の右巻き、左巻きを制御! ―生命のホモキラリティーの起源に踏み込む―

第236回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所 石井研究室で博士研究員をされていた、服…

「あの人は仕事ができる」と評判の人がしている3つのこと

仕事を辞めて、転職をしたいと思う動機の一つとして、「今の会社で評価されていない」という理由がある。し…

光で2-AGの量を制御する

ケージド化合物を用いた2-AG量の操作法が初めて開発された。2-AG量を時空間的に操作することができ…

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

PAGE TOP