[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

山口 研究室

山口 研究室

早稲田大学山口研究室の抄録会からピックアップした研究紹介記事。

  1. 架橋シラ-N-ヘテロ環合成の新手法

    シラ-N-ヘテロ環を含む多環式化合物の新奇構築法が見出された。遷移金属触媒を用いず多環式化合物を合成できる本手法は、複雑アルカロイドなどの生物学的等価体としての応用が期待できる。ケイ素を含むN-ヘテロ環(シラ-N-ヘテロ環)構築法医…

  2. [5+1]環化戦略による触媒的置換シクロヘキサン合成

    置換シクロヘキサンの新たな立体選択的合成法が報告された。頻出の構造であるシクロヘキサン合成の新戦略と…

  3. プロペンを用いたpiericidin Aの収束的短工程合成

    アルケンーアルキンカップリングにより1,3,6-トリエン構造をもつpiericidin Aが合成され…

  4. フラーレンの“籠”でH2O2を運ぶ

    過酸化水素分子内包フラーレン誘導体を、大気圧・室温条件下で合成する方法が開発された。分子内包フラ…

  5. 一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

    N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

  6. ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

  7. ゲルセジン型アルカロイドの網羅的全合成

  8. キラルLewis酸触媒による“3員環経由4員環”合成

  9. ニンニクの主要成分を人工的につくる

  10. アリルC(Sp3)-H結合の直接的ヘテロアリール化

  11. アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

  12. イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

  13. スルホキシドの立体化学で1,4-ジカルボニル骨格合成を制す

  14. 不斉カルボニル触媒で酵素模倣型不斉マンニッヒ反応

  15. がんをスナイプするフェロセン誘導体

  16. 環状アミンを切ってフッ素をいれる

スポンサー

ピックアップ記事

  1. カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (1)
  2. ナイトレン
  3. サイコロを作ろう!
  4. Ph.D.化学者が今年のセンター試験(化学)を解いてみた
  5. 第35回 生物への応用を志向した新しいナノマテリアル合成― Mark Green教授
  6. UCLAにおける死亡事故で指導教授が刑事告訴される
  7. 新しい構造を持つゼオライトの合成に成功!

注目情報

最新記事

食品添加物はなぜ嫌われるのか: 食品情報を「正しく」読み解くリテラシー

(さらに…)…

第100回―「超分子包摂による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します!

第5回のケムステVシンポもうすぐですね。そして、第6回からほとんど連続となりますが、第7回のケムステ…

「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

コロナ禍の影響により、ここ数カ月はオンラインでの選考が増えている。先日、はじめてオンラインでの面接を…

ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

PAGE TOP