[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

山口 研究室

山口 研究室

早稲田大学山口研究室の抄録会からピックアップした研究紹介記事。

  1. 可視光で芳香環を立体選択的に壊す

    キラルルイス酸光触媒を用いた不斉脱芳香族的付加環化反応が開発された。ヘテロ芳香環の芳香族性を壊しながら4つの不斉中心の立体制御が可能である。触媒不斉脱芳香族化(CADA)と環化付加反応芳香環およびヘテロ芳香環を官能基化および変換する…

  2. 1,3-ジエン類のcine置換型ヘテロアリールホウ素化反応

    3-ブロモピリジン類と1,3-ジエン類を用いたcine置換型ヘテロアリールホウ素化反応が開発された。…

  3. アノードカップリングにより完遂したテバインの不斉全合成

    電気を用いた位置およびジアステレオ選択的なカップリング反応により、(-)-thebaineの生体模倣…

  4. Qi-Lin Zhou 周其林

    周其林(Qi-Lin Zhou、1957年2月19日–)は中国の有機化学者である。南開大学教授経…

  5. PdとTiがVECsの反応性をひっくり返す?!

    Pd/Lewis酸協奏触媒を用いた新規スピロ環合成法が開発された。添加するLewis酸を変えることで…

  6. 酸素を使った触媒的Dess–Martin型酸化

  7. 磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

  8. “結び目”をストッパーに使ったロタキサンの形成

  9. ニール・K・ガーグ Neil K. Garg

  10. 超強塩基触媒によるスチレンのアルコール付加反応

  11. 塩基と酸でヘテロ環サイズを”調節する”

  12. 李昂 Ang Li

  13. ゲルマニウム触媒でアルキンからベンゼンをつくる

  14. 二つのCO2を使ってアジピン酸を作る

  15. キャサリン・M・クラッデン Cathleen M. Crudden

  16. 触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

スポンサー

ピックアップ記事

  1. R・スモーリー氏死去 米国のノーベル賞化学者
  2. 黒田 玲子 Reiko Kuroda
  3. ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法
  4. 生物発光のスイッチ制御でイメージング
  5. シロアリに強い基礎用断熱材が登場
  6. 富士通、化合物分子設計統合支援ソフト「キャッシュ」新バージョンを販売
  7. チャールズ・リーバー Charles M. Lieber

注目情報

最新記事

第100回―「超分子包摂による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します!

第5回のケムステVシンポもうすぐですね。そして、第6回からほとんど連続となりますが、第7回のケムステ…

「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

コロナ禍の影響により、ここ数カ月はオンラインでの選考が増えている。先日、はじめてオンラインでの面接を…

ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

化学者のためのエレクトロニクス入門② ~電子回路の製造工程編~

bergです。さて、前回は日々微細化を遂げる電子回路の歴史についてご紹介しました。二回目の今回は、半…

PAGE TOP