[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

  1. エイモス・B・スミス III Amos B. Smith III

    エイモス・B・スミス III(Amos. B. Smith III、1944年8月26日–)は米国の有機化学者である。米国ペンシルバニア大学教授。経歴1966 バックネル大学 修士号取得 (H. W. Heine 教授)1972…

  2. 有機ルイス酸触媒で不斉向山–マイケル反応

    ブレンステッド酸とシリルケテンアセタールを組み合わせてルイス酸として機能させることで、α,β-不飽和…

  3. 独自の有機不斉触媒反応を用いた (—)-himalensine Aの全合成

    近年単離されたアルカロイド(—)-himalensine Aの全合成に初めて成功した。独自開発した二…

  4. −(マイナス)と協力して+(プラス)を強くする触媒

    水素結合によりアニオンを捕捉することで、対カチオンは活性化され高いルイス酸性をもつ。そのルイス酸によ…

  5. 非天然アミノ酸触媒による立体選択的環形成反応

    非天然アミノ酸誘導体により触媒される三分子間での新たなジアステレオ、エナンチオ選択的環化反応が開発さ…

  6. ビニル位炭素-水素結合への形式的分子内カルベン挿入

  7. “かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

  8. 当量と容器サイズでヒドロアミノアルキル化反応を制御する

  9. クロスメタセシスによる三置換アリルアルコール類の合成

  10. 添加剤でスイッチするアニリンの位置選択的C-Hアルキル化

  11. ジボリルメタンに一挙に二つの求電子剤をくっつける

  12. 可視光によるC–Sクロスカップリング

  13. シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

  14. アルカリ金属でメトキシアレーンを求核的にアミノ化する

  15. 銀を使ってリンをいれる

  16. 電気化学と金属触媒をあわせ用いてアルケンのジアジド化を制す

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 紹介会社を使った就活
  2. 三菱化学が有機太陽電池事業に参入
  3. リチウムイオン電池製造の勘どころ【終了】
  4. 生体内での細胞選択的治療を可能とする糖鎖付加人工金属酵素
  5. 世界の化学企業いくつ知っていますか?
  6. ピリジン-ホウ素ラジカルの合成的応用
  7. 米メルク、「バイオックス」回収で第2・四半期は減収減益

注目情報

最新記事

第40回「分子エレクトロニクスの新たなプラットフォームを目指して」Paul Low教授

第40回の海外化学者インタビューは、ポール・ロウ教授です。英国ダラム大学の化学科に所属(訳注:200…

有機合成化学協会誌2019年12月号:サルコフィトノライド・アミロイドβ・含窒素湾曲π電子系・ペプチド触媒・ジチオールラジアレン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年12月号がオンライン公開されました。…

窒化ガリウムの低コスト結晶製造装置を開発

科学技術振興機構(JST)は2019年11月15日、東京農工大学と大陽日酸と共同で進める産学共同実用…

第39回「発光ナノ粒子を用いる生物イメージング」Frank van Veggel教授

第39回の海外化学者インタビューは、フランク・ファン・ヴェッゲル教授です。カナダのブリティッシュ・コ…

ロータリーエバポレーターの回転方向で分子の右巻き、左巻きを制御! ―生命のホモキラリティーの起源に踏み込む―

第236回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所 石井研究室で博士研究員をされていた、服…

PAGE TOP