[スポンサーリンク]

一般的な話題

クリスマス化学史 元素記号Hの発見

1990年頃の深夜バラエティ番組、「カノッサの屈辱」で放映されていたものです。

元素の発見物語をクリスマスと男女の関係に見立てて解説した作品で、まじめそうなタイトルとは裏腹に中身は完全なジョークです。

しかしあまりにクオリティが高く、一見の価値有りです。

【2010/12/19 動画消滅により修正】

関連書籍

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(6年目)(留学後編)…
  2. 最近の有機化学注目論文3
  3. 科学は夢!ロレアル-ユネスコ女性科学者日本奨励賞2015
  4. 分子模型を比べてみた
  5. 史上最強の塩基が合成される
  6. ChemDrawの使い方 【基本機能編】
  7. 銀カルベノイドの金属特性を活用したフェノール類の不斉脱芳香族化反…
  8. Actinophyllic Acidの全合成

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ペンタシクロアナモキシ酸 pentacycloanamoxic acid
  2. 香りの化学1
  3. レイモンド・ドウェク Raymond A. Dwek
  4. 癸巳の年、世紀の大発見
  5. “Wisconsin Process”について ~低コスト硝酸合成法の一幕~
  6. フォン・ペックマン反応 von Pechmann Reaction
  7. 「芳香族共役ポリマーに学ぶ」ーブリストル大学Faul研より
  8. 振動円二色性(VCD)スペクトル しんどうえんにしょくせいすぺくとる Vibrational Circular Dichroism Spectrum
  9. アジフェーズ法 AJIPHASE Method
  10. FT-IR・ラマン ユーザーズフォーラム 2015

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP