[スポンサーリンク]

一般的な話題

ケムステチャンネルをチャンネル登録しませんか?

[スポンサーリンク]

5月11日で化学の情報サイトケムステは開設21周年を迎えます。これまで記事中心の活動を行ってきましたが、遅まきながら昨年満を持して動画ベースの活動を開始しました。

初めての新型コロナによる緊急事態宣言を受けて、シンポジウム開催が絶望的になった際に、いち早くウェブベースの無料シンポジウムケムステVシンポを開催したのがきっかけです。

それが昨年(2020年)の5月1日であり、そのとき専用Youtubeチャンネル、ケムステチャンネルを立ち上げました。つまり、ちょうど1周年といったところです。ケムステ自体の20年以上の歴史の中で1年はまだまだはじめたばかりですが、皆が動画コンテンツになれた今後は積極的に様々な化学動画コンテンツを公開していきたいと考えています。

本記事では、どんな化学動画があるのか知らないユーザーのために、現在のケムステチャンネルコンテンツを紹介したいと思います(記事にある動画は、それぞれの再生リストを紹介しています)。

ケムステVシンポ

上述しましたが、ケムステVシンポは化学のオンラインシンポジウムです。様々な科学分野の第一線で活躍する化学者に講演してもらっています。ケムステチャンネルでは、本シンポジウムのライブ配信と、アーカイブ動画の公開を行っています。ライブ配信は終了後、数日は公開していますが、その後、継続的に公開できる内容を編集してアーカイブとして公開しています。

下の動画は最近行われた、第15回ケムステVシンポ「複合アニオン」の動画です。

ケムステVプレレク

ケムステVシンポと並列してバーチャルプレミアレクチャー(以下Vプレレク)という講演会形式の動画配信も行っています。講師に1-2時間ばっちりその分野の化学について講演してくれます。本動画は収録し、編集後プレミア公開として配信しており、その当日にはその分野のトップランナーである講師がチャットに参加して質問に応えてくれるというユニークな形式をとっています。現在第3回まで配信されており、今後も2,3ヶ月に1回ほどのペースで配信していければと思っています。

他のウェブシンポの動画配信

ケムステ主宰のシンポジウムシリーズでなく他の団体のシンポジウムもご提供いただいて公開しています。現在は、ケムステスタッフが中心となって主催しているものだけですが、光”機到来!QコロキウムABCInfoです。両者とも、Zoomベースのウェブ講演会を開催していますが、その後講演者の許可を得た後に、アーカイブ化、ケムステに公開しています。

実験器具・用品を試してみた

シンポジウムや講演会のような堅いコンテンツだけでなく、もう少し手軽にみれるような動画も最近配信しています。例えば、この「実験器具・用品を試してみた」シリーズ。現在第5弾まで公開していますが、アズワン株式会社にお願いして、同社の扱う様々な実験小物や器具を紹介しています。登場人物は代表の研究室の大学院生ですが、結構楽しんで毎回撮影しています。ぜひ化学系のyoutuberを目指してほしいところです(笑)

スポットライトリサーチムービー

鳴り物入りではじめたスポットライトリサーチムービー。素敵な研究をした若手研究者を紹介する大人気スポットライトリサーチの動画版で、スポットライトリサーチ依頼の際にこちらも毎回お願いしているのですが、なかなか希望者がでませんでした。最近、以下のムービーが公開されたことで、依頼先に興味をもってもらうことができています。すべてケムステ側で編集をしているので、毎回のスポットライトリサーチでは無理ですが、月に1回ほどはなんとか配信していたいと思っています。

その他にも、ケムステVシンポの講演者に化学動画を頂いたして、動画コンテンツの拡充を目指しています。また、現在企画段階ですが賞金付きの化学動画コンテストを考えていますので、お楽しみに。

ぜひチャンネル登録お願いいたします!

一般的な人気チャンネルには登録数が遠く及びませんが、ニッチな学問動画チャンネルとして継続的に活動していきたいと思いますので、ご支援(ご登録)お願いいたします。

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 二重可変領域を修飾先とする均質抗体―薬物複合体製造法
  2. 孫悟飯のお仕事は?
  3. 化学探偵Mr.キュリー8
  4. Ni(0)/SPoxIm錯体を利用した室温におけるCOの可逆的化…
  5. 農工大で爆発事故発生―だが毎度のフォローアップは適切か?
  6. 高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 1: …
  7. 結晶構造に基づいた酵素機能の解明ーロバスタチン生合成に関わる還元…
  8. 材料開発の変革をリードするスタートアップのデータサイエンティスト…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. コーリー・ウィンターオレフィン合成 Corey-Winter Olefin Synthesis
  2. 亜鉛クロロフィル zinc chlorophyll
  3. 武田薬、米国販売不振で11年ぶり減益 3月期連結決算
  4. ゼムラー・ウォルフ反応 Semmeler-Wolff Reaction
  5. マンダムと京都大学、ヘアスタイルを自然な仕上がりのままキープする整髪技術を開発
  6. 燃える化学の動画を集めてみました
  7. アリルオキシカルボニル保護基 Alloc Protecting Group
  8. 岩塩と蛍石ユニットを有する層状ビスマス酸塩化物の構造解析とトポケミカルフッ化反応によるその光触媒活性の向上
  9. ケック マクロラクトン化 Keck Macrolactonization
  10. 溶媒の同位体効果 solvent isotope effect

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目情報

最新記事

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

ブーゲ-ランベルト-ベールの法則(Bouguer-Lambert-Beer’s law)

概要分子が溶けた溶液に光を通したとき,そこから出てくる光の強さは,入る前の強さと比べて小さくなる…

活性酸素種はどれでしょう? 〜三重項酸素と一重項酸素、そのほか〜

第109回薬剤師国家試験 (2024年実施) にて、以下のような問題が出題されま…

産総研がすごい!〜修士卒研究職の新育成制度を開始〜

2023年より全研究領域で修士卒研究職の採用を開始した産業技術総合研究所(以下 産総研)ですが、20…

有機合成化学協会誌2024年4月号:ミロガバリン・クロロププケアナニン・メロテルペノイド・サリチル酸誘導体・光励起ホウ素アート錯体

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年4月号がオンライン公開されています。…

日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました

3月28日から31日にかけて開催された,日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました.筆者自…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP