[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

  1. 2021年ノーベル化学賞は「不斉有機触媒の開発」に!

    2021年のノーベル化学賞は「不斉有機触媒の開発」の業績に対し、ベンジャミン・リスト(マックスプランク石炭研究所/北大ICReDD)およびデヴィッド・マクミラン(プリンストン大学)の両氏に授与されました。今年は分野の受賞周期から予想…

  2. 第166回―「2次元量子材料の開発」Loh Kian Ping教授

    第166回の海外化学者インタビューは、ロー・キャン・ピン教授です。シンガポール国立大学化学科に所属し…

  3. 光速の文献管理ソフト「Paperpile」

    皆さん、文献管理ソフト、使ってますか??ケムステでも、過去に様々な文献管理ソフトを比較・紹介…

  4. PEG化合物を簡単に精製したい?それなら塩化マグネシウム!

    ケミカルバイオロジー・生体関連化学用途の分子構造において、とにかくよく見かけるポリエチレングリコール…

  5. 湾曲したパラフェニレンで繋がれたジラジカルの挙動  〜湾曲効果による電子スピン状態の変化と特異性〜

    第342回のスポットライトリサーチは、広島大学大学院 先進理工系科学研究科・宮澤友樹 さんにお願いし…

  6. 第165回―「光電変換へ応用可能な金属錯体の開発」Ed Constable教授

  7. 革新的なオンライン会場!「第53回若手ペプチド夏の勉強会」参加体験記

  8. 第164回―「光・熱エネルギーを変換するスマート材料の開発」Panče Naumov教授

  9. SNS予想で盛り上がれ!2021年ノーベル化学賞は誰の手に?

  10. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2021年版】

  11. 火力発電所排気ガスや空気から尿素誘導体の直接合成に成功

  12. 世界最小!? 単糖誘導体から還元反応によって溶ける超分子ヒドロゲルを開発

  13. 狙いを定めて、炭素-フッ素結合の変換!~光触媒とスズの協働作用~

  14. 立体障害を超えろ!-「London分散力」の威力-

  15. 糖鎖を化学的に挿入して糖タンパク質を自在に精密合成

  16. ベックマン開裂 Beckmann Fragmentation

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 有機合成化学協会誌2017年8月号:C-H活性化・アリール化重合・オキシインドール・遠隔不斉誘導・ビアリールカップリング
  2. トマス・リンダール Tomas R. Lindahl
  3. ODOOSをリニューアル!
  4. 周期表の形はこれでいいのか? –その 2: s ブロックの位置 編–
  5. ChemDrawの使い方 【基本機能編】
  6. 投票!2017年ノーベル化学賞は誰の手に!?
  7. 凸版印刷、有機ELパネル開発

注目情報

最新記事

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

ギ酸ナトリウムでconPETを進化!

塩化アリールのラジカルカップリング反応が開発された。芳香環の電子状態にかかわらず種々の塩化アリールに…

料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える

(さらに…)…

PAGE TOP