[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

  1. 光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

    巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経験のないところからのセットアップは存外に大変でした。特にランプの選び方は大変悩ましいです。反応開発専用LEDランプは世の中にほとんど無いです…

  2. 電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応

    2017年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触…

  3. スナップタグ SNAP-tag

    スナップタグ(SNAP-tag)は、特定のタンパク質だけを化学標識したいときに、目印として融合発現さ…

  4. デニス・ホール Dennis G. Hall

    デニス・G・ホール(Dennis G. Hall、1968年1月2日(ケベック・カナダ生)-)は、カ…

  5. ストックホルム国際青年科学セミナー・2018年の参加学生を募集開始

    今年も国際科学技術財団のストックホルム国際青年科学セミナー(Stockholm Internatio…

  6. 抽出精製型AJIPHASE法の開発

  7. 「遠隔位のC-H結合を触媒的に酸化する」―イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校・M.C.White研より

  8. 静電相互作用を駆動力とする典型元素触媒

  9. 鉄カルベン活性種を用いるsp3 C-Hアルキル化

  10. 「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より

  11. 研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

  12. 「不斉有機触媒の未踏課題に挑戦する」—マックス・プランク石炭化学研究所・List研より

  13. リッチー・サーポン Richmond Sarpong

  14. 可視光増感型電子移動機構に基づく強還元触媒系の構築

  15. メタロペプチド触媒を用いるFc領域選択的な抗体修飾法

  16. 生体組織を人工ラベル化する「AGOX Chemistry」

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 藤田 誠 Makoto Fujita
  2. 一重項酸素 Singlet Oxygen
  3. 医薬品の合成戦略ー医薬品中間体から原薬まで
  4. 分子構造を 3D で観察しよう (2)
  5. ティム・スワガー Timothy M. Swager
  6. 高選択的なアルカンC–H酸化触媒の開発
  7. 白血病治療新薬の候補物質 京大研究グループと日本新薬が開発

注目情報

最新記事

磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応

2017年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触…

PAGE TOP