[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

  1. フランシス・アーノルド Frances H. Arnold

    フランシス・ハミルトン・アーノルド(Frances Hamilton Arnold、1956年7月25日-)は、米国の合成生物学者・生化学者・生物工学者である。カリフォルニア工科大学教授。(写真:Twitter) (さらに&hellip…

  2. アルキルラジカルをトリフルオロメチル化する銅錯体

    中国科学院 上海有機化学研究所のChaozhong Liらは、アルキルハライドから系中生成させた炭素…

  3. N末端選択的タンパク質修飾反応 N-Terminus Selective Protein Modification

    N末端はタンパク鎖の中で1箇所しか存在しないため、これを標的とする修飾反応は必然的に高い位置・化学選…

  4. デヒドロアラニン選択的タンパク質修飾反応 Dha-Selective Protein Modification

    デヒドロアラニン(dehydroalanine, Dha)はセリンもしくはシステインから誘導される特…

  5. ジスルフィド架橋型タンパク質修飾法 Disulfide-Bridging Protein Modification

    システイン(Cysteine, Cys)を標的とするタンパク質修飾法はその信頼性から盛んに用いられて…

  6. システイン選択的タンパク質修飾反応 Cys-Selective Protein Modification

  7. 歪み促進型アジド-アルキン付加環化 SPAAC Reaction

  8. チロシン選択的タンパク質修飾反応 Tyr-Selective Protein Modification

  9. メチオニン選択的タンパク質修飾反応 Met-Selective Protein Modification

  10. ククルビットウリル Cucurbituril

  11. トリプトファン選択的タンパク質修飾反応 Trp-Selective Protein Modification

  12. デヴィッド・ナギブ David A. Nagib

  13. 中村 浩之 Hiroyuki Nakamura

  14. ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

  15. アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

  16. 光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

スポンサー

ピックアップ記事

  1. マツタケオール mushroom alcohol
  2. 化学物質研究機構、プロテオーム解析用超高感度カラム開発
  3. 最新ペプチド合成技術とその創薬研究への応用
  4. 薄くて巻ける有機ELディスプレー・京大など開発
  5. タミフル―米国―厚労省 疑惑のトライアングル
  6. ダニエル・ノセラ Daniel G. Nocera
  7. Handbook of Reagents for Organic Synthesis: Reagents for Heteroarene Functionalization

注目情報

最新記事

ジェレマイア・ジョンソン Jeremiah A. Johnson

ジェレマイア・A・ジョンソン(Jeremiah A. Johnson、19xx年xx月xx日)は、ア…

電子ノートか紙のノートか

読者の方々の所属する研究室・会社では実験ノートはどのように保管、データ化されていますでしょうか?…

フランシス・アーノルド Frances H. Arnold

フランシス・ハミルトン・アーノルド(Frances Hamilton Arnold、1956年7月2…

アルキルラジカルをトリフルオロメチル化する銅錯体

中国科学院 上海有機化学研究所のChaozhong Liらは、アルキルハライドから系中生成させた炭素…

Baird芳香族性、初のエネルギー論

第126回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科(相田卓三教授) 博士後期課程1年の…

PAGE TOP