[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

  1. 鉄カルベン活性種を用いるsp3 C-Hアルキル化

    2017年、イリノイ大学 M. Christina Whiteらは鉄フタロシアニン触媒から生成するメタルカルベン種を活用し、アリル位・ベンジル位の分子内C-Hアルキル化反応を達成した。“Catalytic C(sp3)-H Alkyla…

  2. 「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より

    「ケムステ海外研究記」の第19回目は、向井健さんにお願いしました。向井さんはカリフォルニア大…

  3. 研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

    研究者にとって、業績を適切に管理しアピールすることは重要です。以前にも少し触れましたが、科研費の審査…

  4. 「不斉有機触媒の未踏課題に挑戦する」—マックス・プランク石炭化学研究所・List研より

    「ケムステ海外研究記」の第18回目は、マックス・プランク石炭化学研究所(Benjamin List研…

  5. リッチー・サーポン Richmond Sarpong

    リッチモンド・サーポン(Richmond Sarpong、1974年4月23日(ガーナ ベッカム生)…

  6. 可視光増感型電子移動機構に基づく強還元触媒系の構築

  7. メタロペプチド触媒を用いるFc領域選択的な抗体修飾法

  8. 生体組織を人工ラベル化する「AGOX Chemistry」

  9. ニッケル-可視光レドックス協働触媒系によるC(sp3)-Hチオカルボニル化

  10. 홍 순 혁 Soon Hyeok Hong

  11. 5-ヒドロキシトリプトファン選択的な生体共役反応

  12. アビシェック・チャッタージー Abhishek Chatterjee

  13. ルテニウム触媒によるC-C結合活性化を介した水素移動付加環化型カップリング

  14. 2018年 (第34回)日本国際賞 受賞記念講演会のお知らせ

  15. 有機合成化学協会の公式ページがリニューアル!!

  16. システインの位置選択的修飾を実現する「π-クランプ法」

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 2005年8月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  2. スルホニル保護基 Sulfonyl Protective Group
  3. ステープルペプチド Stapled Peptide
  4. 2016年2月の注目化学書籍
  5. (-)-ウシクライドAの全合成と構造決定
  6. 技術者・研究者のためのプレゼンテーション入門
  7. 新規糖尿病治療薬「DPPIV阻害剤」‐熾烈な開発競争

注目情報

最新記事

持続可能性社会を拓くバイオミメティクス

内容生物に学ぶ考え方は,ナイロンに見られるように古くからあった.近年,ナノテクノロジーの飛躍…

鉄カルベン活性種を用いるsp3 C-Hアルキル化

2017年、イリノイ大学 M. Christina Whiteらは鉄フタロシアニン触媒から生成するメ…

「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より

「ケムステ海外研究記」の第19回目は、向井健さんにお願いしました。向井さんはカリフォルニア大…

研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

研究者にとって、業績を適切に管理しアピールすることは重要です。以前にも少し触れましたが、科研費の審査…

天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

PAGE TOP