[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

  1. エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

    エリック・J・アレクサニアン(Eric J. Alexanian、19xx年x月x日-)は、アメリカの有機化学者である。ノースカロライナ大学チャペルヒル校 准教授。(引用:Alexanian Lab) (さらに…)…

  2. 光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

    2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

  3. 硤合 憲三 Kenso Soai

    硤合 憲三 (そあい けんそう、1950年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京理科大学 名誉…

  4. アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

    アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11…

  5. 生物指向型合成 Biology-Oriented Synthesis

    生物の機能主体であるタンパク質では、決まった構造モチーフが種を超越して高度に保存されている。生物活性…

  6. グレッグ・ウィンター Gregory P. Winter

  7. ファージディスプレイでシステイン修飾法の配列選択性を見いだす

  8. チャオ=ジュン・リー Chao-Jun Li

  9. テトラセノマイシン類の全合成

  10. ペプチドのらせんフォールディングを経る多孔性配位高分子の創製

  11. 光薬理学 Photopharmacology

  12. チン・リン Qing Lin

  13. メソリティック開裂 mesolytic cleavage

  14. メソリティック開裂を経由するカルボカチオンの触媒的生成法

  15. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑨ (解答編)

  16. ペプチド模倣体としてのオキセタニルアミノ酸

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 2011年ノーベル化学賞予測―トムソン・ロイター版
  2. 松村 保広 Yasuhiro Matsumura
  3. 水素化ホウ素ナトリウムを使う超小型燃料電池を開発
  4. Co(II)-ポルフィリン触媒を用いた酸素酸化によるフェノールのカップリング反応
  5. 血液―脳関門透過抗体 BBB-penetrating Antibody
  6. ボリレン
  7. 発明対価280万円認める 大塚製薬元部長が逆転勝訴

注目情報

最新記事

エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

エリック・J・アレクサニアン(Eric J. Alexanian、19xx年x月x日-)は、アメリカ…

光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

硤合 憲三 Kenso Soai

硤合 憲三 (そあい けんそう、1950年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京理科大学 名誉…

カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

第119回のスポットライトリサーチは、豊橋技術科学大学大学院 柴富研究室 博士後期課程1年の北原 一…

アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11…

PAGE TOP