[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

  1. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑭: 液タブ XP-PEN Artist 13.3 Proの巻

    少し前にペンタブレット「XP-PEN Deco01」を紹介しましたが、もう少しお金をかけると液晶ペンタブレット(液タブ)を購入することができます。今回は液タブがどれほど使えるのか、入門機として有名なXP-PEN Artist 13.3 Pr…

  2. 合成小分子と光の力で細胞内蛋白質の局在を自在に操る!

    第322回のスポットライトリサーチは、東北大学多元物質科学研究所 (水上研究室)・小和田俊行 助教に…

  3. 第157回―「メカノケミカル合成の方法論開発」Tomislav Friščić教授

    第157回の海外化学者インタビューは、トミスラフ・フリシュチッチ博士です。イギリスのケンブリッジ大学…

  4. フォトメカニカル有機結晶を紫外線照射、世界最速で剥離

    第321回のスポットライトリサーチは、大阪市立大学大学院工学研究科(小畠研究室)・玉置 将人さんにお…

  5. がん代謝物との環化付加反応によるがん化学療法

    第320回のスポットライトリサーチは、東京工業大学物質理工学院(田中克典研究室) アンバラ・プラディ…

  6. 第156回―「異種金属―有機構造体の創製」Stéphane Baudron教授

  7. 安全性・耐久性・高活性を兼ね備えた次世代型スマート触媒の開発

  8. 第155回―「化学結合と反応性を理論化学で理解する」Sason Shaik教授

  9. 【ケムステSlackに訊いてみた⑤】再現性が取れなくなった!どうしてる?

  10. 「リジェネロン国際学生科学技術フェア(ISEF)」をご存じですか?

  11. フェノール類を選択的に加水素分解する新触媒を開発:リグニンから芳香族炭化水素へ

  12. 配位子保護金属クラスターを用いた近赤外―可視光変換

  13. 第154回―「ランタノイド発光化学の生物・材料応用」Jean-Claude Bünzli教授

  14. 第153回―「ネットワーク無機材料の結晶学」Micheal O’Keeffe教授

  15. 【ケムステSlackに訊いて見た④】化学系学生の意外な就職先?

  16. 第152回―「PETイメージングに活用可能な高速標識法」Philip Miller講師

スポンサー

ピックアップ記事

  1. クルト・ヴュートリッヒ Kurt Wüthrich
  2. 多検体パラレルエバポレーションを使ってみた:ビュッヒ Multivapor™
  3. 分子情報・バイオ2研究センター 九大開設
  4. 光電変換機能を有するナノシートの合成
  5. 「発明の対価」8億円求め提訴=塩野義製薬に元社員-大阪地裁
  6. 結晶作りの2人の巨匠
  7. 元素紀行

注目情報

最新記事

O-脱メチル化・脱アルキル化剤 基礎編

メトキシ基→ヒドロキシ基への変換、割と苦戦しますよね。保護基と呼ぶには利便性が数歩足…

マイクロ波化学のカーボンニュートラルや循環型社会におけるアプリケーションや事業状況

当社のマイクロ波プラットフォーム技術および工業化知見を活用し、アクリル樹脂の分解に必要なエネルギーを…

NMRデータ処理にもサブスクの波? 新たなNMRデータ処理ソフトウェアが登場

NMRメーカーである日本電子のイギリス法人、JEOL UKが6月、WindowsとmacOSの両方で…

芳香環交換反応を利用したスルフィド合成法の開発: 悪臭問題に解決策

第 326回のスポットライトリサーチは、早稲田大学理工学術院 山口潤一郎研究室 …

ゼナン・バオ Zhenan Bao

ゼナン(Zhenan Bao, 1970年xx月xx日-)は、アメリカの有機材料科学者、カーボンナノ…

PAGE TOP