[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

Biotage Selekt のバリュープライス版 Enkel を試してみた

[スポンサーリンク]

 

Biotage の新型自動フラッシュクロマトシステム Selekt のバリュープライス版が早くも登場しました。その名も Selekt Enkel です!

Isolera から刷新された Selekt のスタイリッシュなフォルムとユーザーインターフェースはそのままに、機能を厳選することによって低価格化を実現した Selekt Enkel、そのデモ機をお借りすることができたので使用してみました。

筆者は Isolera One 及び Isolera Prime をルーチンで使用しており、従来版の Selekt は触ったことがありませんでした。Selekt の体験記事に関しては「フラッシュ精製装置「バイオタージSelekt」を試してみた」をご覧ください (使用動画もあります)。というわけで廉価版からの Selekt シリーズ初体験となったのですが、これが実に使いやすくて感動しました。なんと言っても大型の綺麗なタッチスクリーンでの直感的な操作がたまりません。TLC やラックの設定も Isolera シリーズより格段に楽で、電源 ON からクロマト開始までに要する時間も大幅に短縮されています。

左が Selekt Enkel。Isolera Prime よりもスクリーンが大きくなっています。

従来版 Selekt と Selekt Enkel の比較

二機種の大きな違いをかいつまんで説明すると、Enkel は従来版 Selekt の半分の機能に抑えられているということになります。溶媒ラインは従来版: 4 ライン →  Enkel: 2 ライン、最大流速は従来版: 300 mL/min → Enkel: 150 mL/min、最大圧力は従来版: 30 bar → Enkel: 15 bar、といったところです。筆者はあまり流速や圧力をガンガンにかけないタイプなので気になるのは溶媒ラインだけでしたが、既に4 ラインの Isorela One を持っており、基本は酢酸エチル/n-ヘキサン系しか使わないのでそこも問題ありませんでした。また従来版 Selekt は検出器として UV-Vis も搭載されていますが、Enkel は UV のみです。ただし Enkel は Selekt 同様に、2 波長検出を標準搭載、全波長検出にもオプションで対応しています。

感想

  1. デモの結果、購入したいか? → はい。是非とも。懐事情から今年度は厳しいのですが、自動カラムを増やしたいこともあって来年度予算に計上しようと考えています。使い始めて割とすぐ決心しました。
  2. Isolera から移行しやすいか? → Enkel を使って特に操作に悩むことはなかったです。正直、マニュアルちゃんと読まなくていきなり稼働させても最低限使えました (マニュアルは読みましょう)。 Isolera を既に使用したことがあれば移行はスムーズだと思います。「フラッシュ精製装置「バイオタージSelekt」を試してみた」でも述べられていましたが、Selekt は Isolera シリーズの「いいとこどり」という感じで、Biotage ユーザーなら操作に迷うことはおそらくないでしょう。
  3. 価格は実際安いか? → このレベル・スタイリッシュさの自動クロマトシステムとしては十二分にリーズナブルだと思います。
  4. 従来版と Enkel どっちを買うべき? → アカデミックラボで用いる分には、合成の規模にもよりますが、予算とスペースがあれば従来版1台よりEnkel 2台の方が稼働効率も上がって良いんじゃないかと思いました。もちろん機能は制限されているので、比較的大スケールの精製をこなしたいなら従来版だと思いますが、例えば筆者のところのような数百ミリグラムスケールを扱うことが多いメドケム・ケミカルバイオロジー系のラボなら Enkel で大満足、という感じです。

キャンペーン情報

2022年12月末まで、「Biotage® Selekt Enkel 新発売 アカデミックキャンペーン」と題して、Enkel をさらにお買い得に購入できるキャンペーンが開催されています!

詳細情報はコチラをご覧ください

お問い合わせ

バイオタージ・ジャパン株式会社

〒136-0071 東京都江東区亀戸1丁目14番4号  第2萬富ビル6F

お電話でのお問合せ 03-5627-3123

お問合せフォームでのお問合せ お問い合わせフォームはこちら

フラッシュ精製装置/カラム精製に関する記事

DAICHAN

投稿者の記事一覧

創薬化学者と薬局薬剤師の二足の草鞋を履きこなす、四年制薬学科の生き残り。
薬を「創る」と「使う」の双方からサイエンスに向き合っています。
しかし趣味は魏志倭人伝の解釈と北方民族の古代史という、あからさまな文系人間。
どこへ向かうかはfurther research is needed.

関連記事

  1. 海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~② アポを取ってみよう…
  2. 三核ホウ素触媒の創製からクリーンなアミド合成を実現
  3. 製造業の研究開発、生産現場におけるDX×ノーコード
  4. ポンコツ博士の海外奮闘録 外伝① 〜調剤薬局18時〜
  5. 進撃のタイプウェル
  6. シクロファン+ペリレンビスイミドで芳香環を認識
  7. ダニエル レオノリ Daniele Leonori
  8. 有機レドックスフロー電池 (ORFB)の新展開:高分子を活物質に…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 博士号で世界へ GO!-ー日本化学会「化学と工業:論説」より
  2. 研究者としてうまくやっていくには ー組織の力を研究に活かすー
  3. 日本化学界の英文誌 科学分野 ウェッブ公開の世界最速実現
  4. iPhone/iPod Touchで使える化学アプリ-ケーション【Part 3】
  5. 天然物化学
  6. 元素周期 萌えて覚える化学の基本
  7. 新規重水素化触媒反応を開発―医薬品への直接重水素導入を達成―
  8. 森田浩介 Kosuke Morita
  9. 向山・鈴木グリコシル化反応 Mukaiyama-Suzuki Glycosylation
  10. 武田 新規ARB薬「アジルバR錠」発売

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目情報

注目情報

最新記事

bassler ボニー・L.・バスラー Bonnie L. Bassler

ボニー・L.・バスラー (Bonnie Lynn Bassler , 1962年XX月XX日-)は、…

電子を閉じ込める箱: 全フッ素化キュバンの合成

第 423 回のスポットライトリサーチは、東京大学 工学系研究科 化学生命工学専…

プラズモンTLC:光の力でナノ粒子を自在に選別できる新原理クロマトグラフィー

第422回のスポットライトリサーチは、名古屋大学 大学院工学研究科 鳥本研究室の秋吉 一孝 (あきよ…

マテリアルズ・インフォマティクスの基礎知識とよくある誤解

開催日:2022/10/04 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

クオラムセンシング Quorum Sensing

クオラムセンシング (Quorum Sensing)とは、細菌が自己誘導因子 (autoinduce…

乙卯研究所 研究員募集 第二弾 2022年度

~乙卯研究所とは~乙卯研究所は、1915年の設立以来、広く薬学の研究を行うことを…

ピレスロイド系殺虫剤のはなし~追加トピック~

Tshozoです。先日TL上でちょっと気になる話を見ましたでございますのよhttps://t…

ライトケミカル工業2024卒採用情報

当社の技術部は、20代~30代の若手社員が重要な主要案件を担当しています。広範囲で高レベルな化学の生…

ライトケミカル工業株式会社ってどんな会社?

ライトケミカルは、化学メーカーが開発した化学製品の生産をお手伝いする会社です。受託生産からスケールア…

E.・ピーター・グリーンバーグ E. Peter Greenberg

E・ピーター・グリーンバーグ(Everett Peter Greenberg, 1948年11月7日…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP