[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき実験・テクニック

  1. 多検体パラレルエバポレーションを使ってみた:ビュッヒ Multivapor™

    化合物を合成して、精製し、純品の生成物ができたとき、どこかに保存すると思います。もしくは、反応がうまくいかなくともすぐに捨てないで保存しておくひともいるでしょうか。そう、最終的に合成された化合物君たちの行き先はバイアル瓶か何かの小さな容器。…

  2. 銀イオンクロマトグラフィー

    以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

  3. アルデヒドを分液操作で取り除く!

    アルデヒドは入手しやすく安定であり、高い反応性を持つため炭素-炭素結合形成に使いやすい、などの特性を…

  4. いざ、低温反応!さて、バスはどうする?〜水/メタノール混合系で、どんな温度も自由自在〜

    さて、今回はちょっと変わり種の話題。低温実験のお供、寒剤についてです。英語の実験系ウェブサイトChe…

  5. 研究室でDIY!~光反応装置をつくろう~

    有機反応開発の世界では、可視光レドックス触媒反応が大ブームです。筆者のグループも例外ではなく、毎日容…

  6. タクミナ「スムーズフローポンプQ」の無料モニターキャンペーン

  7. カラムはオープン?フラッシュ?それとも??

  8. 過ぎ去りし器具への鎮魂歌

  9. メーカーで反応性が違う?パラジウムカーボンの反応活性

  10. 真空ポンプはなぜ壊れる?

  11. 金属スカベンジャーを試してみた

  12. 掃除してますか?FTIR-DRIFTチャンバー

  13. 研究室でDIY! ~明るい棚を作ろう~

  14. ちょっとキレイにサンプル撮影

  15. グローブボックスあるある

  16. 密着型フィルムのニューフェイス:「ラボピタ」

スポンサー

ピックアップ記事

  1. β,β-ジフルオロホモアリルアルコールの合成
  2. 情報の最小単位がついに原子?超次世代型メモリー誕生!
  3. 3Dプリンタとシェールガスとポリ乳酸と
  4. 日本語で得る学術情報 -CiNiiのご紹介-
  5. スルホキシド/セレノキシドのsyn-β脱離 Syn-β-elimination of Sulfoxide/Selenoxide
  6. デヴィッド・ミルステイン David Milstein
  7. 2008年イグノーベル賞決定!

注目情報

最新記事

エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

エリック・J・アレクサニアン(Eric J. Alexanian、19xx年x月x日-)は、アメリカ…

光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

硤合 憲三 Kenso Soai

硤合 憲三 (そあい けんそう、1950年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京理科大学 名誉…

カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

第119回のスポットライトリサーチは、豊橋技術科学大学大学院 柴富研究室 博士後期課程1年の北原 一…

アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11…

PAGE TOP