[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき実験・テクニック

  1. 多検体パラレルエバポレーションを使ってみた:ビュッヒ Multivapor™

    化合物を合成して、精製し、純品の生成物ができたとき、どこかに保存すると思います。もしくは、反応がうまくいかなくともすぐに捨てないで保存しておくひともいるでしょうか。そう、最終的に合成された化合物君たちの行き先はバイアル瓶か何かの小さな容器。…

  2. 銀イオンクロマトグラフィー

    以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

  3. アルデヒドを分液操作で取り除く!

    アルデヒドは入手しやすく安定であり、高い反応性を持つため炭素-炭素結合形成に使いやすい、などの特性を…

  4. いざ、低温反応!さて、バスはどうする?〜水/メタノール混合系で、どんな温度も自由自在〜

    さて、今回はちょっと変わり種の話題。低温実験のお供、寒剤についてです。英語の実験系ウェブサイトChe…

  5. 研究室でDIY!~光反応装置をつくろう~

    有機反応開発の世界では、可視光レドックス触媒反応が大ブームです。筆者のグループも例外ではなく、毎日容…

  6. タクミナ「スムーズフローポンプQ」の無料モニターキャンペーン

  7. カラムはオープン?フラッシュ?それとも??

  8. 過ぎ去りし器具への鎮魂歌

  9. メーカーで反応性が違う?パラジウムカーボンの反応活性

  10. 真空ポンプはなぜ壊れる?

  11. 金属スカベンジャーを試してみた

  12. 掃除してますか?FTIR-DRIFTチャンバー

  13. 研究室でDIY! ~明るい棚を作ろう~

  14. ちょっとキレイにサンプル撮影

  15. グローブボックスあるある

  16. 密着型フィルムのニューフェイス:「ラボピタ」

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ソモライ教授2008年プリーストリー賞受賞
  2. トビアス・リッター Tobias Ritter
  3. 書物から学ぶ有機化学4
  4. 高脂血症治療薬の開発に着手 三和化学研究所
  5. 有機化学美術館へようこそ―分子の世界の造形とドラマ
  6. Small Molecule Medicinal Chemistry -Strategies and Technologies-
  7. 2010年10大化学ニュース

注目情報

最新記事

銀カルベノイドの金属特性を活用したフェノール類の不斉脱芳香族化反応

第120回のスポットライトリサーチは、千葉大学大学院医学薬学府 薬化学研究室(根本哲宏教授) 博士後…

宮坂 力 Tsutomu Miyasaka

宮坂 力 (みやさか つとむ、1954年-)は、日本のエネルギー化学・物理化学者である。国際的な通称…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2017」を発表

9月20日に、クラリベイト・アナリティクス社から2017年の引用栄誉賞が発表されました。昨年までのト…

役に立たない「アートとしての科学」

科学の研究には、真理の探究という側面と、役立つ発明という側面があります。この二面性を表す言葉…

表現型スクリーニング Phenotypic Screening

表現型スクリーニング(Phenotypic Screening)とは、特定の生物現象に影響を与える化…

PAGE TOP