[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき実験・テクニック

  1. NMRのプローブと測定(Bruker編)

    有機化学者にとって液体NMRは必須のアイテム。ケムステの読者の皆様も毎日のように使っておられると思います。しかし、NMRは多くの情報を与えてくれるかわりに、MSなどと比べ、かなり感度の悪い測定として知られています。今回は液体測定の際に、どの…

  2. TLCと反応の追跡

    これまでも、ケムステではTLCネタを数々取り上げてきましたが、実務的な内容がやっぱり少ないということ…

  3. 小スケール反応での注意点 失敗しないための処方箋

    前回はスケールアップについて書いたので、今回は小スケールの反応での注意すべきことについてまとめてみま…

  4. ワークアップの悪夢 反応後の後処理で困った場合の解決策

    みなさま、4月も半分すぎ、新入生がラボに入ってきていると思います。そんな頃によく目にするのが、エマル…

  5. スケールアップで失敗しないために 反応前の注意点

    化学を長年やっている助教や博士課程の学生にとっては当たり前のことでも、学部生や修士の学生がやってみる…

  6. 不安定試薬の保管に!フードシーラーを活用してみよう

  7. 初めての減圧蒸留

  8. 研究室でDIY!割れないマニホールドをつくろう・改

  9. 研究室でDIY!~割れないマニホールドをつくろう~

  10. 変わったガラス器具達

  11. 分取薄層クロマトグラフィー PTLC (Preparative Thin-Layer Chromatography)

  12. 有機化合物のスペクトルデータベース SpectraBase

  13. C&EN コラム記事 ~Bench & Cubicle~

  14. 光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた【2020/8/11更新】

  15. ChemDraw の使い方【作図編④: 反応機構 (前編)】

  16. NMRの基礎知識【測定・解析編】

スポンサー

ピックアップ記事

  1. NeoCube 「ネオキューブ」
  2. 有機・高分子関連技術が一堂に会す「オルガテクノ2005」開催へ
  3. アレン・バード Allen J. Bard
  4. 精密分子設計による高感度MRI分子プローブの開発 ~早期診断に向けたがん関連酵素活性の生体内リアルタイム計測~
  5. 第20回ケムステVシンポ『アカデミア創薬 A to Z』を開催します!
  6. 8億4400万円で和解 青色LED発明対価訴訟
  7. 塩基が肝!シクロヘキセンのcis-1,3-カルボホウ素化反応

注目情報

最新記事

マテリアルズ・インフォマティクスにおけるデータ0からの初期データ戦略

開催日:2024/06/05 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

ホウ素の力でイオンを見る!長波長光での観察を可能とするアニオンセンサーの開発

第 615回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院 工学研究科応用化学専攻 南方…

マテリアルズ・インフォマティクスと持続可能性: 環境課題の解決策

開催日:2024/05/29 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

Christoper Uyeda教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催された「…

有機合成化学協会誌2024年5月号:「分子設計・編集・合成科学のイノベーション」特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年5月号がオンライン公開されています。…

PAGE TOP