[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

4歳・2歳と学会・領域会議に参加してみた ①

[スポンサーリンク]

 

みなさんこんにちは。周囲ではすでに身バレが激しいためちょっと恥ずかしいのですが、初めて書くジャンルの記事を書くことにしました。

「4歳・2歳と学会や領域会議に参加してみた」

読んだままなのですが、2022年9月と2023年4月に、自身の娘(2022年9月時点で4歳0ヶ月)と息子(2歳2ヶ月)を連れて国内学会(2泊3日)とJSTの領域会議(1泊2日)にそれぞれ参加しました。
それらによる学びが非常に多かったので、誰かの何かの役に立てればと思い、ケムステで記事にしてみることにしました。
2022年9月の学会からかなり時間が経ってしまったのが悔やまれるところでして、、、
10月から2月くらいまで忙殺されていて(言い訳…汗)、2023年3月の日本化学会年会に3泊4日の子連れをしようと思っていたので、それとまとめて記事にしようと思っていたらまさかの家族でインフルエンザになり参加辞退。。。泣
(関係者のみなさま、改めて申し訳ありませんでした…)
ただ、インフルから復帰してすぐJSTの領域会議に子連れで行ったので、そのときの話や学びも記事として残そうと思います。
乱構成になるかもしれないですが、ご容赦ください。

 

2022年9月:第32回基礎有機化学討論会(2泊3日)に子連れ参加

私が参加したのは、第32回基礎有機化学討論会 @京都パルスプラザ です。
総会で聞いた話だと600人近く参加したようなので、ケムステ読者の皆さんの中にも参加された人は多かったのではないかと思います。
基礎有機化学討論会としては2019年以来の対面形式ということで、とても盛り上がっていました。実行委員会の方々には感謝しかありません。
京都パルスプラザは竹田駅という駅の近くにあり、京都駅八条西口から直通バスで15分くらい乗ったところにありました。
京セラの隣にある建物で、稲盛ホールというホールがメインの学会会場になっていました。

基礎有機化学討論会に子連れ参加を決めた理由

私は2017年3月から大学教員をしており、企業勤めの夫がいます。2018年9月に第一子女児、2020年7月に第二子男児を出産しました。
2019年4月から娘を保育園に預けて職務復帰していたのですが、2020年初めにコロナ禍が始まってしまい、さらに第二子を妊娠・出産したため、2018年から最近まで遠出の学会には参加できずにいました。
と言ってもほとんどオンラインだったのでそこまで影響なかったのですが、今回は自身のメイン学会とも言える基礎有機化学討論会が対面で開催されるとあって、なんとかして行こう!と思っていました。
京都は私の居る所からすると宿泊は必須ですがそこまで遠くないので、まー2泊3日の最初の2日間の子どものお世話の都合をつければなんとかなるかなと。
ただ「2日間の子どものお世話の都合をつければなんとかなる」が、コロナが明けそうなこれから、どれくらいの頻度でやってくるのだろう…とも思いました。
平日なら保育園もあるし、毎度夫に頼むこともできなくはないですが、、、仕事的に難しい日もある。
比較的近くに住む実家義実家に頼めなくもないですが、仕事があったり体調面で不安があったり。。
そう考えている最中、基礎有機化学討論会に初めての託児所ができることを知りました。
私が関わっている中で、託児所のある学会は日本化学会以外に知りませんでした。会議の類でも、託児室が用意されているものはほとんどありません。
他の学会・会議参加のために子どもを夫や実家に託すことがあるかもしれないので、
託児所がある場合は使わせてもらおう!!
これが子連れ参加を決めた理由です。

学会会場に行くまでの苦難

初日(実際のところは前日入りしたので前日)に台風に見舞われるというハプニングがあり、参加が危ぶまれました。
新幹線に遅延が出ているだけで強風や大雨などの危険性は低いと判断し、2人のこどもと一緒に出発しましたが色々大変でした。。。
想定より新幹線の時間が長く、こどもたちが飽きて騒ぎ始める…
京都に着いたら着いたで、台風の影響でファミレスも喫茶店もレストランもほとんど閉まってる…コンビニのおにぎりもパンも全然ない…
子連れはただでさえ荷物が多いので食べ物はなるべく現地調達したかったのですが、お腹を空かせた不機嫌のこどもたちを歩き回させることになり、みな大変な思いをしました。
ただ、学生が一人一緒に来てくれてたので、ホテルまでや学会会場までの道中に色々と協力してもらい、非常に助かりました。
彼の学会参加という本分には影響を与えていない…と思います。たぶん。
こどもが2人いるのが大変な要因だったかもしれませんが、子連れ学会の際は一緒に参加する大人が自分以外にいると、道中とても心強いなと思いました。
また、台風というハプニングのせいではありますが、大人独りで学会参加する場合には考えなくて良い事柄に対しても前もって考えておくことが大切でした。
幸い身の危険もなかったですが、台風のときにこどもと出張(遠出)というのもなかなかリスクが大きいことをしたなと今更思います。
反省しつつ、今後に活かそうと思います。

学会会場の託児室

託児所を利用するにあたり、自身で用意すべき荷物はたくさんあります (シッター会社により異なります)。
オムツ、おやつ、着替え、タオル、飲み物等々。。学会会場まで、私というより荷物が歩いているのでは?というほどの大荷物になりました。
上にも書きましたが、学会会場は京都駅からタクシーで15分。そこまで時間がかからず、会場の場所にはとても助かりました。
学会会場の託児所は同じ建物の中にあり、メインのホールから近すぎず遠すぎずの場所にありました。
場所は利用者にしかわからないようになっていて、こどもたちの安全に配慮されていて安心しました。
行ってびっくり、利用者はなんと私だけ!でした。京都だったからですかね。。関西にお住まいの研究者の方は日帰りで来れるからかもしれません。
託児所を利用する場合には事前にシッター会社とメールでやりとりすることが多いと思いますが、
当日持って行く書類(こどもに関する情報など)がある場合が多いので要注意です。
学会で発表することばかり考えていて、そういった書類を持っていき忘れたのが私です。はい。すいません…

シッター会社に配慮して写真は撮らなかったので、託児所に関しては文字だけの情報になってしまうのですが、
20帖から30帖くらいのスペースにこども向けのマットが敷いてあり、角で頭をぶつけないように保護する等の配慮がされていました。
これもびっくり、こども2人に対してシッターさん2人という贅沢待遇でした。
こどもの人数に対してシッターさんの数が変わると思うのですが、最低のシッターさんの人数が2人なんだと思います (よく考えれば当たり前かも)。
さまざまななおもちゃが用意してあって、こどもたちは2日間たっぷり遊べて大満足の様子でした。
とても素敵なシッターさんに来ていただき、こどもたちもすっかり懐いていました。
2日間も部屋の中だと飽きるだろうなーと思っていたのですがその心配はいらなかったようです。

肝心の学会参加と反省点

託児室が良いところだということがすぐにわかったので、私自身も安心して学会に参加できました
無事にポスター発表もでき、久々に会う方々に挨拶できて本当によかったです。
当たり前と言えばそうなのですが、託児所の場合は保育園とは違って、こどもの食事の世話は親がする必要があります
そのため、学会に参加しつつもこどものお昼ご飯をコンビニに買いに行き、託児部屋に行きこどもにご飯を食べさせ、学会会場に戻る。次はおやつを与えに行き….ということを行う必要がありました。
この流れを行うのにかなりの時間を使ってしまい、聴きたかったのに聴けなかった講演があったのが残念でした。(完全に自分の計画不足ですが)
また、前日の台風騒ぎでどっと疲れていました。
初めてのビジネスホテルでこどもたちがうまく寝れず、それに付き合ったため寝不足だったこともあり、体力気力的にしんどかったことも残念&反省ポイントでした。
講演セッションの合間や学会終了後のちょっとした時間など、そういう余白に人と話せることも対面学会の醍醐味だと思うのですが、
講演セッションの合間に食事をさせに行ったり、託児室は基本的に学会の開催時間しか開いていないので終わり次第ダッシュで向かったりと結構忙しく動いていたため、醍醐味を味わうことが難しいということも新たな気づきでした。
子連れ学会参加に慣れれば改善できますかね。頑張ってみようと思います。

また、学会参加で重要なことといえば 全力で飲み会参加!!だと思うのですが、子連れだとこれは難しいです。。
飲み会に参加できないなんて学会参加の意味がない、という声が身内から聞こえてきそうです笑。
実際、私だけでなくこのことを問題視している子育て中研究者仲間は結構居まして、なんとかしようとアイデアを出し合って画策中です。
これに関しても、いつか記事にできたらと思います。

学会会場の前にて

まとめ

基礎有機化学討論会に託児所を作っていただけて本当によかったです。
子連れ参加しか選択肢がない研究者にとっては必須だと思いますし、
こどもを誰かに預けて単独で学会参加する予定でいても、預け先のトラブルで突然預けられなくなる、そのために自身も学会に参加できなくなるという可能性もあります。
そういった場合のセーフティネットとしても、託児所が存在していて預け先の選択肢に入れられるということは大変重要になります。
苦労点や反省点はたくさんありましたが、それらも良い学びになり、子育て中の研究者としてひとつ成長できたように思います。
学会参加できたことで研究を加速させる出会い・気づきもありましたし、参加している学生さんたちのencourageも少しはできたのではないかと思います。
学会後に実行委員会の先生方にメールでご連絡差し上げたときに、学会での託児室の設置は情報が少なく、業者選定がとても難しかったことやスケジュールの設定に苦心したことを教えていただきました。
改めて、基礎有機化学討論会初の託児所設置にご尽力いただいた、京都大学の時任宣博先生、深澤愛子先生、水畑吉行先生をはじめ、実行委員会のすべての方々に深く感謝いたします。
ありがとうございました。
….と言って恩恵を受けているだけでなく、自分自身が学会等に働きかけ、託児所設置などの支援を作る側にならないといけないと強く感じています。
またこういった記事執筆によって、もっと利用者が増えると良いなと思います。
そういった経験や思いがあり、4月に参加したJSTの領域会議では仲間とともにシッターさんを手配して子連れ領域会議参加しました。
まとめて記事にするつもりでしたが、あまりに長くなりすぎたので、別の記事にすることにします。

次回に続く…

*託児所設置など興味のある方がいらっしゃいましたら、私 (めぐ)になんらかの形でご連絡いただければぜひお話しさせてもらいたいと思います。

めぐ

投稿者の記事一覧

博士(理学)。大学教員。娘の育児に奮闘しつつも、分子の世界に思いを馳せる日々。

関連記事

  1. データケミカル株式会社ってどんな会社?
  2. 有機合成化学協会誌2022年9月号:π-アリルパラジウム・ポリエ…
  3. Lindau Nobel Laureate Meeting 動画…
  4. 茨城の女子高生が快挙!
  5. 特許にまつわる初歩的なあれこれ その1
  6. 「ドイツ大学論」 ~近代大学の根本思想とは~
  7. 有機合成化学協会誌2022年8月号:二酸化炭素・アリル銅中間体・…
  8. 水中マクロラクタム化を加速する水溶性キャビタンド

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 研究者の活躍の場は「研究職」だけなのだろうか?
  2. 化学エンターテイメント小説第2弾!『猫色ケミストリー』 
  3. 京大融合研、産学連携で有機発光トランジスタを開発
  4. 「炭素-炭素結合を切って組み替える合成」テキサス大学オースティン校・Dong研より
  5. アルダー エン反応 Alder Ene Reaction
  6. 決め手はケイ素!身体の中を透視する「分子の千里眼」登場
  7. りん酸2-(メタクリロイルオキシ)エチル2-(トリメチルアンモニオ)エチル : 2-(Methacryloyloxy)ethyl 2-(Trimethylammonio)ethyl Phosphate
  8. 第37回 糖・タンパク質の化学から生物学まで―Ben Davis教授
  9. シリルエノールエーテルのβ位を選択的に官能基化する
  10. 2009年10大分子発表!

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2023年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目情報

最新記事

【大正製薬】キャリア採用情報(正社員)

<求める人物像>・自ら考えて行動できる・高い専門性を身につけている・…

国内初のナノボディ®製剤オゾラリズマブ

ナノゾラ®皮下注30mgシリンジ(一般名:オゾラリズマブ(遺伝子組換え))は、A…

大正製薬ってどんな会社?

大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

ブーゲ-ランベルト-ベールの法則(Bouguer-Lambert-Beer’s law)

概要分子が溶けた溶液に光を通したとき,そこから出てくる光の強さは,入る前の強さと比べて小さくなる…

活性酸素種はどれでしょう? 〜三重項酸素と一重項酸素、そのほか〜

第109回薬剤師国家試験 (2024年実施) にて、以下のような問題が出題されま…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP