[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース分析化学

  1. 谷口 透 Tohru Taniguchi

    谷口透(たにぐちとおる)は、赤外円二色性(VCD)スペクトルや紫外-可視円二色性(ECD)スペクトルを活用し、分子の構造解析を研究している有機化学者である。北海道大学大学院先端生命科学研究院 講師第31回ケムステVシンポ 講師経…

  2. 角田 佳充 Yoshimitsu Kakuta

    角田 佳充(かくた よしみつ)は、タンパク質の構造解析を研究している日本の高分子化学者である。九…

  3. 原野 幸治 Koji Harano

    原野 幸治 (はらの こうじ)は、日本の有機化学者である。物質・材料研究機構 先端材料解析研…

  4. 佐藤しのぶ ShinobuSato

    佐藤しのぶ (さとう しのぶ)は、日本の化学者である。専門はバイオ分析化学。2021年現在、九州工業…

  5. 佐伯 昭紀 Akinori Saeki

    佐伯 昭紀(さえき あきのり、1977年―)は、日本の物理化学者である。専門分野…

  6. アダム・コーエン Adam E. Cohen

  7. クルト・ヴュートリッヒ Kurt Wüthrich

  8. デヴィッド・クレネマン David Klenerman

  9. シャンカー・バラスブラマニアン Shankar Balasubramanian

  10. 浦野 泰照 Yasuteru Urano

  11. 寺崎 治 Osamu Terasaki

  12. ジョン・フェン John B. Fenn

  13. ウィリアム・モーナー William E. Moerner

  14. クラウス・ビーマン Klaus Biemann

  15. アレン・バード Allen J. Bard

  16. 黒田 玲子 Reiko Kuroda

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 不斉触媒研究論文引用回数、東大柴崎教授が世界1位
  2. 【ケムステSlackに訊いて見た④】化学系学生の意外な就職先?
  3. 大学の講義を無料聴講! Academic Earth & Youtube EDU
  4. 松原 亮介 Ryosuke Matsubara
  5. NMRの測定がうまくいかないとき
  6. Nature Chemistry誌のインパクトファクターが公開!
  7. 典型元素触媒による水素を還元剤とする第一級アミンの還元的アルキル化

注目情報

最新記事

材料開発の未来とロードマップ -「人の付加価値を高めるインフォマティクスとロボティクス」-

 申込みはこちら■セミナー概要本動画は、20022年11月11日に開催された共催セミナーで弊…

第58回「新しい分子が世界を変える力を信じて」山田容子 教授

第58回目の研究者インタビューです! 今回は第36回ケムステVシンポ「光化学最前線2023」の講演者…

始めよう!3Dプリンターを使った実験器具DIY:準備・お手軽プリント編

オリジナルの実験器具を3Dプリンターで作る企画を始めました。第一弾として3Dプリンターの導入と試しに…

第16回日本化学連合シンポジウム「withコロナ時代における化学への期待」

およそ3年間に渡る新型コロナウイルス感染症の蔓延により、経済、文化、研究、社会活動のすべてが大きなダ…

アカデミアケミストがパパ育休を取得しました!

こんにちは、こんばんは、おはようございます、Macyこと九大院薬 助教の寄立麻琴です。タイトルに…

PAGE TOP