[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース分析化学

  1. アダム・コーエン Adam E. Cohen

    アダム・エズラ・コーエン (Adam Ezra Cohen、1979年5月30日(ニューヨーク市生)-)は、米国の化学者・ケミカルバイオロジスト・物理学者。ハーバード大学教授、ハワード・ヒューズ医科研究所Investigator。(写真: …

  2. クルト・ヴュートリッヒ Kurt Wüthrich

    クルト・ヴュートリッヒ(Kurt Wüthrich, 1938年10月4日–)は、スイス出身の化学者…

  3. デヴィッド・クレネマン David Klenerman

    デヴィッド・クレネマン (David Klenerman、1959年9月9日(イギリス生)-)は、イ…

  4. シャンカー・バラスブラマニアン Shankar Balasubramanian

    シャンカー・バラスブラマニアン(Shanker Balasubramanian、1966年9月30日…

  5. 浦野 泰照 Yasuteru Urano

    浦野 泰照(うらの やすてる、1967年xx月xx日-)は日本の有機化学者である。東京大学大学院薬学…

  6. 寺崎 治 Osamu Terasaki

  7. ジョン・フェン John B. Fenn

  8. ウィリアム・モーナー William E. Moerner

  9. クラウス・ビーマン Klaus Biemann

  10. アレン・バード Allen J. Bard

  11. 黒田 玲子 Reiko Kuroda

  12. リヒャルト・エルンスト Richard R. Ernst

  13. リチャード・ゼア Richard N. Zare

  14. マリウス・クロア G. Marius Clore

  15. アハメド・ズウェイル Ahmed H. Zewail

  16. 田中耕一 Koichi Tanaka

スポンサー

ピックアップ記事

  1. リチウムにビリリとしびれた芳香環
  2. シクロプロパンの数珠つなぎ
  3. 日本のお家芸、糖転移酵素を触媒とするための簡便糖ドナー合成法
  4. 触媒量の金属錯体でリビング開環メタセシス重合を操る
  5. 「人工金属酵素によるSystems Catalysisと細胞内触媒反応」University of Basel, T. R. Ward研より
  6. 有機レドックスフロー電池 (ORFB)の新展開:オリゴマー活物質の利用
  7. 第37回 糖・タンパク質の化学から生物学まで―Ben Davis教授

注目情報

最新記事

年収で内定受諾を決定する際のポイントとは

転職活動の終盤で複数の企業から内定を獲得した際、「年収が決め手となって内定を受諾…

安定なケトンのケイ素類縁体“シラノン”の合成 ケイ素—酸素2重結合の構造と性質

第214回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科化学専攻(岩本研究室)・小林 良さんに…

99.7%の精度で偽造ウイスキーを見抜ける「人工舌」が開発される

 まるで人間の舌のように偽造ウイスキーを見抜くことができる小型のセンサーが開発されました。このセンサ…

天然のナノチューブ「微小管」の中にタンパク質を入れると何が起こる?

第213回のスポットライトリサーチは、鳥取大学大学院 工学研究科・稲葉 央 助教にお願いしました。…

有機合成化学協会誌2019年8月号:パラジウム-フェナントロリン触媒系・環状カーボネート・素粒子・分子ジャイロコマ・テトラベンゾフルオレン・海洋マクロリド

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年8月号がオンライン公開されました。ひ…

PAGE TOP