[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース分析化学

  1. 角田 佳充 Yoshimitsu Kakuta

    角田 佳充(かくた よしみつ)は、タンパク質の構造解析を研究している日本の高分子化学者である。九州大学大学院 農学研究院・教授。第28回ケムステVシンポ講師経歴1990年               北海道大学理学部 高…

  2. 原野 幸治 Koji Harano

    原野 幸治 (はらの こうじ)は、日本の有機化学者である。物質・材料研究機構 先端材料解析研…

  3. 佐藤しのぶ ShinobuSato

    佐藤しのぶ (さとう しのぶ)は、日本の化学者である。専門はバイオ分析化学。2021年現在、九州工業…

  4. 佐伯 昭紀 Akinori Saeki

    佐伯 昭紀(さえき あきのり、1977年―)は、日本の物理化学者である。専門分野…

  5. アダム・コーエン Adam E. Cohen

    アダム・エズラ・コーエン (Adam Ezra Cohen、1979年5月30日(ニューヨーク市生)…

  6. クルト・ヴュートリッヒ Kurt Wüthrich

  7. デヴィッド・クレネマン David Klenerman

  8. シャンカー・バラスブラマニアン Shankar Balasubramanian

  9. 浦野 泰照 Yasuteru Urano

  10. 寺崎 治 Osamu Terasaki

  11. ジョン・フェン John B. Fenn

  12. ウィリアム・モーナー William E. Moerner

  13. クラウス・ビーマン Klaus Biemann

  14. アレン・バード Allen J. Bard

  15. 黒田 玲子 Reiko Kuroda

  16. リヒャルト・エルンスト Richard R. Ernst

スポンサー

ピックアップ記事

  1. カゴ型シルセスキオキサン「ヤヌスキューブ」の合成と構造決定
  2. ニホニウム: 超重元素・超重核の物理 (基本法則から読み解く物理学最前線 24)
  3. バルツ・シーマン反応 Balz-Schiemann Reaction
  4. 水中マクロラクタム化を加速する水溶性キャビタンド
  5. 配位子で保護された金クラスターの結合階層性の解明
  6. 常温常圧でのアンモニア合成の実現
  7. ツヴァイフェル オレフィン化 Zweifel Olefination

注目情報

最新記事

bassler ボニー・L.・バスラー Bonnie L. Bassler

ボニー・L.・バスラー (Bonnie Lynn Bassler , 1962年XX月XX日-)は、…

電子を閉じ込める箱: 全フッ素化キュバンの合成

第 423 回のスポットライトリサーチは、東京大学 工学系研究科 化学生命工学専…

プラズモンTLC:光の力でナノ粒子を自在に選別できる新原理クロマトグラフィー

第422回のスポットライトリサーチは、名古屋大学 大学院工学研究科 鳥本研究室の秋吉 一孝 (あきよ…

マテリアルズ・インフォマティクスの基礎知識とよくある誤解

開催日:2022/10/04 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

クオラムセンシング Quorum Sensing

クオラムセンシング (Quorum Sensing)とは、細菌が自己誘導因子 (autoinduce…

PAGE TOP