[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース分析化学

  1. 谷口 透 Tohru Taniguchi

    谷口透(たにぐちとおる)は、赤外円二色性(VCD)スペクトルや紫外-可視円二色性(ECD)スペクトルを活用し、分子の構造解析を研究している有機化学者である。北海道大学大学院先端生命科学研究院 講師第31回ケムステVシンポ 講師経…

  2. 角田 佳充 Yoshimitsu Kakuta

    角田 佳充(かくた よしみつ)は、タンパク質の構造解析を研究している日本の高分子化学者である。九…

  3. 原野 幸治 Koji Harano

    原野 幸治 (はらの こうじ)は、日本の有機化学者である。物質・材料研究機構 先端材料解析研…

  4. 佐藤しのぶ ShinobuSato

    佐藤しのぶ (さとう しのぶ)は、日本の化学者である。専門はバイオ分析化学。2021年現在、九州工業…

  5. 佐伯 昭紀 Akinori Saeki

    佐伯 昭紀(さえき あきのり、1977年―)は、日本の物理化学者である。専門分野…

  6. アダム・コーエン Adam E. Cohen

  7. クルト・ヴュートリッヒ Kurt Wüthrich

  8. デヴィッド・クレネマン David Klenerman

  9. シャンカー・バラスブラマニアン Shankar Balasubramanian

  10. 浦野 泰照 Yasuteru Urano

  11. 寺崎 治 Osamu Terasaki

  12. ジョン・フェン John B. Fenn

  13. ウィリアム・モーナー William E. Moerner

  14. クラウス・ビーマン Klaus Biemann

  15. アレン・バード Allen J. Bard

  16. 黒田 玲子 Reiko Kuroda

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 危険物取扱者:記事まとめ
  2. 様々な化学分野におけるAIの活用
  3. E-mail Alertを活用しよう!
  4. カーボンナノチューブ薄膜のSEM画像を生成し、物性を予測するAIが開発される
  5. エノールエーテルからα-三級ジアルキルエーテルをつくる
  6. がん治療用の放射性物質、国内で10年ぶり製造へ…輸入頼みから脱却
  7. 蛍光共鳴エネルギー移動(FRET)のドナーとして利用される蛍光色素

注目情報

最新記事

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

PAGE TOP