[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース分析化学

  1. アダム・コーエン Adam E. Cohen

    アダム・エズラ・コーエン (Adam Ezra Cohen、1979年5月30日(ニューヨーク市生)-)は、米国の化学者・ケミカルバイオロジスト・物理学者。ハーバード大学教授、ハワード・ヒューズ医科研究所Investigator。(写真: …

  2. クルト・ヴュートリッヒ Kurt Wüthrich

    クルト・ヴュートリッヒ(Kurt Wüthrich, 1938年10月4日–)は、スイス出身の化学者…

  3. デヴィッド・クレネマン David Klenerman

    デヴィッド・クレネマン (David Klenerman、1959年9月9日(イギリス生)-)は、イ…

  4. シャンカー・バラスブラマニアン Shankar Balasubramanian

    シャンカー・バラスブラマニアン(Shanker Balasubramanian、1966年9月30日…

  5. 浦野 泰照 Yasuteru Urano

    浦野 泰照(うらの やすてる、1967年xx月xx日-)は日本の有機化学者である。東京大学大学院薬学…

  6. 寺崎 治 Osamu Terasaki

  7. ジョン・フェン John B. Fenn

  8. ウィリアム・モーナー William E. Moerner

  9. クラウス・ビーマン Klaus Biemann

  10. アレン・バード Allen J. Bard

  11. 黒田 玲子 Reiko Kuroda

  12. リヒャルト・エルンスト Richard R. Ernst

  13. リチャード・ゼア Richard N. Zare

  14. マリウス・クロア G. Marius Clore

  15. アハメド・ズウェイル Ahmed H. Zewail

  16. 田中耕一 Koichi Tanaka

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ピーターソンオレフィン化 Peterson Olefination
  2. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(4)
  3. ヘキサン (hexane)
  4. 中国へ講演旅行へいってきました②
  5. 分子1つがレバースイッチとして働いた!
  6. コープ脱離 Cope Elimination
  7. 共役はなぜ起こる?

注目情報

最新記事

導電性ゲル Conducting Gels: 流れない流体に電気を流すお話

「液体のような」相と「固体のような」相、2つの相を持つゲルは様々な分野で用いられています。今回はその…

化学者のためのエレクトロニクス入門④ ~プリント基板業界で活躍する化学メーカー編~

bergです。化学者のためのエレクトロニクス入門と銘打ったこのコーナーも、今回で4回目となりました。…

第103回―「機能性分子をつくる有機金属合成化学」Nicholas Long教授

第103回の海外化学者インタビューは、ニック・ロング教授です。インペリアル・カレッジ・ロンドンの化学…

松原 亮介 Ryosuke Matsubara

松原亮介(まつばら りょうすけ MATSUBARA Ryosuke、1978-)は、日本の化学者であ…

CEMS Topical Meeting Online 超分子ポリマーの進化形

7月31日に理研CEMS主催で超分子ポリマーに関するオンライン講演会が行われるようです。奇しくも第7…

PAGE TOP