[スポンサーリンク]


ケムステニュース生化学

  1. 骨粗しょう症治療薬、乳がん予防効果も・米国立がん研究所

    米国立がん研究所は17日、米イーライリリー社の骨粗しょう症治療薬を閉経後の女性に投与した大規模臨床試験で、乳がんの予防効果がみられたことを明らかにした。 ラロキシフェンというこの薬は「エビスタ」の商品名で日本でも販売されている。乳がん治療薬…

  2. 劣性遺伝子押さえ込む メンデルの法則仕組み解明

    遺伝に関する「メンデルの法則」で、植物が"両親"からそれぞれ受け継いだ性質のうち優勢な一方だけ表れる…

  3. アルツハイマー原因物質、緑茶成分に抑制機能・埼玉医大など

    ?緑茶に含まれる渋み成分の1つ「エピガロカテキンガレート(EGCG)」に、アルツハイマー病の原因物…

  4. 『分子標的』に期待

    新しい抗がん剤が次々に登場し、標準的な治療がどんどん変わっている。なかでも薬が作用する部位を絞り込ん…

  5. アレルギー体に抑制力:岐阜薬科大学長ら発見

    花粉症やぜんそくなどのアレルギー症状に対し、ヒトの体には抑制する仕組みがあることを岐阜市立岐阜薬科…

  6. 緑茶成分テアニンに抗ストレス作用、太陽化学、名大が確認

  7. 傷んだ髪にタウリン…東工大などの研究で修復作用判明

  8. 半年服用で中性脂肪3割減 ビタミンPと糖の結合物質

  9. カシノナガキクイムシ集合フェロモンの化学構造を解明

  10. アルツハイマー病早期発見 磁気画像診断に新技術

  11. 1日1本の「ニンジン」でガン予防!?――ニンジンの効能が見直される

  12. 性フェロモン感じる遺伝子、ガで初発見…京大グループ

  13. 人工タンパク質、合成に成功 北陸先端大、エイズ薬剤開発に道

  14. 「田中さん惜しかった」--分解酵素「プロテアソーム」を精製

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第156回―「異種金属―有機構造体の創製」Stéphane Baudron教授
  2. 機械学習は、論文の流行をとらえているだけかもしれない:鈴木ー宮浦カップリングでのケーススタディ
  3. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】
  4. アゾベンゼンは光る!~新たな発光材料として期待~
  5. 蛍光色素を分子レベルで封止する新手法を開発! ~蛍光色素が抱える欠点を一挙に解決~
  6. 西林 仁昭 Yoshiaki Nishibayashi
  7. これならわかるNMR/二次元NMR

注目情報

最新記事

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

PAGE TOP