[スポンサーリンク]


ケムステニュース生化学

  1. 観客が分泌する化学物質を測定することで映画のレーティングが可能になるかもしれない

    映画には、年齢による鑑賞制限が設けられているものがあります。その制限は映画の内容に応じて各国の審査団体によって行われますが、その判断に対しては主観的になりがちだという指摘も存在します。ドイツのマックス・プランク化学研究所が、映画を見ている人…

  2. 潤滑剤なしで抜群の滑りを実現する「自己潤滑性XXドーム」が開発されている

    避妊や性感染症予防に有効な「XXドーム」は、装着したときの感覚が非常に重要です。その中でも「滑りやす…

  3. 大学発ベンチャー「アンジェスMG」イオン液体使った核酸医薬臨床試験開始

    アンジェスMG、アトピー性皮膚炎治療薬の第1相試験を開始 アンジェスMGは2…

  4. 「ペプチドリーム」東証マザーズ上場

    東大発VBのペプチドリーム、東証マザーズ上場-自社創薬に本腰(朝日新聞デジタル / 日刊工業…

  5. メタボ薬開発に道、脂肪合成妨げる化合物発見 京大など

     京都大学 物質-細胞システム統合拠点の上杉志成教授と東京大学の酒井寿郎教授らの…

  6. 細胞集め増やす化合物…京大化学研発見、再生医療活用に期待

  7. 細菌ゲノム、完全合成 米チーム「人工生命」に前進

  8. 2007年ノーベル医学・生理学賞発表

  9. 超高性能プラスチック、微生物で原料を生産

  10. 骨粗しょう症治療薬、乳がん予防効果も・米国立がん研究所

  11. 劣性遺伝子押さえ込む メンデルの法則仕組み解明

  12. アルツハイマー原因物質、緑茶成分に抑制機能・埼玉医大など

  13. 『分子標的』に期待

  14. アレルギー体に抑制力:岐阜薬科大学長ら発見

  15. 緑茶成分テアニンに抗ストレス作用、太陽化学、名大が確認

  16. 傷んだ髪にタウリン…東工大などの研究で修復作用判明

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アルケンのE/Zをわける
  2. 光で動くモーター 世界初、東工大教授ら開発
  3. メルク、途上国でエイズ抑制剤を20%値下げ
  4. 「遠隔位のC-H結合を触媒的に酸化する」―イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校・M.C.White研より
  5. ジョナス・ピータース Jonas C. Peters
  6. 有機触媒 / Organocatalyst
  7. 「超分子重合によるp-nヘテロ接合の構築」― インド国立学際科学技術研究所・Ajayaghosh研より

注目情報

最新記事

化学構造式描画のスタンダードを学ぼう!【応用編】

前回の【基本編】に引き続き、化学構造式描画の標準ガイドラインをご紹介します。“Graphical…

アジドの3つの窒素原子をすべて入れる

ホスフィン触媒を用い、アジド化合物とα,β-エノンからβ-アミノα-ジアゾカルボニル化合物を合成した…

工程フローからみた「どんな会社が?」~タイヤ編 その1

Tshozoです。今回の主役はゴムで出来ている車両用タイヤ。通勤時に道路で毎日目にするわりに…

感染制御ー薬剤耐性(AMR)ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

有機合成化学協会誌2019年1月号:大環状芳香族分子・多環性芳香族ポリケチド天然物・りん光性デンドリマー・キャビタンド・金属カルベノイド・水素化ジイソブチルアルミニウム

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年1月号がオンライン公開されました。今…

PAGE TOP