[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

ヒドロキシ基をスパッと(S)、カット(C)、して(S)、アルキル化

[スポンサーリンク]

α-ヒドロキシカルボン酸誘導体のα位アルキル化反応の開発に成功した。α-ヒドロキシカルボン酸誘導体がDMAP-ボリルラジカルで一電子還元される。続く炭素–酸素結合開裂に伴う、スピン中心移動(SCS)により生じたα-カルボニルラジカルがアルケンと反応する。

α-ヒドロキシカルボン酸のヒドロキシ基の変換

α-ヒドロキシカルボン酸は天然物に頻出する構造である。そのヒドロキシ基の変換により、様々なα-官能基化カルボニル化合物を合成できる。極性機構とラジカル機構があるが、ここではラジカル機構について述べる。例えば、炭素–酸素(C–O)結合を均等開裂すれば、α-カルボニルラジカルを生じ、様々な反応剤と反応できる。しかし、そのC–O結合の結合解離エネルギーは大きく、開裂は容易ではない。したがって、ヒドロキシ基を脱離容易な官能基(”活性基”, X)に変換し、炭素–活性基(C–X)結合を均等開裂させ、α-カルボニルラジカルを生成する手法が一般的であり、近年多くの脱酸素的官能基化が報告されている(図1A)[1]
一方で、本著者のWangらは最近、トリフルオロアセトアミドやトリフルオロ酢酸エステルの炭素–フッ素(C–F)結合の連続的なα位アルキル/水素化を開発した(図1B)[2]。強固なC–F結合の切断に成功した鍵に、スピン中心移動(Spin center shift: SCS)機構の利用がある。SCS機構ではまず、カルボニル基の一電子還元によりラジカル種を生成する。そのラジカル中間体から、フッ素アニオンの脱離とヘテロ原子Yからの電子供与により1,2-ラジカル移動(スピン中心移動)することでα-カルボニルラジカルとなる。これとアルケンや水素源を反応させることで、炭素–フッ素結合の官能基化が可能となった。
今回著者らは、この知見をもとに、直接に炭素–活性基(C–X)結合を均等開裂させない手法、つまり、SCS機構でα-ヒドロキシカルボン酸誘導体のC–O結合を切断し、α-カルボニルラジカルの生成を試みた(図1C)。その結果、弱い活性基(Z = Ac)でも、α-カルボニルラジカルの生成に成功し、未踏のα-ヒドロキシカルボン酸誘導体のアルキル化反応を開発した。

図1. (A) 炭素–酸素結合開裂の例 (B) 連続的α-炭素–フッ素結合の官能基化 (C) 本手法

 

“Dehydroxylative Alkylation of α-Hydroxy Carboxylic Acids Derivatives via a Spin-Center Shift”
Peng, T.-Y.; Xu, Z.-Y.; Zhang, F.-L.; Li, B.; Xu, W.-P.; Fu, Y.; Wang, Y.-F.
Angew. Chem., Int. Ed. 2022, Early View.
DOI: 10.1002/anie.202201329

論文著者の紹介

研究者:Feng-Lian Zhang
研究者の経歴:
2015 Ph.D., Nanyang Technological University, Singapore (Prof. S. Chiba)
2016–2019 Postdoc, University of Science and Technology of China, China (Prof. Y.-F. Wang)
2019– Research Assistant Professor, University of Science and Technology of China, China (Prof. Y.-F. Wang)
研究内容:ルイス塩基ホウ素ラジカルの新規反応性の解明

研究者:Yi-Feng Wang
研究者の経歴:
2003 B.S., Central China Normal University, China
2006 M.S., Nankai University, China (Prof. H. Yang)
2010 Ph.D., Nanyang Technological University, Singapore (Profs. K. Narasaka and S. Chiba)
2011–2015 Research Fellow, Nanyang Technological University, Singapore (Prof. S. Chiba)
2015– Professor, University of Science and Technology of China, China
研究内容:ルイス塩基ホウ素ラジカルの新規反応性の解明

研究者:Yao Fu
研究者の経歴:
2000 B.S., University of Science and Technology of China, China
2005 Ph.D., University of Science and Technology of China, China (Prof. G. Qingxiong)
2005–2010 Associate Professor, University of Science and Technology of China, China
2010– Professor, University of Science and Technology of China, China
研究内容:計算化学、遷移金属触媒を用いた有機合成、グリーンケミストリーにおける新規反応や触媒開発

論文の概要

4-ジメチルアミノピリジンボラン(DMAP-BH3)、1,2-ビス(tert-ブチルオキシ)ジアゼン(TBHN)、ベンゼンチオール(PhSH)存在下、アセトニトリル中、60 °Cでα-ヒドロキシカルボン酸誘導体(主にアミド、活性基はAcもしくはMs基)1に対し、アルケン2を作用させることで、アルキル化体3が得られる(図 2A)。本反応は乳酸から合成したアミドにも適用でき3aへと導いた。その他にコレステロール由来のアミド、マレイン酸由来のエステルもアルキル化により、それぞれ3b, 3cが得られた(Z=Ac)。α-ヒドロキシエステルの場合は、Z=Msとすることで、血管拡張薬cyclandelateのアルキル化も進行し3dを与えた。
反応機構はラジカルクロック実験やDFT計算により、次のように推定した。まず、DMAP-BH3とラジカル開始剤TBHNからDMAP-ボリルラジカルが生成し、1のカルボニルを一電子還元する。続くSCS機構により、α-カルボニルラジカル中間体を生じ、これがアルケン2と反応することで、アルキル化体3を与える。
本反応のDMAP-ボリルラジカルによる1のカルボニル基の一電子還元では、SOMO/LUMOエネルギーギャップが関与する(図2B)。アミド4とアルケン5を用いたα位アルキル化では、4の置換基R1、R2の電子求引性が強いほど、SOMO/LUMOエネルギーギャップは小さく、一電子還元が進行してSCS機構によりアルキル化体6を与える。なお、置換基R1をエステルにすると(電子求引性を高める)、よりSOMO/LUMOエネルギーギャップが小さくなり、OTs基やOMs基のみならず、OAc基の切断が可能になる(低収率ではあるがOH基も)。

図2. (A) 基質適用範囲(B) アミド4の置換基とSOMO/LUMOギャップの関係

以上著者らは、α-ヒドロキシカルボン酸のアルキル化を報告した。SCS機構を巧みに操ることで、さらなる不活性結合の官能基化が期待できる。

参考文献

  1. (a)Lutsker, E.; Reiser, O. Synthesis of Chiral Tetrahydrofurans and Pyrrolidines by Visible-Light-Mediated Deoxygenation. J. Org. Chem. 2017, 2017, 2130–2138. DOI: 10.1002/ejoc.201700014 (b) Rackl, D.; Kais, V.; Kreitmeier, P.; Reiser, O. Visible Light Photoredox-Catalyzed Deoxygenation of Alcohols. Beilstein J. Org. Chem. 2014, 10, 2157–2165. DOI: 10.3762/bjoc.10.223 (c) Cai, A.; Yan, W.; Liu, W. Aryl Radical Activation of C–O Bonds: Copper-Catalyzed Deoxygenative Difluoromethylation of Alcohols. J. Am. Chem. Soc. 2021, 143, 9952−9960. DOI: 10.1021/jacs.1c04254 (d) Dong, Z.; MacMillan, D. W. C. Metallaphotoredox-enabled Deoxygenative Arylation of Alcohols. Nature 2021, 598, 451−456. DOI: 10.1038/s41586-021-03920-6 (e) Gao, M.; Sun, D.; Gong, H. Ni-Catalyzed Reductive C–O Bond Arylation of Oxalates Derived from α-Hydroxy Esters with Aryl Halides. Org. Lett. 2019, 21, 1645–1648. DOI: 10.1021/acs.orglett.9b00174 (f) Monteith, J. J.; Rousseaux, S. A. L. Ni-Catalyzed C(sp3)–O Arylation of α-Hydroxy Esters. Org. Lett. 2021, 23, 9485–9489. DOI: 10.1021/acs.orglett.1c03674 (g) Ran, C.-K.; Niu, Y.-N.; Song, L.; Wei, M.-K.; Cao, Y.-F.; Luo, S.-P.; Yu, Y.-M.; Liao, L.-L.; Yu, D.-G. Visible-Light PhotoredoxCatalyzed Carboxylation of Activated C(sp3 )–O Bonds with CO2. ACS Catal. 2022, 12, 18–24. DOI: 10.1021/acscatal.1c04921
  2. Yu, Y. J.; Zhang, F. L.; Peng, T. Y.; Wang, C. L.; Cheng, J.; Chen, C.; Houk, K. N.; Wang, Y.-F. Sequential C–F Bond Functionalizations of Trifluoroacetamides and Acetates via Spin-center Shifts. Science 2021, 371, 1232– DOI: 10.1126/science.abg0781

山口 研究室

投稿者の記事一覧

早稲田大学山口研究室の抄録会からピックアップした研究紹介記事。

関連記事

  1. 3日やったらやめられない:独自配位子開発と応用
  2. Carl Boschの人生 その2
  3. 新アルゴリズムで量子化学的逆合成解析の限界突破!~未知反応をコン…
  4. 酵素の真実!?
  5. 第39回ケムステVシンポ「AIが拓く材料開発の最前線」を開催しま…
  6. 日本薬学会  第143年会 付設展示会ケムステキャンペーン Pa…
  7. アカデミアからバイオベンチャーへ 40代の挑戦を成功させた「ビジ…
  8. The Journal of Unpublished Chemi…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Macユーザーに朗報!ChemDrawとWordが相互貼付可能に!
  2. デイヴィット・ベイカー David Baker
  3. フェネストレンの新規合成法
  4. 多置換ケトンエノラートを立体選択的につくる
  5. TED.comで世界最高の英語プレゼンを学ぶ
  6. 三菱化学の4‐6月期営業利益は前年比+16.1%
  7. 第17回ケムステVシンポ『未来を拓く多彩な色素材料』を開催します!
  8. 有機合成のナビゲーター
  9. ビタミンと金属錯体から合成した人工の酵素
  10. トリメチレンメタン付加環化 Trimethylenemethane(TMM) Cycloaddition

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

注目情報

最新記事

ケムステSlackが開設5周年を迎えました!

日本初の化学専用オープンコミュニティとして発足した「ケムステSlack」が、めで…

人事・DX推進のご担当者の方へ〜研究開発でDXを進めるには

開催日:2024/07/24 申込みはこちら■開催概要新たな技術が生まれ続けるVUCAな…

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

分子研「第139回分子科学フォーラム」に参加してみた

bergです。この度は2024年7月3日(水)にオンラインにて開催された、自然科学研究機構 分子科学…

光の色で反応性が変わる”波長選択的”な有機光触媒

照射する可視光の波長によって異なる反応性を示す、新規可視光レドックス触媒反応が開発された。赤色光照射…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP