[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

ヒドロキシ基をスパッと(S)、カット(C)、して(S)、アルキル化

[スポンサーリンク]

α-ヒドロキシカルボン酸誘導体のα位アルキル化反応の開発に成功した。α-ヒドロキシカルボン酸誘導体がDMAP-ボリルラジカルで一電子還元される。続く炭素–酸素結合開裂に伴う、スピン中心移動(SCS)により生じたα-カルボニルラジカルがアルケンと反応する。

α-ヒドロキシカルボン酸のヒドロキシ基の変換

α-ヒドロキシカルボン酸は天然物に頻出する構造である。そのヒドロキシ基の変換により、様々なα-官能基化カルボニル化合物を合成できる。極性機構とラジカル機構があるが、ここではラジカル機構について述べる。例えば、炭素–酸素(C–O)結合を均等開裂すれば、α-カルボニルラジカルを生じ、様々な反応剤と反応できる。しかし、そのC–O結合の結合解離エネルギーは大きく、開裂は容易ではない。したがって、ヒドロキシ基を脱離容易な官能基(”活性基”, X)に変換し、炭素–活性基(C–X)結合を均等開裂させ、α-カルボニルラジカルを生成する手法が一般的であり、近年多くの脱酸素的官能基化が報告されている(図1A)[1]
一方で、本著者のWangらは最近、トリフルオロアセトアミドやトリフルオロ酢酸エステルの炭素–フッ素(C–F)結合の連続的なα位アルキル/水素化を開発した(図1B)[2]。強固なC–F結合の切断に成功した鍵に、スピン中心移動(Spin center shift: SCS)機構の利用がある。SCS機構ではまず、カルボニル基の一電子還元によりラジカル種を生成する。そのラジカル中間体から、フッ素アニオンの脱離とヘテロ原子Yからの電子供与により1,2-ラジカル移動(スピン中心移動)することでα-カルボニルラジカルとなる。これとアルケンや水素源を反応させることで、炭素–フッ素結合の官能基化が可能となった。
今回著者らは、この知見をもとに、直接に炭素–活性基(C–X)結合を均等開裂させない手法、つまり、SCS機構でα-ヒドロキシカルボン酸誘導体のC–O結合を切断し、α-カルボニルラジカルの生成を試みた(図1C)。その結果、弱い活性基(Z = Ac)でも、α-カルボニルラジカルの生成に成功し、未踏のα-ヒドロキシカルボン酸誘導体のアルキル化反応を開発した。

図1. (A) 炭素–酸素結合開裂の例 (B) 連続的α-炭素–フッ素結合の官能基化 (C) 本手法

 

“Dehydroxylative Alkylation of α-Hydroxy Carboxylic Acids Derivatives via a Spin-Center Shift”
Peng, T.-Y.; Xu, Z.-Y.; Zhang, F.-L.; Li, B.; Xu, W.-P.; Fu, Y.; Wang, Y.-F.
Angew. Chem., Int. Ed. 2022, Early View.
DOI: 10.1002/anie.202201329

論文著者の紹介

研究者:Feng-Lian Zhang
研究者の経歴:
2015 Ph.D., Nanyang Technological University, Singapore (Prof. S. Chiba)
2016–2019 Postdoc, University of Science and Technology of China, China (Prof. Y.-F. Wang)
2019– Research Assistant Professor, University of Science and Technology of China, China (Prof. Y.-F. Wang)
研究内容:ルイス塩基ホウ素ラジカルの新規反応性の解明

研究者:Yi-Feng Wang
研究者の経歴:
2003 B.S., Central China Normal University, China
2006 M.S., Nankai University, China (Prof. H. Yang)
2010 Ph.D., Nanyang Technological University, Singapore (Profs. K. Narasaka and S. Chiba)
2011–2015 Research Fellow, Nanyang Technological University, Singapore (Prof. S. Chiba)
2015– Professor, University of Science and Technology of China, China
研究内容:ルイス塩基ホウ素ラジカルの新規反応性の解明

研究者:Yao Fu
研究者の経歴:
2000 B.S., University of Science and Technology of China, China
2005 Ph.D., University of Science and Technology of China, China (Prof. G. Qingxiong)
2005–2010 Associate Professor, University of Science and Technology of China, China
2010– Professor, University of Science and Technology of China, China
研究内容:計算化学、遷移金属触媒を用いた有機合成、グリーンケミストリーにおける新規反応や触媒開発

論文の概要

4-ジメチルアミノピリジンボラン(DMAP-BH3)、1,2-ビス(tert-ブチルオキシ)ジアゼン(TBHN)、ベンゼンチオール(PhSH)存在下、アセトニトリル中、60 °Cでα-ヒドロキシカルボン酸誘導体(主にアミド、活性基はAcもしくはMs基)1に対し、アルケン2を作用させることで、アルキル化体3が得られる(図 2A)。本反応は乳酸から合成したアミドにも適用でき3aへと導いた。その他にコレステロール由来のアミド、マレイン酸由来のエステルもアルキル化により、それぞれ3b, 3cが得られた(Z=Ac)。α-ヒドロキシエステルの場合は、Z=Msとすることで、血管拡張薬cyclandelateのアルキル化も進行し3dを与えた。
反応機構はラジカルクロック実験やDFT計算により、次のように推定した。まず、DMAP-BH3とラジカル開始剤TBHNからDMAP-ボリルラジカルが生成し、1のカルボニルを一電子還元する。続くSCS機構により、α-カルボニルラジカル中間体を生じ、これがアルケン2と反応することで、アルキル化体3を与える。
本反応のDMAP-ボリルラジカルによる1のカルボニル基の一電子還元では、SOMO/LUMOエネルギーギャップが関与する(図2B)。アミド4とアルケン5を用いたα位アルキル化では、4の置換基R1、R2の電子求引性が強いほど、SOMO/LUMOエネルギーギャップは小さく、一電子還元が進行してSCS機構によりアルキル化体6を与える。なお、置換基R1をエステルにすると(電子求引性を高める)、よりSOMO/LUMOエネルギーギャップが小さくなり、OTs基やOMs基のみならず、OAc基の切断が可能になる(低収率ではあるがOH基も)。

図2. (A) 基質適用範囲(B) アミド4の置換基とSOMO/LUMOギャップの関係

以上著者らは、α-ヒドロキシカルボン酸のアルキル化を報告した。SCS機構を巧みに操ることで、さらなる不活性結合の官能基化が期待できる。

参考文献

  1. (a)Lutsker, E.; Reiser, O. Synthesis of Chiral Tetrahydrofurans and Pyrrolidines by Visible-Light-Mediated Deoxygenation. J. Org. Chem. 2017, 2017, 2130–2138. DOI: 10.1002/ejoc.201700014 (b) Rackl, D.; Kais, V.; Kreitmeier, P.; Reiser, O. Visible Light Photoredox-Catalyzed Deoxygenation of Alcohols. Beilstein J. Org. Chem. 2014, 10, 2157–2165. DOI: 10.3762/bjoc.10.223 (c) Cai, A.; Yan, W.; Liu, W. Aryl Radical Activation of C–O Bonds: Copper-Catalyzed Deoxygenative Difluoromethylation of Alcohols. J. Am. Chem. Soc. 2021, 143, 9952−9960. DOI: 10.1021/jacs.1c04254 (d) Dong, Z.; MacMillan, D. W. C. Metallaphotoredox-enabled Deoxygenative Arylation of Alcohols. Nature 2021, 598, 451−456. DOI: 10.1038/s41586-021-03920-6 (e) Gao, M.; Sun, D.; Gong, H. Ni-Catalyzed Reductive C–O Bond Arylation of Oxalates Derived from α-Hydroxy Esters with Aryl Halides. Org. Lett. 2019, 21, 1645–1648. DOI: 10.1021/acs.orglett.9b00174 (f) Monteith, J. J.; Rousseaux, S. A. L. Ni-Catalyzed C(sp3)–O Arylation of α-Hydroxy Esters. Org. Lett. 2021, 23, 9485–9489. DOI: 10.1021/acs.orglett.1c03674 (g) Ran, C.-K.; Niu, Y.-N.; Song, L.; Wei, M.-K.; Cao, Y.-F.; Luo, S.-P.; Yu, Y.-M.; Liao, L.-L.; Yu, D.-G. Visible-Light PhotoredoxCatalyzed Carboxylation of Activated C(sp3 )–O Bonds with CO2. ACS Catal. 2022, 12, 18–24. DOI: 10.1021/acscatal.1c04921
  2. Yu, Y. J.; Zhang, F. L.; Peng, T. Y.; Wang, C. L.; Cheng, J.; Chen, C.; Houk, K. N.; Wang, Y.-F. Sequential C–F Bond Functionalizations of Trifluoroacetamides and Acetates via Spin-center Shifts. Science 2021, 371, 1232– DOI: 10.1126/science.abg0781

山口 研究室

投稿者の記事一覧

早稲田大学山口研究室の抄録会からピックアップした研究紹介記事。

関連記事

  1. ほぅ、そうか!ハッとするC(sp3)–Hホウ素化
  2. 生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:…
  3. 「アニオン–π触媒の開発」–ジュネーブ大学・Matile研より
  4. 魅惑の薫り、漂う香り、つんざく臭い
  5. 分子研オープンキャンパス2022 参加登録受付中!
  6. テクノシグマのミニオイルバス MOB-200 を試してみた
  7. フラーレンが水素化触媒に???
  8. アメリカで Ph.D. を取る -Visiting Weeken…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機化合物のスペクトルによる同定法―MS,IR,NMRの併用 (第7版)
  2. 1-ブチル-3-メチルイミダゾリウムヘキサフルオロホスファート:1-Butyl-3-methylimidazolium Hexafluorophosphate
  3. 極小の「分子ペンチ」開発
  4. ルーシェ還元 Luche Reduction
  5. ノーベル賞への近道?ー研究室におけるナレッジマネジメントー
  6. 第五回 化学の力で生物システムを制御ー浜地格教授
  7. 治療応用を目指した生体適合型金属触媒:② 細胞外基質・金属錯体を標的とする戦略
  8. Lead Optimization for Medicinal Chemists
  9. ベンジルオキシカルボニル保護基 Cbz(Z) Protecting Group
  10. 第37回反応と合成の進歩シンポジウムに参加してきました。

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

注目情報

注目情報

最新記事

二酸化炭素をほとんど排出せず、天然ガスから有用化学品を直接合成

第396回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院工学系研究科 応用化学専攻 山口研究室の和知 …

「mihub」を活用したマテリアルズインフォマティクスの実践 -実験条件の最適化を促すための活用ケース-

開催日:2022/07/13 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

【7/28開催】第3回TCIオンラインセミナー 「動物透明化試薬ウェビナー CUBICの基礎と実例」

第3回TCIオンラインセミナーを開催いたします。現在、動物透明化技術は注目の手技です。本セミ…

金属アルコキシドに新たなファミリー!Naでも切れない絆

アルカリ金属と1-アダマンタノール (HOAd1)の混合により、平面三角形構造かつ未還元のヒドロキシ…

理工系のAI英作文術

概要英語が苦手な人でもAI自動翻訳を使えば、短時間で英語が得意な人に匹敵する英文が書…

Ni(0)/SPoxIm錯体を利用した室温におけるCOの可逆的化学吸着反応

第395回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院 工学研究科 (生越研究室)・山内泰宏さんにお願…

第27回ケムステVシンポ『有機光反応の化学』を開催します!

7月に入り、いよいよ日差しが強まって夏本格化という時期になりました。光のエネルギーを肌で感じられます…

国内最大級の研究者向けDeepTech Company Creation Program「BRAVE FRONTIER」 2022年度の受付開始 (7/15 〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

イミンアニオン型Smiles転位によるオルトヒドロキシフェニルケチミン合成法の開発

第394回のスポットライトリサーチは、東京農工大学 大学院工学府 応用化学専攻 森研究室の神野 峻輝…

マテリアルズ・インフォマティクスで用いられる統計[超入門]-研究者が0から始めるデータの見方・考え方-

開催日:2022/07/06 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP