[スポンサーリンク]

ケムステニュース

傷んだ髪にタウリン…東工大などの研究で修復作用判明

[スポンサーリンク]

タウリン 魚介類などに多く含まれるアミノ酸の一種、タウリンに、傷んだ髪を健康な状態に修復する働きがあることを、毛染めメーカーのホーユー(本社・名古屋市)と東工大大学院の西敏夫教授らの研究グループが突き止めた。

 タウリンは疲労回復などに効果があるとして栄養ドリンクなどにも使われているが、毛髪に対する修復作用が明らかになったのは初めて。研究成果は、25日から横浜市で始まった高分子学会で発表される。 (引用:
読売新聞

 

ファイトー一発!などの栄養ドリンクに1000mg含まれているタウリン(今ではもっと含まれているものもありますね。)非常に簡単な構造をしていますが、髪に効くなんて・・・。どのように効くんですかね。

最近のミノキジルアデノシン配合の育毛剤に続いてタウリン配合の育毛剤が登場するのでしょうか?
 
関連書籍
 
タウリン1000mgへの道―迷解CM単語辞典
 
う~む、深い、深すぎるゥ!!CM単語にはそーゆーワケがあったのか。コマーシャリズムの玄妙な味わいをあなたに。
 


発毛・育毛の新常識―これだけ知っていればハゲになりません!
 
多くの壮年、中年男性にとって脱毛は頭を悩ます問題。正しいヘアケアを行っていればハゲにはならない、と言い切る著者が、モニターにより実証された正しいヘアケアをわかりやすく紹介する。
 
関連リンク
 
何はともあれ育毛剤
 
大正製薬製品情報 


webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. <理研研究員>「論文3本」の実験データ改ざん
  2. 2008年ウルフ賞受賞者発表
  3. 『分子科学者がいどむ12の謎』
  4. 2009年ノーベル賞受賞者会議:会議の一部始終をオンラインで
  5. 化学大手9月中間 三井化学と旭化成が経常減益
  6. 8億4400万円で和解 青色LED発明対価訴訟
  7. 大阪近海のアサリから麻痺性貝毒が検出される
  8. 砂糖から透明樹脂、大阪府立大などが開発に成功

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 物質科学を学ぶ人の空間群練習帳
  2. 細孔内単分子ポリシラン鎖の特性解明
  3. 非平衡な外部刺激応答材料を「自律化」する
  4. 2014年ノーベル賞受賞者は誰に?ートムソン・ロイター引用栄誉賞2014発表ー
  5. セミナー/講義資料で最先端化学を学ぼう!【有機合成系・2016版】
  6. 化学 美しい原理と恵み (サイエンス・パレット)
  7. がん細胞をマルチカラーに光らせる
  8. 天然物の構造改訂:30年間信じられていた立体配置が逆だった
  9. 植物改良の薬開発 金大・染井教授 根を伸ばす薬剤や、落果防止のものも
  10. キラルアニオン相間移動-パラジウム触媒系による触媒的不斉1,1-ジアリール化反応

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

アカデミックから民間企業へ転職について考えてみる 第三回

カデミックから民間企業へ転職した場合、入社後にギャップを感じる人が少なからずいます。もちろん、どんな…

第142回―「『理想の有機合成』を目指した反応開発と合成研究」山口潤一郎 教授

第142回の化学者インタビューは日本から、皆さんご存じ、山口潤一郎教授の登場です。名古屋大学理学部化…

【書籍】ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学

今月発売された『ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学』(佐々木 健夫 著,コロナ社)という書籍を…

重水は甘い!?

同位体はある元素、すなわち同一の原子番号をもつ原子核において、中性子数の異なる核種のことをいいますね…

人物でよみとく化学

概要化学の歴史をつくった約50人を収録。高校・大学の化学の勉強に役立つ16テーマをあつかい、…

金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)

概要金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)は、金属ナトリウムの微粒…

アクセラレーションプログラム 「BRAVE 2021 Spring」 参加チームのエントリー受付中!(5/10〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

赤キャベツから新しい青色天然着色料を発見 -青色1号に代わる美しく安定なアントシアニン色素-

青の食品着色料として広く使われる化学合成の「青色1号」とほぼ同じ色で、長期保存時の安定性に優れた天然…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP