[スポンサーリンク]

ケムステニュース

アルツハイマー原因物質、緑茶成分に抑制機能・埼玉医大など

エピガロカテキンガレート?緑茶に含まれる渋み成分の1つ「エピガロカテキンガレート(EGCG)」に、アルツハイマー病の原因物質とされるベータアミロイドが脳内でつくられるのを抑える作用を見つけたと、森隆埼玉医大助教授と米サウスフロリダ大などのチームが21日、米科学誌に発表した。

 人のアルツハイマー病を再現したマウスなどの実験で明らかにした。抗がん効果も期待されているEGCGが将来、アルツハイマー病の予防や治療に使える可能性を示す結果だとしている。(引用:日本経済新聞

?

 エピガロカテキンガレート(EGCG)にベータアミロイド生産抑制効果があるという報告です。カテキンはよく知られていて最近ではほとんどの人が知っていると思いますが、ポリフェーノール類の一種です。エピガロカテキンガレートのエピとはガロカテキンガレートの1つの不斉中心が逆であることを意味しています。(今回は図の赤い部分)つまりエピガロカテキンガレートとガロカテキンガレートはジアステレオマーの関係にあります。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 有機化学美術館へようこそ ~分子の世界の造形とドラマ
  2. L・スターンバック氏死去 精神安定剤開発者
  3. 『分子標的』に期待
  4. 三井化学、機能性ポリマーのウェブサイト始動
  5. 114番元素生成の追試に成功
  6. 「抗菌」せっけん、効果は「普通」…米FDA
  7. 塩野義 抗インフルエンザ薬を承認申請
  8. 三共・第一製薬の完全統合、半年程度前倒しを検討

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 永田試薬 Nagata Reagent
  2. メラニー・サンフォード Melanie S. Sanford
  3. 光電変換機能を有するナノシートの合成
  4. ノーベル医学生理学賞、米の2氏に
  5. R・スモーリー氏死去 米国のノーベル賞化学者
  6. 原田 明 Akira Harada
  7. ニトログリセリン / nitroglycerin
  8. 同位体効果の解釈にはご注意を!
  9. Reaxys無料トライアル実施中!
  10. 「一家に1枚」ポスターの企画募集

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP