[スポンサーリンク]

ケムステニュース

アルツハイマー病早期発見 磁気画像診断に新技術

脳に蓄積しアルツハイマー病を引き起こすアミロイドという物質に結合する化合物を理化学研究所脳科学総合研究センター(埼玉県和光市)と同仁化学研究所(熊本県益城町)のチームが開発、13日付の米科学誌ネイチャーニューロサイエンス電子版に発表した。

 化合物が結合したアミロイドは磁気共鳴画像装置(MRI)で簡単に識別できるため、現在の技術では難しい発症前の診断が可能になるという。(引用:神戸新聞)

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 凸版印刷、有機ELパネル開発
  2. 呉羽化学に課徴金2億6000万円・価格カルテルで公取委
  3. 2007年ノーベル医学・生理学賞発表
  4. ユニバーサル・フェーズセパレーター発売
  5. 国際化学オリンピック開幕間近:今年は日本で開催!
  6. タミフル、化学的製造法を開発…スイス社と話し合いへ
  7. <理研研究員>「論文3本」の実験データ改ざん
  8. 112番元素が正式に周期表の仲間入り

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 難溶性多糖の成形性を改善!新たな多糖材料の開発に期待!
  2. ネオ元素周期表
  3. コールマン試薬 Collman’s Reagent
  4. 同位体効果の解釈にはご注意を!
  5. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑤(解答編)
  6. 化学者たちの感動の瞬間―興奮に満ちた51の発見物語
  7. 最後に残ったストリゴラクトン
  8. 日本電子の米国法人、有機物を非破壊検出できるイオン源を開発
  9. 独メルク、電子工業用薬品事業をBASFに売却
  10. 有機ナノチューブの新規合成法の開発

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

二重芳香族性を示す化合物の合成に成功!

第170回目のスポットライトリサーチは、埼玉大学大学院理工学研究科・古川 俊輔 助教にお願いしました…

専門家要らず?AIによる圧倒的高速なスペクトル解釈

第169回目のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科博士課程・清原慎さんにお願いしまし…

日本プロセス化学会2018ウインターシンポジウム

ご案内日本プロセス化学会(JSPC)が年2回主催するシンポジウムは、最新のプロセス化学の知識を習…

フラーレンの“籠”でH2O2を運ぶ

過酸化水素分子内包フラーレン誘導体を、大気圧・室温条件下で合成する方法が開発された。分子内包フラ…

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

PAGE TOP