[スポンサーリンク]


ケムステニュース材料

  1. 光熱変換材料を使った自己修復ポリマーの車体コーティングへの活用

    韓国化学研究院(KRICT)はこのほど、太陽光の下に30分置いておくだけで、車体の傷を自己修復できる新たなコーティング技術の開発に成功したと発表しました。 (引用:ナゾロジー8月10日)開発された素材を自動車にコーティングすると、車…

  2. 偶然生まれた新しい青色「YInMnブルー」の油絵具が日本で限定発売される

    2009年、オレゴン州立大学にて電子工学の実験で偶然生まれた新しい青色の顔料「YInMnブルー」…

  3. 身近な食品添加物の組み合わせが砂漠の水不足を解決するかもしれない

    コンニャクの主成分のグルコマンナンを使い、1kg当たりたった2ドル(約250円)と安価でありながら1…

  4. パラジウムの市場価格が過去最高値を更新。ケミストへの影響は?

    パラジウム (Pd) の先物市場価格が過去最高値をつけています。ケムステでは 201…

  5. 世界初 もみ殻からLEDを開発!~オレンジ色に発光するシリコン量子ドットLED~

    広島大学の寺田詩歩氏(理学研究科 博士課程前期修了)、植田朋乃可氏(先進理工系科学研究科 博士課程前…

  6. 水溶性ニッケル塩を利用したグリーンな銅ナノ粒子合成法の開発

  7. 自己多層乳化を用いたマトリョーシカ微粒子の調製 〜油と水を混ぜてすぐ固めるだけ〜

  8. 海外で開発された強靭なソフトマテリアル

  9. 力を受けると蛍光性分子を放出する有機過酸化物

  10. カーボンナノチューブ薄膜のSEM画像を生成し、物性を予測するAIが開発される

  11. 三洋化成の新分野への挑戦

  12. 海水から微量リチウムを抽出、濃縮できる電気化学セルを開発

  13. 昭和電工、異種材接合技術を開発

  14. “加熱しない”短時間窒化プロセスの開発 -チタン合金の多機能化を目指して-

  15. 日本で始まる最先端半導体の開発 ~多くの素材メーカーが参画~

  16. 三井化学が進める異業種との協業

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 分子構造を 3D で観察しよう (1)
  2. 実験する時の服装(企業研究所)
  3. 鈴木・宮浦クロスカップリング Suzuki-Miyaura Cross Coupling
  4. 2002年ノーベル化学賞『生体高分子の画期的分析手法の開発』
  5. アミロイド認識で活性を示す光触媒の開発:アルツハイマー病の新しい治療法へ
  6. アルキルラジカルをトリフルオロメチル化する銅錯体
  7. 米のヒ素を除きつつ最大限に栄養を維持する炊き方が解明

注目情報

最新記事

複雑なモノマー配列を持ったポリエステル系ブロックポリマーをワンステップで合成

第445回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院工学研究院 応用化学部門 高分子化学研究室(…

河崎 悠也 Yuuya Kawasaki

河崎 悠也 (かわさき ゆうや) は、日本の有機化学者。九州大学先導物質化学研究所 …

研究者1名からでも始められるMIの検討-スモールスタートに取り組む前の3つのステップ-

開催日:2022/12/07  申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の…

吉田 優 Suguru Yoshida

 吉田 優(よしだ すぐる)は、日本の化学者。専門は、有機合成化学、ケミカルバイオロジー。2…

小山 靖人 Yasuhito Koyama

小山 靖人(こやま やすひと)は、日本の有機化学者。富山県立大学工学部医薬品工学…

PAGE TOP