[スポンサーリンク]


ケムステニュース材料

  1. 帝人、EV向けメンブレンのラインを拡充

    6日、テイジンはEV他を背景とするバッテリー需要に対応するため、松山事業所の生産設備の増強し微多孔膜「ミライム(miraim)」の量産工場を2018年中に稼働させると発表した。 (引用:2月6日Response)ミライムはテイジンが開発…

  2. 房総半島沖350キロに希少金属 広範囲に

    海洋研究開発機構(JAMSTEC)などは5日、レアメタル(希少金属)を多く含む海底岩石「コバルトリッ…

  3. 核のごみを貴金属に 現代の錬金術、実験へ

    理化学研究所は、原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)に含まれる長寿命の放射性物質を、生活に役…

  4. 千葉大など「シナモンマスク」を商品化 インフル予防効果に期待

    千葉大学は24日、インフルエンザの予防効果があるとされるシナモンを使ったマスクの実用化に乗り出すと発…

  5. かぶれたTシャツ、原因は塩化ジデシルジメチルアンモニウム

    神奈川県茅ケ崎市で開かれたスタンドアップパドルボード(SUP)の国際大会「マイナビ THE JAPA…

  6. 「サガミオリジナル001」、今月から販売再開 相模ゴム

  7. “クモの糸”が「ザ・ノース・フェイス」のジャケットになった

  8. 大学発ベンチャー「アンジェスMG」イオン液体使った核酸医薬臨床試験開始

  9. 日本企業クモ糸の量産技術確立:強さと柔らかさあわせもつ究極の素材

  10. 東芝やキヤノンが優位、微細加工技術の「ナノインプリント」

  11. 2017年の有機ELディスプレイ世界市場は11年比6.6倍の2兆186億円。

  12. ソウル大教授Nature Materials論文捏造か?

  13. 鉄鋼のように強いポリプロピレン

  14. 三菱化学が有機太陽電池事業に参入

  15. 光で動くモーター 世界初、東工大教授ら開発

  16. 黒よりも黒い? 「最も暗い」物質 米大学チーム作製

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 比色法の化学(前編)
  2. 光分解性シアニン色素をADCのリンカーに組み込む
  3. N-オキシドの合成 Synthesis of N-oxide
  4. 日本にノーベル賞が来る理由
  5. 向かい合わせになったフェノールが織りなす働き
  6. 野依賞―受賞者一覧
  7. 理化学研究所、植物の「硫黄代謝」を調節する転写因子を発見

注目情報

最新記事

太陽ホールディングスインターシップ

経営理念に共感し、自ら考え行動できる自律した人材と働きたい私たちは、楽しい社会を実現するという経…

抽出精製型AJIPHASE法の開発

2017年、味の素社の高橋大輔らは、ペプチド液相合成法であるAJIPHASE法にさらなる改良を加え、…

【太陽HD】”世界一の技術”アルカリ現像型ソルダーレジストの開発

ソルダーレジストは、プリント配線板や半導体パッケージ用基板の表層部分に使用されはんだ付け作業時、不要…

太陽ホールディングスってどんな会社?

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電…

「自然冷媒」に爆発・炎上の恐れ

「環境省・経済産業省の指示により、エアコンに使用されているフロン類の入れ替えが必要だ」と偽り、地球環…

PAGE TOP