[スポンサーリンク]


ケムステニュース材料

  1. MIT、空気中から低濃度の二酸化炭素を除去できる新手法を開発

    MITの化学工学 Ralph Landau教授のT. Alan Hatton氏らは、空気中から二酸化炭素を除去する新しい方法を開発した。およそ400ppmという低濃度にも対応できるもので、研究成果は2019年10月1日、『Energy an…

  2. 窒化ガリウムの低コスト結晶製造装置を開発

    科学技術振興機構(JST)は2019年11月15日、東京農工大学と大陽日酸と共同で進める産学共同実用…

  3. 調光機能付きコンタクトレンズが登場!光に合わせてレンズの色が変化し、目に入る光の量を自動で調節

    ジョンソン・エンド・ ジョンソン株式会社は、目に入る光の量を自動で調節する世界初のコンタクトレンズ「…

  4. 熱を効率的に光に変換するデバイスを研究者が開発、太陽光発電の効率上昇に役立つ可能性

    Scientists at Rice University in Texas have develo…

  5. 電池長寿命化へ、充電するたびに自己修復する電極材

    東京大学大学院工学系研究科の山田淳夫教授らは、充電するたびに自己修復を繰り返し、電池性能の劣化を防ぐ…

  6. リサイクルが容易な新しいプラスチックを研究者が開発

  7. 積水化学工業、屋外の使用に特化した養生テープ販売 実証実験で耐熱・対候性を訴求

  8. 世界初の「窒化タンタル光触媒」、可視光で水分解

  9. 海水から「イエローケーキ」抽出に成功、米科学者グループが発表

  10. 奇跡の素材「グラフェン」を使った世界初のシューズが発売

  11. 第7回ImPACT記者懇親会が開催

  12. 毛染めでのアレルギー大幅低減へ ~日華化学がヘアカラー用染料開発~

  13. 帝人、EV向けメンブレンのラインを拡充

  14. 房総半島沖350キロに希少金属 広範囲に

  15. 核のごみを貴金属に 現代の錬金術、実験へ

  16. 千葉大など「シナモンマスク」を商品化 インフル予防効果に期待

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 野副鉄男 Tetsuo Nozoe
  2. 分子で作る惑星、その名もナノサターン!
  3. ロジウム(I)触媒を用いるアリールニトリルの炭素‐シアノ基選択的な切断とホウ素化反応
  4. 凸版印刷、有機ELパネル開発
  5. 不安定な合成中間体がみえる?
  6. 君はPHOZONを知っているか?
  7. 付設展示会に行…けなくなっちゃった(泣)

注目情報

最新記事

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2020年1月より、数々のヒット作に出演し、…

tRNAの新たな役割:大豆と微生物のコミュニケーション

畑に生えている大豆の根っこを抜いてみると、丸い粒みたいなものがたくさんできています。根粒(こんりゅう…

PAGE TOP