[スポンサーリンク]


ケムステニュース材料

  1. 世界初の「窒化タンタル光触媒」、可視光で水分解

    新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と人工光合成化学プロセス技術研究組合(ARPChem)は9月4日、東京大学や信州大学と共同で、可視光領域で水を分解する窒化タンタル光触媒を開発したと発表した。(引用:日系TECH9月5日)本…

  2. 海水から「イエローケーキ」抽出に成功、米科学者グループが発表

    米国の科学者が普通のアクリル繊維を用いて、海水からウラン含量の高い「イエローケーキ」の抽出に成功した…

  3. 奇跡の素材「グラフェン」を使った世界初のシューズが発売

    地球上で最も引っ張りに強く、熱伝導も良く、電気伝導度も高いという夢の素材、「グラフェン(graphe…

  4. 第7回ImPACT記者懇親会が開催

    内閣府は6月25日、内閣府 総合科学技術・イノベーション会議が主導する「革新的研究開発推進プログラム…

  5. 毛染めでのアレルギー大幅低減へ ~日華化学がヘアカラー用染料開発~

    日華化学(本社福井県福井市、江守康昌社長)は、髪へのダメージや頭皮への刺激がなく、アレルギーのリスク…

  6. 帝人、EV向けメンブレンのラインを拡充

  7. 房総半島沖350キロに希少金属 広範囲に

  8. 核のごみを貴金属に 現代の錬金術、実験へ

  9. 千葉大など「シナモンマスク」を商品化 インフル予防効果に期待

  10. かぶれたTシャツ、原因は塩化ジデシルジメチルアンモニウム

  11. 「サガミオリジナル001」、今月から販売再開 相模ゴム

  12. “クモの糸”が「ザ・ノース・フェイス」のジャケットになった

  13. 大学発ベンチャー「アンジェスMG」イオン液体使った核酸医薬臨床試験開始

  14. 日本企業クモ糸の量産技術確立:強さと柔らかさあわせもつ究極の素材

  15. 東芝やキヤノンが優位、微細加工技術の「ナノインプリント」

  16. 2017年の有機ELディスプレイ世界市場は11年比6.6倍の2兆186億円。

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 花王、ワキガ臭の発生メカニズムを解明など研究成果を発表
  2. 真空ポンプはなぜ壊れる?
  3. 若手&高分子を専門としていない人のための『速習 高分子化学 入門』【終了】
  4. フェネストレンの新規合成法
  5. 天才児の見つけ方・育て方
  6. 化学素人の化学読本
  7. ハートウィグ ヒドロアミノ化反応 Hartwig Hydroamination

注目情報

最新記事

化学構造式描画のスタンダードを学ぼう!【応用編】

前回の【基本編】に引き続き、化学構造式描画の標準ガイドラインをご紹介します。“Graphical…

アジドの3つの窒素原子をすべて入れる

ホスフィン触媒を用い、アジド化合物とα,β-エノンからβ-アミノα-ジアゾカルボニル化合物を合成した…

工程フローからみた「どんな会社が?」~タイヤ編 その1

Tshozoです。今回の主役はゴムで出来ている車両用タイヤ。通勤時に道路で毎日目にするわりに…

感染制御ー薬剤耐性(AMR)ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

有機合成化学協会誌2019年1月号:大環状芳香族分子・多環性芳香族ポリケチド天然物・りん光性デンドリマー・キャビタンド・金属カルベノイド・水素化ジイソブチルアルミニウム

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年1月号がオンライン公開されました。今…

PAGE TOP