[スポンサーリンク]


ケムステニュース材料

  1. 産総研で加速する電子材料開発

    産総研 マルチマテリアル研究部門の研究チームは、使用原料の種類・成形方法・焼結条件などの製造プロセス情報を用いて窒化ケイ素セラミックス焼結体の熱伝導率を高精度に予測する人工知能(AI)技術の確立に成功しました。 (引用:産総研プレスリリ…

  2. 投手が使用するすべり止め剤の効果を初めて定量的に実証

    東北大学大学院工学研究科の山口健教授とNTT コミュニケーション科学基礎研究所の那須大毅主任研究…

  3. 光熱変換材料を使った自己修復ポリマーの車体コーティングへの活用

    韓国化学研究院(KRICT)はこのほど、太陽光の下に30分置いておくだけで、車体の傷を自己修復できる…

  4. 偶然生まれた新しい青色「YInMnブルー」の油絵具が日本で限定発売される

    2009年、オレゴン州立大学にて電子工学の実験で偶然生まれた新しい青色の顔料「YInMnブルー」…

  5. 身近な食品添加物の組み合わせが砂漠の水不足を解決するかもしれない

    コンニャクの主成分のグルコマンナンを使い、1kg当たりたった2ドル(約250円)と安価でありながら1…

  6. パラジウムの市場価格が過去最高値を更新。ケミストへの影響は?

  7. 世界初 もみ殻からLEDを開発!~オレンジ色に発光するシリコン量子ドットLED~

  8. 水溶性ニッケル塩を利用したグリーンな銅ナノ粒子合成法の開発

  9. 自己多層乳化を用いたマトリョーシカ微粒子の調製 〜油と水を混ぜてすぐ固めるだけ〜

  10. 海外で開発された強靭なソフトマテリアル

  11. 力を受けると蛍光性分子を放出する有機過酸化物

  12. カーボンナノチューブ薄膜のSEM画像を生成し、物性を予測するAIが開発される

  13. 三洋化成の新分野への挑戦

  14. 海水から微量リチウムを抽出、濃縮できる電気化学セルを開発

  15. 昭和電工、異種材接合技術を開発

  16. “加熱しない”短時間窒化プロセスの開発 -チタン合金の多機能化を目指して-

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 光照射によって結晶と液体を行き来する蓄熱分子
  2. 京大北川教授と名古屋大学松田教授のグループが”Air Liquide Essential Molecules Challenge”にて入賞
  3. α,β-不飽和イミンのγ-炭素原子の不斉マイケル付加反応
  4. Brevianamide Aの全合成:長年未解明の生合成経路の謎に終止符
  5. Chem-Station 6周年へ
  6. FT-IR(赤外分光法)の基礎と高分子材料分析の実際【終了】
  7. 身近な食品添加物の組み合わせが砂漠の水不足を解決するかもしれない

注目情報

最新記事

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎と応用

開催日:2024/05/22 申込みはこちら■開催概要「分子生成」という技術は様々な問題…

PAGE TOP