[スポンサーリンク]

C

カルバメート系保護基 Carbamate Protection

 

概要

アミンはその塩基性・求核能の高さゆえさまざまな反応を起こしやすい。多段階変換過程においては、これを減ずるべく電子求引性の官能基を用いて保護するのが常套手段である。とくにカルバメート系保護基は汎用性・簡便性の面で優れており、アミド・スルホンアミド系保護に比べて脱保護が容易というメリットがある。ペプチド合成を主として、あらゆる場面で用いられる。

基本文献

 

反応機構

 

反応例

よく使われるものを以下に示す。それぞれ脱保護条件が異なるため、状況に応じた使い分けが可能となる。
carbamate_protection_2.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 細見・櫻井アリル化反応 Hosomi-Sakurai Allyl…
  2. 隣接基関与 Neighboring Group Particip…
  3. ケック マクロラクトン化 Keck Macrolactoniza…
  4. フィンケルシュタイン反応 Finkelstein Reactio…
  5. ビンゲル反応 Bingel Reaction
  6. 山口マクロラクトン化 Yamaguchi Macrolacton…
  7. ベンジジン転位 Benzidine Rearrangement
  8. フリッチュ・ブッテンバーグ・ウィーチェル転位 Fritsch-B…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. キラルLewis酸触媒による“3員環経由4員環”合成
  2. 顕微鏡で化学反応を見る!?
  3. 高活性な不斉求核有機触媒の創製
  4. 千葉大など「シナモンマスク」を商品化 インフル予防効果に期待
  5. エド・ボイデン Edward Boyden
  6. ふにふにふわふわ☆マシュマロゲルがスゴい!?
  7. アマドリ転位 Amadori Rearrangement
  8. 史上最も不運な化学者?
  9. ルイス酸添加で可視光レドックス触媒の機構をスイッチする
  10. 化学の成果で脚光を浴びた小・中・高校生たち

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

信頼度の高い合成反応を学ぶ:Science of Synthesis(SoS)

今回はScience of Synthesis(SoS)という合成化学のオンラインデータベースを紹介…

ホイスラー合金を用いる新規触媒の発見と特性調節

第173回目のスポットライトリサーチは、東北大学 学際科学フロンティア研究所・小嶋隆幸 助教にお願い…

START your chemi-story あなたの化学を探す 研究職限定 キャリアマッチングLIVE

さあついに今年も就職活動の時期がやってきました。私の研究室でも今年はさすがに何名か就職活動をはじめま…

【ジーシー】新卒採用情報(2020卒)

弊社の社是「施無畏」は、「相手の身になって行動する」といった意味があります。これを具現化することで存…

【ジーシー】新たな治療価値を創造するテクノロジー -BioUnion-

BioUnion(バイオユニオン)はグラスアイオノマーで培ってきたイオンの働きに着目し,新たに完成さ…

株式会社ジーシーってどんな会社?

株式会社ジーシーは歯科医療一筋に98年の歴史も持ち、歯科医療業界では国内NO.1のシェアを誇ります。…

PAGE TOP