[スポンサーリンク]

C

カルバメート系保護基 Carbamate Protection

 

概要

アミンはその塩基性・求核能の高さゆえさまざまな反応を起こしやすい。多段階変換過程においては、これを減ずるべく電子求引性の官能基を用いて保護するのが常套手段である。とくにカルバメート系保護基は汎用性・簡便性の面で優れており、アミド・スルホンアミド系保護に比べて脱保護が容易というメリットがある。ペプチド合成を主として、あらゆる場面で用いられる。

基本文献

 

反応機構

 

反応例

よく使われるものを以下に示す。それぞれ脱保護条件が異なるため、状況に応じた使い分けが可能となる。
carbamate_protection_2.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. カバチニク・フィールズ反応 Kabachnik-Fields R…
  2. ローゼンムント還元 Rosenmund Reduction
  3. シモンズ・スミス反応 Simmons-Smith Reactio…
  4. シュミット転位 Schmidt Rearrangement
  5. ライマー・チーマン反応 Reimer-Tiemann React…
  6. ロビンソン・ガブリエルオキサゾール合成 Robinson-Gab…
  7. ゲヴァルト チオフェン合成 Gewald Thiophene S…
  8. パール・クノール ピロール合成 Paal-Knorr Pyrro…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 松本・早大教授の論文、学会は「捏造の事実無し」
  2. デヴィッド・レイ David A. Leigh
  3. すぐできる 量子化学計算ビギナーズマニュアル
  4. 第17回 音楽好き化学学生が選んだ道… Joshua Finkelstein氏
  5. 一流科学者たちの経済的出自とその考察
  6. ヤクルト、大腸の抗がん剤「エルブラット」発売
  7. 視覚を制御する物質からヒントを得た異性化反応
  8. 顕微鏡で化学反応を見る!?
  9. ルテニウム触媒によるC-C結合活性化を介した水素移動付加環化型カップリング
  10. Bayer Material Scienceの分離独立が語るもの

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

持続可能性社会を拓くバイオミメティクス

内容生物に学ぶ考え方は,ナイロンに見られるように古くからあった.近年,ナノテクノロジーの飛躍…

鉄カルベン活性種を用いるsp3 C-Hアルキル化

2017年、イリノイ大学 M. Christina Whiteらは鉄フタロシアニン触媒から生成するメ…

「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より

「ケムステ海外研究記」の第19回目は、向井健さんにお願いしました。向井さんはカリフォルニア大…

研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

研究者にとって、業績を適切に管理しアピールすることは重要です。以前にも少し触れましたが、科研費の審査…

天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP