[スポンサーリンク]

C

カルバメート系保護基 Carbamate Protection

 

概要

アミンはその塩基性・求核能の高さゆえさまざまな反応を起こしやすい。多段階変換過程においては、これを減ずるべく電子求引性の官能基を用いて保護するのが常套手段である。とくにカルバメート系保護基は汎用性・簡便性の面で優れており、アミド・スルホンアミド系保護に比べて脱保護が容易というメリットがある。ペプチド合成を主として、あらゆる場面で用いられる。

基本文献

 

反応機構

 

反応例

よく使われるものを以下に示す。それぞれ脱保護条件が異なるため、状況に応じた使い分けが可能となる。
carbamate_protection_2.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. アルキンメタセシス Alkyne Metathesis
  2. ピロティ・ロビンソン ピロール合成 Piloty-Robinso…
  3. シュタウディンガー反応 Staudinger Reaction
  4. 辻・ウィルキンソン 脱カルボニル化反応 Tsuji-Wilkin…
  5. 福山還元反応 Fukuyama Reduction
  6. アフマトヴィッチ反応 Achmatowicz Reaction
  7. ウィッティヒ反応 Wittig Reaction
  8. ニコラス反応 Nicholas Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. カリウム Potassium 細胞内に多量に含まれる元素
  2. ディールス・アルダー反応 Diels-Alder Reaction
  3. リン–リン単結合を有する化合物のアルケンに対する1,2-付加反応
  4. UCLAにおける死亡事故で指導教授が刑事告訴される
  5. 荒木飛呂彦のイラストがCell誌の表紙を飾る
  6. 人工軟骨への応用を目指した「ダブルネットワークゲル」
  7. バイオディーゼル燃料による大気汚染「改善」への影響は…?
  8. Micro Flow Reactor ~革新反応器の世界~ (入門編)
  9. このホウ素、まるで窒素ー酸を塩基に変えるー
  10. 「化学五輪」準備組織が発足、委員長に野依氏

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP