[スポンサーリンク]

C

カルバメート系保護基 Carbamate Protection

[スポンサーリンク]

 

概要

アミンはその塩基性・求核能の高さゆえさまざまな反応を起こしやすい。多段階変換過程においては、これを減ずるべく電子求引性の官能基を用いて保護するのが常套手段である。とくにカルバメート系保護基は汎用性・簡便性の面で優れており、アミド・スルホンアミド系保護に比べて脱保護が容易というメリットがある。ペプチド合成を主として、あらゆる場面で用いられる。

基本文献

 

反応機構

 

反応例

よく使われるものを以下に示す。それぞれ脱保護条件が異なるため、状況に応じた使い分けが可能となる。
carbamate_protection_2.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ウィリアムソンエーテル合成 Williamson ether s…
  2. スルホキシド/セレノキシドのsyn-β脱離 Syn-β-elim…
  3. 硤合不斉自己触媒反応 Soai Asymmetric Autoc…
  4. チロシン選択的タンパク質修飾反応 Tyr-Selective P…
  5. エッシェンモーザー・クライゼン転位 Eschenmoser-Cl…
  6. ハウザー・クラウス環形成反応 Hauser-Kraus Annu…
  7. アフマトヴィッチ反応 Achmatowicz Reaction
  8. ライセルト インドール合成 Reissert Indole Sy…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 製薬各社 2010年度 第1四半期決算を発表
  2. 有機合成化学協会誌2019年4月号:農薬・導電性電荷移動錯体・高原子価コバルト触媒・ヒドロシアノ化反応・含エキソメチレン高分子
  3. 神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発
  4. 銀の殺菌効果がない?銀耐性を獲得するバシラス属菌
  5. 不斉ディールス・アルダー反応 Asymmetric Diels-Alder Reaction
  6. 新規抗生物質となるか。Pleuromutilinsの収束的短工程合成
  7. 日本酸素記念館
  8. 「日本化学連合」が発足、化学系学協会18団体加盟
  9. ハーバード大Whitesides教授プリーストリーメダルを受賞
  10. リガンドによりCO2を選択的に導入する

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

二水素錯体 Dihydrogen Complexes

水素分子がサイドオン型で金属中心に近づくと、二水素錯体を形成することができる。こうして形成した二水素…

分析化学科

お申込み・詳細はこちら◇分析化学科 (定員16名)本研修では「ものづくり企業」の品質管理等で…

多角的英語勉強法~オンライン英会話だけで満足していませんか~

国際学会で発表するにも、論文を書くにも、研究室の留学生と飲みにいくにも英語は必要です。しかし、それぞ…

ペプチドの革新的合成

第215回のスポットライトリサーチは、中部大学総合工学研究所分子性触媒センター助教・村松渉先生にお願…

年収で内定受諾を決定する際のポイントとは

転職活動の終盤で複数の企業から内定を獲得した際、「年収が決め手となって内定を受諾…

安定なケトンのケイ素類縁体“シラノン”の合成 ケイ素—酸素2重結合の構造と性質

第214回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科化学専攻(岩本研究室)・小林 良さんに…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP