[スポンサーリンク]


研究者へのインタビュー日本人化学者インタビュー

  1. 「生物素材で新規構造材料を作り出す」沼田 圭司 教授

    第39回となる研究者へのインタビュー。今回インタビューをお願いしたのは、沼田圭司先生。生体高分子の構造と物性の相関を解明し実用的な材料として利用することを目指して研究を行っています。天然のクモ糸を模倣した人工シルクの開発が一…

  2. 第38回「材料の励起状態制御に挑む」嘉部量太 准教授

    さて第38回を迎えた研究者へのインタビュー。今回インタビューをお願いしたのは、つい最近、沖縄…

  3. 第37回「トリプレットでないと達成できない機能を目指して」楊井 伸浩 准教授

    さてVシンポのおかげで連続投稿となりますが、第37回を迎えた研究者のインタビュー。今回は、九州大学大…

  4. 第36回「光で羽ばたく分子を活かした新技術の創出」齊藤尚平 准教授

    第36回目の研究者のインタビューは京都大学大学院 理学研究科 集合有機分子機能研究室 准教授の 齊藤…

  5. 第35回「金属錯体の分子間相互作用で切り拓く新しい光化学」長谷川美貴 教授

    なんと、本コンテンツ3年半ぶりの再開です!バーチャルシンポジウムとの連携により今後インタビューが増え…

  6. 第63回―「生物のコミュニケーションを司る天然物化学」矢島 新 教授

  7. 第59回―「機能性有機ナノチューブの製造」清水敏美 教授

  8. 第34回「ポルフィリンに似て非なるものを研究する」忍久保洋 教授

  9. 第33回「セレンディピティを計画的に創出する」合田圭介 教授

  10. 第32回「生きている動物内で生理活性分子を合成して治療する」田中克典 准主任研究員

  11. 第31回「植物生物活性天然物のケミカルバイオロジー」 上田 実 教授

  12. 第30回「化学研究の成果とワクワク感を子供たちにも伝えたい」 玉尾皓平教授

  13. 第29回「安全・簡便・短工程を実現する」眞鍋敬教授

  14. 第28回「ナノバイオデバイスが拓く未来医療」馬場嘉信教授

  15. 第27回 「有機化学と光化学で人工光合成に挑戦」今堀 博 教授

  16. 第26回「分子集合体の極限に迫る」矢貝史樹准教授

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 「ねるねるねるね」はなぜ色が変わって膨らむのか?
  2. オンライン授業を受ける/するってどんな感じ? 【アメリカで Ph. D. を取る: コロナ対応の巻】
  3. 研究者の活躍の場は「研究職」だけなのだろうか?
  4. 有機反応を俯瞰する ーMannich 型縮合反応
  5. α,β-不飽和イミンのγ-炭素原子の不斉マイケル付加反応
  6. リガンドによりCO2を選択的に導入する
  7. トリス(2,4-ペンタンジオナト)鉄(III) : Tris(2,4-pentanedionato)iron(III)

注目情報

最新記事

高機能性金属錯体が拓く触媒科学:革新的分子変換反応の創出をめざして

(さらに…)…

フィブロイン Fibroin

フィブロイン(Fibroin)は、繭糸(シルク)の主成分であり、繊維状タンパク質の一種である。…

「もはや有機ではない有機材料化学:フルオロカーボンに可溶な材料の創製」– MIT・Swager研より

ケムステ海外研究記の第36回はマサチューセッツ工科大学(MIT)化学科のPhD課程に在籍されている吉…

八木 政行 Masayuki Yagi

八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

本連載では、生命体を特別視する "生気説" が覆されたことにより、有機合成化学の幕が開いたことについ…

PAGE TOP