[スポンサーリンク]

日本人化学者インタビュー

第57回「製薬会社でVTuber担当?化学者の意外な転身」前川 雄亮 博士

[スポンサーリンク]

第57回の化学者インタビューは、塩野義製薬株式会社・前川 雄亮 博士にお願い致しました。

前川さんは大阪大学基礎工学部にて博士号を取得された後、塩野義製薬に入社しました。その後は創薬化学者として王道のキャリアを歩んでいた・・・はずなのですが、ある時期になんとVTuber運用担当に任命されてしまうという、他にはない唯一無二の経歴をお持ちです。

塩野義製薬は業界内でもいち早くVTuber活動に着目し、顧客コミュニケーションを広げていくための一助としています。先駆的かつ優れた活動として、以前から筆者(副代表)自身も、この活動がどのような発展を見せていくか、成り行きを注視しています。

自らの強みを活かして広報畑へとキャリアチェンジを果たされた経験談、他ではそうそう読めない化学者インタビューとなっています。このあたりのお話は、第32回ケムステVシンポでもご講演を頂くことになっています。是非、今回もお楽しみ下さい!

Q. あなたが化学者になった理由は?

子供のころからモノ作りと理科が好きでした。小学校の頃はバーベキューの炭から炭素電極を作って電気分解をするという「コアな」子供でしたね。高校のころに、単純な元素から無限の化合物ができる有機化学に興味を持ちました。大学は推薦入学だったのですが、後で見せてもらった高校の推薦状には「幼いころより薬品に親しむ」と書かれていました。・・・間違ってはないですね。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

工業デザイナーになりたいです。長い間デザインの勉強をしていて、美しくて機能的な製品にあこがれがあります。「与えられた制約条件の中で、最も目的に適ったものを創り出す」という工業デザインは、製薬におけるプロセス化学とも通じるところがあるのでとても興味深いと思っています。

Q. 現在、どんな研究をしていますか?また、どのように展開していきたいですか?

誠に恐縮なのですが、実は「現在研究をしていない」です。
元々は有機化学専攻から、製薬会社に研究者として入社しました。当初はプロセス化学、つまり有効成分となる化学物質 (原薬) の生産方法を設定するための研究をしていました。
プロセス化学は、生産方法を大スケールで実証しながら、同時に治験などの開発に必要な原薬を供給する役割もあります。そのためには製造委託会社に依頼して、原料や中間体を製造してもらうことも多いです。研究所のキャリアの最後の方は、この委託製造の管理、つまり、海外を含めて委託会社を探して、選んで、見積を取って、契約の交渉をして、会議を進めるための裏方をやって、というチームに異動しました。
そこからさらに、デジタルインテリジェンス部というIT技術をベースとした新規事業を企画する部署に移動しました。この部署で「ITを活用した社会との新規接点の創出」という社内事業の公募で通った企画が持ち込まれまして、なんと会社の「VTuber」を作るお手伝いをすることになりました。アイデアを出した方と一緒に働き、紆余曲折の末「シオノギカナデ」というヘルスケア情報と歌声で人々を癒す「バーチャル社員」を世に出すことができました。今は弊社のシオノギカナデと一緒に仕事をしているという状態です。

このような新しい形での社会との接点は幅広い可能性を秘めていると思います。シオノギカナデの活躍がどう広がっていくか、チャンネル登録と高評価をしながら見守ってください。
民間企業にいてもニーズは幅広く、仕事は予想がつかないものですね。

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

日本の化学の祖、宇田川榕菴ですね。その当時の知識水準を聞いてみたいですし、未来の日本の化学がとても発展していることを知らせてあげたいです。

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

2017年の12月、ある化合物を温度上限で反応させても不純物の問題が出ないか確認する、とっても地味な実験だったと思います。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

音楽ですとBill Evansの『Waltz for Debby』、本だと森見登美彦の『四畳半神話体系』 を挙げます。砂漠でそんなに能天気でいいのかとも思いますが。

WALTZ FOR DEBBY

WALTZ FOR DEBBY

EVANS TRIO, BILL
¥1,039(as of 12/02 17:13)
Amazon product information
四畳半神話大系 四畳半シリーズ (角川文庫)

四畳半神話大系 四畳半シリーズ (角川文庫)

森見 登美彦
¥653(as of 12/02 21:31)
Release date: 2008/06/01
Amazon product information

Q. 次にインタビューをして欲しい人を紹介してください。

特定の方ではありませんが、産業界で研究する若手研究者にスポットを当てていただければと思います。

関連リンク

*本インタビューは2022年10月11日に行われたものです

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第168回―「化学結晶学から化学結合を理解する」Guru Row…
  2. 第19回 有機エレクトロニクスを指向した合成 – G…
  3. 【第一回】シード/リード化合物の創出に向けて 1/2
  4. 第128回―「二核錯体を用いる触媒反応の開発」George St…
  5. 第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む…
  6. 第157回―「メカノケミカル合成の方法論開発」Tomislav …
  7. 第55回―「イオン性液体と化学反応」Tom Welton教授
  8. 第44回―「N-ヘテロ環状カルベン錯体を用いる均一系触媒開発」S…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アスピリンの梗塞予防検証 慶応大、1万人臨床試験
  2. 諸熊 奎治 Keiji Morokuma
  3. 実験室の笑える?笑えない!事故実例集
  4. ダフ反応 Duff Reaction
  5. 【書籍】化学探偵Mr.キュリー2
  6. 赤絵磁器を彩る絵具:その特性解明と改良
  7. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2017年版】
  8. ワムシが出す物質でスタンする住血吸虫のはなし
  9. 三菱化学が有機太陽電池事業に参入
  10. リアル『ドライ・ライト』? ナノチューブを用いた新しい蓄熱分子の設計-後編

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目情報

注目情報

最新記事

化学ゆるキャラ大集合

企業PRの手段の一つとして、キャラクターを作りホームページやSNSで登場させることがよく行われていま…

最先端バイオエコノミー社会を実現する合成生物学【対面講座】

開講期間2022年12月12日(月)13:00~16:202022年12月13日(火)1…

複雑なモノマー配列を持ったポリエステル系ブロックポリマーをワンステップで合成

第445回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院工学研究院 応用化学部門 高分子化学研究室(…

河崎 悠也 Yuuya Kawasaki

河崎 悠也 (かわさき ゆうや) は、日本の有機化学者。九州大学先導物質化学研究所 …

研究者1名からでも始められるMIの検討-スモールスタートに取り組む前の3つのステップ-

開催日:2022/12/07  申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の…

吉田 優 Suguru Yoshida

 吉田 優(よしだ すぐる)は、日本の化学者。専門は、有機合成化学、ケミカルバイオロジー。2…

小山 靖人 Yasuhito Koyama

小山 靖人(こやま やすひと)は、日本の有機化学者。富山県立大学工学部医薬品工学…

ポンコツ博士の海外奮闘録XIV ~博士,釣りをする~

シリーズ累計20話!!タイトルの○数字がなくなりました。節々の回は出来る限り実験ネタや個人的なグッと…

定型抗精神病薬 「ピモジド」の化学修飾により新規難治性疼痛治療薬として極めて有望な化合物の創製に成功

第444回のスポットライトリサーチは、近畿大学大学院 薬学研究科 薬学専攻 病態薬理学研究室の笠波 …

【好評につきリピート開催】マイクロ波プロセスのスケールアップ〜動画で実証設備を紹介!〜 ケミカルリサイクル、乾燥炉、ペプチド固相合成、エステル交換、凍結乾燥など

<内容>マイクロ波プロセスのスケールアップがどのように実現されるか、実証設備の動画も交えてご紹介…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP