[スポンサーリンク]


研究者へのインタビュー日本人化学者インタビュー

  1. 第二回 伊丹健一郎教授ー合成化学はひとつである

    第二回目は第一線で活躍している若手研究者として、筆者のボスである名古屋大学伊丹健一郎教授のインタビューをご紹介します。伊丹教授は「合成化学はひとつ」を合言葉に幅広い分子レベルのものつくりを展開されています。 (さらに…)…

  2. 第一回 福山透教授ー天然物を自由自在につくる

    今回からこの日本人化学者のインタビューが始まりました。このコーナーでは第一線で活躍している主に日…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. howeverの使い方
  2. 夏のお肌に。ファンデーションの化学
  3. n型半導体特性を示すペリレン誘導体
  4. こんな装置見たことない!化学エンジニアリングの発明品
  5. 液クロ虎の巻シリーズ
  6. フェン・チャン Feng Zhang
  7. ハリーポッターが参考文献に登場する化学論文

注目情報

最新記事

役に立たない「アートとしての科学」

科学の研究には、真理の探究という側面と、役立つ発明という側面があります。この二面性を表す言葉…

表現型スクリーニング Phenotypic Screening

表現型スクリーニング(Phenotypic Screening)とは、特定の生物現象に影響を与える化…

NMR解析ソフト。まとめてみた。①

合成に関連する研究分野の方々にとって、NMR測定とはもはやルーティーンワークでしょう。反応を仕掛けて…

エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

エリック・J・アレクサニアン(Eric J. Alexanian、19xx年x月x日-)は、アメリカ…

光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

PAGE TOP