[スポンサーリンク]


研究者へのインタビュー日本人化学者インタビュー

  1. 第29回「安全・簡便・短工程を実現する」眞鍋敬教授

    今回の研究者へのインタビューは静岡県立大学薬学部から。薬化学教室を主宰している眞鍋敬先生にお願い致しました。ケムステスタッフからの推薦です。研究のターゲットは有機反応を促進する「触媒」。実現困難な分子変換を起こさせる触媒の開発を目指していま…

  2. 第28回「ナノバイオデバイスが拓く未来医療」馬場嘉信教授

    さて、今回の研究者へのインタビューは名古屋大学工学研究科の馬場嘉信教授。第7回の杉本教授、第21回の…

  3. 第27回 「有機化学と光化学で人工光合成に挑戦」今堀 博 教授

    第27回のインタビューは、第11回の金井求教授からの推薦により、京都大学大学院工学研究科・物質-細胞…

  4. 第26回「分子集合体の極限に迫る」矢貝史樹准教授

    最近頻繁に公開している研究者へのインタビュー。ご協力いただいた先生方には心より感…

  5. 第25回「ペプチドを化学ツールとして細胞を操りたい」 二木史朗 教授

    25回目のインタビュー。今回は第7回の杉本先生、第21回の深瀬先生からの紹介で、…

  6. 第24回「アルキル-πエンジニアリングによる分子材料創成」中西尚志 博士

  7. 第23回「化学結合の自在切断 ・自在構築を夢見て」侯 召民 教授

  8. 第22回「ベンゼン環の表と裏を利用した有機合成」植村元一教授

  9. 第21回「有機化学で生命現象を理解し、生体反応を制御する」深瀬 浩一 教授

  10. 第20回「転んだ方がベストと思える人生を」ー藤田 誠教授

  11. 第19回「心に残る反応・分子を見つけたい」ー京都大学 依光英樹准教授

  12. 第18回「化学の職人」を目指すー京都大学 笹森貴裕准教授

  13. 第17回 研究者は最高の実験者であるー早稲田大学 竜田邦明教授

  14. 第16回 教科書が変わる心躍る研究を目指すー野崎京子教授

  15. 第15回 触媒の力で斬新な炭素骨格構築 中尾 佳亮講師

  16. 第14回「らせん」分子の建築家ー八島栄次教授

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ハリース オゾン分解 Harries Ozonolysis
  2. 有機合成化学協会誌2017年8月号:C-H活性化・アリール化重合・オキシインドール・遠隔不斉誘導・ビアリールカップリング
  3. 研究者のためのCG作成術③(設定編)
  4. アビシェック・チャッタージー Abhishek Chatterjee
  5. 米国へ講演旅行へ行ってきました:Part III
  6. 井上 将行 Masayuki Inoue
  7. 新人化学者の失敗ランキング

注目情報

最新記事

第120回―「医薬につながる複雑な天然物を全合成する」Richmond Sarpong教授

第120回の海外化学者インタビューは、リッチモンド・サーポン教授です。カリフォルニア大学バークレー校…

DNAナノ構造体が誘起・制御する液-液相分離

第274回のスポットライトリサーチは、佐藤佑介 博士にお願いしました。液-液相分離は近年の一…

常圧核還元(水添)触媒 Rh-Pt/(DMPSi-Al2O3)

一般的な特長Rh-Pt/(DMPSi-Al2O3)は、優れた活性を示す水素還元(水添)触媒です。…

世界最高の耐久性を示すプロパン脱水素触媒

第273回のスポットライトリサーチは、北海道大学触媒科学研究所・中谷勇希さんにお願いしました。…

第119回―「腸内細菌叢の研究と化学プロテオミクス」Aaron Wright博士

第119回の海外化学者インタビューは、アーロン・ライト博士です。パシフィック・ノースウエスト国立研究…

PAGE TOP