[スポンサーリンク]


身のまわりの分子天然物

  1. 【解ければ化学者】オリーブオイルの主成分の素はどれ?【脂肪の素ってどんな分子? そして脂と油の差は?】

    突然ですが、問題です!オリーブオイルの主成分の素であるオレイン酸の構造はどれ?さっそく正解と解説に移りましょう、と言いたいところですが、問題のすぐ下に答えを乗せてしまうと間違って答えを見てしまう恐れがあるので、少し間を挟…

  2. アスパラプチン Asparaptine

    アスパラプチンは、アスパラガス(Asparagus
 officinalis
)…

  3. 2,5-ジ-(N-(­­­­–)-プロイル)-パラ-ベンゾキノン DPBQ

    正式名称 : 2,5-di-(N-(­­­­–)-prolyl)-para-benzoquinone…

  4. フルエッギン Flueggine

    Flueggine は、2011年に植物 Flueggea virosa の小枝…

  5. ペンタレネン Pentalenene

    ペンタレネン(Pentalenene)は複数の放線菌(Streptomyces chromo…

  6. ヘロナミドA Heronamide A

  7. シクロクラビン cycloclavine

  8. ビリジカタムトキシン Viridicatumtoxin

  9. スピノシン Spinosyn

  10. ノビリシチンA Nobilisitine A

  11. エンテロシン Enterocin

  12. セレノネイン selenoneine

  13. カフェイン caffeine

  14. アスタキサンチン (astaxanthin)

  15. ミック因子 (Myc factor)

  16. ノッド因子 (Nod factor)

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 環境、人体に優しい高分子合成を開発 静大と製薬会社が開発
  2. 研究者向けプロフィールサービス徹底比較!
  3. iBooksで有機合成化学を学ぶ:The Portable Chemist’s Consultant
  4. メンデレーエフスカヤ駅
  5. マーデルング インドール合成 Madelung Indole Synthesis
  6. 三菱化学の合弁計画、中国政府が認可・330億円投資へ
  7. ピーター・ジーバーガー Peter H. Seeberger

注目情報

最新記事

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

ギ酸ナトリウムでconPETを進化!

塩化アリールのラジカルカップリング反応が開発された。芳香環の電子状態にかかわらず種々の塩化アリールに…

料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える

(さらに…)…

PAGE TOP