[スポンサーリンク]


odos 有機反応データベースW

  1. ウーリンス試薬 Woollins’ Reagent

    概要2,4-diphenyl-1,3-diselenadi-phosphetane-2,4-diselenideはウーリンス試薬と呼ばれ、カルボニル化合物を標的にセレノカルボニルへの変換を行う試薬。ローソン試薬の類縁体。&nbs…

  2. ウルフ・デッツ反応 Wulff-Dotz Reaction

    概要ビニルアルコキシカルベンペンタカルボニルクロム錯体(フィッシャーカルベン錯体…

  3. ワートン反応 Wharton Reaction

    概要α,β-エポキシケトンをヒドラジンで処理すると、エポキシドが開環してアリルア…

  4. ワイス反応 Weiss Reaction

    概要縮合多環化合物ポリキナンやポリキネンの合成原料として有用。…

  5. ヴィドマン・ストーマー シンノリン合成 Widman-Stoermer Cinnoline Synthesis

    概要o-アミノスチレンを室温でジアゾ化すると、シンノリン環が生成する。 …

  6. ウィルゲロット反応 Willgerodt Reaction

  7. ワインレブケトン合成 Weinreb ketone synthesis

  8. ワーグナー・メーヤワイン転位 Wagner-Meerwein Rearrangement

  9. ウルツ反応 Wurtz Reaction

  10. パーキン反応 Perkin Reaction

  11. ウィッティヒ転位 Wittig Rearrangement

  12. ウォルフ転位 Wolff Rearrangement

  13. ワッカー酸化 Wacker oxidation

  14. ウォール・チーグラー臭素化 Wohl-Ziegler Bromination

  15. ウォルフ・キシュナー還元 Wolff-Kishner Reduction

  16. ウィリアムソンエーテル合成 Williamson ether synthesis

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アルメニア初の化学系国際学会に行ってきた!③
  2. がん治療にカレー成分-東北大サイエンスカフェ
  3. 銅触媒と可視光が促進させる不斉四置換炭素構築型C-Nカップリング反応
  4. 2011年10大化学ニュース【前編】
  5. ナノチューブを簡単にそろえるの巻
  6. 鬼は大学のどこにいるの?
  7. ジェレマイア・ジョンソン Jeremiah A. Johnson

注目情報

最新記事

ジェレマイア・ジョンソン Jeremiah A. Johnson

ジェレマイア・A・ジョンソン(Jeremiah A. Johnson、19xx年xx月xx日)は、ア…

電子ノートか紙のノートか

読者の方々の所属する研究室・会社では実験ノートはどのように保管、データ化されていますでしょうか?…

フランシス・アーノルド Frances H. Arnold

フランシス・ハミルトン・アーノルド(Frances Hamilton Arnold、1956年7月2…

アルキルラジカルをトリフルオロメチル化する銅錯体

中国科学院 上海有機化学研究所のChaozhong Liらは、アルキルハライドから系中生成させた炭素…

Baird芳香族性、初のエネルギー論

第126回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科(相田卓三教授) 博士後期課程1年の…

PAGE TOP