[スポンサーリンク]


odos 有機反応データベースW

  1. ウーリンス試薬 Woollins’ Reagent

    概要2,4-diphenyl-1,3-diselenadi-phosphetane-2,4-diselenideはウーリンス試薬と呼ばれ、カルボニル化合物を標的にセレノカルボニルへの変換を行う試薬。ローソン試薬の類縁体。&nbs…

  2. ウルフ・デッツ反応 Wulff-Dotz Reaction

    概要ビニルアルコキシカルベンペンタカルボニルクロム錯体(フィッシャーカルベン錯体…

  3. ワートン反応 Wharton Reaction

    概要α,β-エポキシケトンをヒドラジンで処理すると、エポキシドが開環してアリルア…

  4. ワイス反応 Weiss Reaction

    概要縮合多環化合物ポリキナンやポリキネンの合成原料として有用。…

  5. ヴィドマン・ストーマー シンノリン合成 Widman-Stoermer Cinnoline Synthesis

    概要o-アミノスチレンを室温でジアゾ化すると、シンノリン環が生成する。 …

  6. ウィルゲロット反応 Willgerodt Reaction

  7. ワインレブケトン合成 Weinreb ketone synthesis

  8. ワーグナー・メーヤワイン転位 Wagner-Meerwein Rearrangement

  9. ウルツ反応 Wurtz Reaction

  10. パーキン反応 Perkin Reaction

  11. ウィッティヒ転位 Wittig Rearrangement

  12. ウォルフ転位 Wolff Rearrangement

  13. ワッカー酸化 Wacker oxidation

  14. ウォール・チーグラー臭素化 Wohl-Ziegler Bromination

  15. ウォルフ・キシュナー還元 Wolff-Kishner Reduction

  16. ウィリアムソンエーテル合成 Williamson ether synthesis

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 薄くて巻ける有機ELディスプレー・京大など開発
  2. Reaxys体験レポート:ログイン~物質検索編
  3. エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について
  4. 近況報告PartII
  5. ハーバード大Whitesides教授プリーストリーメダルを受賞
  6. 1日1本の「ニンジン」でガン予防!?――ニンジンの効能が見直される
  7. ピクテ・スペングラー反応 Pictet-Spengler Reaction

注目情報

最新記事

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

PAGE TOP