[スポンサーリンク]


odos 有機反応データベースW

  1. ウーリンス試薬 Woollins’ Reagent

    概要2,4-diphenyl-1,3-diselenadi-phosphetane-2,4-diselenideはウーリンス試薬と呼ばれ、カルボニル化合物を標的にセレノカルボニルへの変換を行う試薬。ローソン試薬の類縁体。&nbs…

  2. ウルフ・デッツ反応 Wulff-Dotz Reaction

    概要ビニルアルコキシカルベンペンタカルボニルクロム錯体(フィッシャーカルベン錯体…

  3. ワートン反応 Wharton Reaction

    概要α,β-エポキシケトンをヒドラジンで処理すると、エポキシドが開環してアリルア…

  4. ワイス反応 Weiss Reaction

    概要縮合多環化合物ポリキナンやポリキネンの合成原料として有用。…

  5. ヴィドマン・ストーマー シンノリン合成 Widman-Stoermer Cinnoline Synthesis

    概要o-アミノスチレンを室温でジアゾ化すると、シンノリン環が生成する。 …

  6. ウィルゲロット反応 Willgerodt Reaction

  7. ワインレブケトン合成 Weinreb ketone synthesis

  8. ワーグナー・メーヤワイン転位 Wagner-Meerwein Rearrangement

  9. ウルツ反応 Wurtz Reaction

  10. パーキン反応 Perkin Reaction

  11. ウィッティヒ転位 Wittig Rearrangement

  12. ウォルフ転位 Wolff Rearrangement

  13. ワッカー酸化 Wacker oxidation

  14. ウォール・チーグラー臭素化 Wohl-Ziegler Bromination

  15. ウォルフ・キシュナー還元 Wolff-Kishner Reduction

  16. ウィリアムソンエーテル合成 Williamson ether synthesis

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ミック因子 (Myc factor)
  2. ジョージ・スミス George P Smith
  3. 誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)
  4. 有機合成化学協会誌2017年7月号:有機ヘテロ化合物・タンパク質作用面認識分子・Lossen転位・複素環合成
  5. 核のごみを貴金属に 現代の錬金術、実験へ
  6. 第130回―「無機薄膜成長法を指向した有機金属化学」Lisa McElwee-White教授
  7. 私がなぜケムステスタッフになったのか?

注目情報

最新記事

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

ブーゲ-ランベルト-ベールの法則(Bouguer-Lambert-Beer’s law)

概要分子が溶けた溶液に光を通したとき,そこから出てくる光の強さは,入る前の強さと比べて小さくなる…

活性酸素種はどれでしょう? 〜三重項酸素と一重項酸素、そのほか〜

第109回薬剤師国家試験 (2024年実施) にて、以下のような問題が出題されま…

産総研がすごい!〜修士卒研究職の新育成制度を開始〜

2023年より全研究領域で修士卒研究職の採用を開始した産業技術総合研究所(以下 産総研)ですが、20…

有機合成化学協会誌2024年4月号:ミロガバリン・クロロププケアナニン・メロテルペノイド・サリチル酸誘導体・光励起ホウ素アート錯体

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年4月号がオンライン公開されています。…

PAGE TOP