[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ウィリアムソンエーテル合成 Williamson ether synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

SN2求核置換反応による非対称エーテルの合成。Rが第一級の時に最良の結果が得られる。トリチル保護など、特別な場合においてはSN1型で進行するものもある。

E2脱離が競合反応となる。第三級アルキルハライドの時には通常、脱離反応のみ起こる。

SN2置換反応を加速させる効能を持つ、非プロトン性極性溶媒(アセトニトリルやDMFなど)が良く用いられる。

ハロゲン化アルキルの代わりに、スルホニル基などを脱離基として有するものも使用できる。

基本文献

  • Williamson, W. Liebigs Ann. Chem. 185177, 37.
  • Williamson, W. J. Chem. Soc. 1852, 106, 229.
  • Dermer, O. C. Chem. Rev. 1934, 14, 385. DOI: 10.1021/cr60049a002

 

反応機構

X-ethe2.gif

反応例

williamson_3.gif
williamson_5.gif
SNAr反応の場合は、脱離基が F > Cl > Br > I の順に反応性が低下することに注意。
williamson_4.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] J. R. Prous, ed. Drugs Fut. 1992, 17, 1093.

[2] J. R. Prous, ed. Drugs Fut. 2002, 27, 339.

[3] J. R. Prous, ed. Drugs Fut. 1990, 15, 1080.

 

関連反応

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. P-キラルホスフィンの合成 Synthesis of P-chi…
  2. クライゼン転位 Claisen Rearrangement
  3. ワインレブケトン合成 Weinreb ketone synthe…
  4. ゲヴァルト チオフェン合成 Gewald Thiophene S…
  5. バールエンガ試薬 Barluenga’s Reage…
  6. バートン・マクコンビー脱酸素化 Barton-McCombie …
  7. 2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Pro…
  8. ニーメントウスキー キノリン/キナゾリン合成 Niementow…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アルキンから環状ポリマーをつくる
  2. 武田薬、米国販売不振で11年ぶり減益 3月期連結決算
  3. 第12回 DNAから人工ナノ構造体を作るーNed Seeman教授
  4. 粘土に挟まれた有機化合物は…?
  5. TED.comで世界最高の英語プレゼンを学ぶ
  6. 2012年Wolf化学賞はナノケミストリーのLieber博士,Alivisatos博士に!
  7. Nsアミン誘導体
  8. 化学の力で複雑なタンパク質メチル化反応を制御する
  9. 布施 新一郎 Shinichiro Fuse
  10. カルボン酸を触媒のみでアルコールに還元

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

米国へ講演旅行へ行ってきました:Part IV

3部作で終わろうと思いながら、書くことが多すぎて終われませんでした。前回から2ヶ…

二水素錯体 Dihydrogen Complexes

水素分子がサイドオン型で金属中心に近づくと、二水素錯体を形成することができる。こうして形成した二水素…

分析化学科

お申込み・詳細はこちら◇分析化学科 (定員16名)本研修では「ものづくり企業」の品質管理等で…

多角的英語勉強法~オンライン英会話だけで満足していませんか~

国際学会で発表するにも、論文を書くにも、研究室の留学生と飲みにいくにも英語は必要です。しかし、それぞ…

ペプチドの革新的合成

第215回のスポットライトリサーチは、中部大学総合工学研究所分子性触媒センター助教・村松渉先生にお願…

年収で内定受諾を決定する際のポイントとは

転職活動の終盤で複数の企業から内定を獲得した際、「年収が決め手となって内定を受諾…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP