[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

密閉容器や培養液に使える酸素計を使ってみた!

[スポンサーリンク]

 

研究者や現場の方であれば、酸欠防止に不可欠な酸素探知機やモニター、医療関係者であれば血中酸素濃度モニターなど、さまざまな用途で使用されていますが、酸素計について深く考えたことのある人は多くないと思います。

今回は、そんな酸素計の記事になりますので、気軽に読んでみてください。

<目次>
1.そもそも酸素ってなに?
2.代表的な酸素計の測定原理
3.非破壊式酸素計の特徴

1.そもそも酸素ってなに?

まず、皆さんご存知の通り、物質としての酸素は、無味無臭の気体で空気中に約20.95%含まれており、窒素に次いで多く含まれています。生物の呼吸や燃焼に不可欠な気体であり、医療分野や工業分野では欠かせない気体です。

そんな酸素の濃度を測定するのが酸素計で、多種多様なものが活用されています。

2.代表的な酸素計の測定原理

現在、主に使用されている酸素計は、ジルコニア式またはガルバニ電池式の2種です。
先ほどの酸欠防止に不可欠な酸素探知機は主にガルバニ電池式ですが、血中酸素濃度モニターは、簡潔に言うと、血の赤色の度合いを透過光を利用して測定しています。

現在、他にも様々な原理の酸素計が取り揃えられており、それぞれの原理の詳細や使い分けがされています。

詳細については、下記リンクのガイドブックをご参照ください。

 

 

3.非破壊式酸素計の特徴

ここで話は大きく変わりますが、みなさん、非破壊式の酸素計というものをご存知でしょうか?

上記で取り上げたジルコニア式やガルバニ電池式の酸素計は投げ込み式と言い、センサー部を、コードを通して容器内に入れる必要があります。
これだとどうしても密閉容器の中は測定できません。

そういったニーズに沿った酸素計がPreSens社の非破壊式酸素計です。

PreSens社はドイツのレーゲンスブルクという都市にある大学からのスピンオフメーカーです。
従業員数は約200名と決して多くはありませんが、ドイツらしく確かな技術を持ったメーカーです。

今回はそんなメーカーのちょっと変わった酸素計を紹介します!

PreSens社の代表的な酸素計の見た目は、このような感じです。

 

一般的なスマートフォンと比較してもこんな感じで非常にコンパクトです。

 

この酸素計、何がすごいのかと言うと、先ほども述べたように、密閉した容器や袋の中の酸素濃度を外から測定できることです。

専用のセンサーチップを予め容器の中に貼る必要はありますが、一度貼り付けてしまえば、もうあとはそのまま、容器の外から測定を行うことができます。

と言われても想像しにくいかと思いますので、動画をご覧ください。

このように、内部の酸素濃度を外から簡単に測定することができます。

つまり、写真のようなペットボトル、コンビニのパッケージなど、様々な容器の内部の酸素濃度が測定可能となります。

気密性を測定したいのに測定する方法がなく困っている方には、もってこいの方法ですね。

また、動画では、気体中の酸素濃度の測定を行っておりますが、水中の溶存酸素の測定も可能です。

例えば、培養液にも使用できます。

2019年のノーベル医学生理学賞を受賞したWilliam G. Kaelin Jr.博士、Sir Peter J. Ratcliffe博士、Gregg L. Semenza博士らの「低酸素状態における細胞の応答」は記憶に新しいかと思いますが、それほどまでに生体と酸素の関係性は深く、酸素レベルが細胞代謝と生理機能にどのように影響するかを確認することは非常に重要なことです。

これまで、細胞培養において、培養液中の溶存酸素濃度は重要視されていませんでした。これは逆に言うと、培養中の溶存酸素濃度のモニタリングが難しかったことの裏返しです。PreSens社の酸素計は、その点を克服し、培養容器に予めチップを貼り付けて培養することで、サンプリングを行うことなく溶存酸素濃度のモニタリングを可能にしました。さらに、PreSens社では、培養用途に特化した装置の開発も行っています。フラスコでの培養を想定したSFR(センサーフラスコリーダー)、ディッシュでの培養を想定したSDR(センサーディッシュリーダー)の2機種を取り揃えており、スケールに合わせて選択することができます。また、これらの装置は、専用のフラスコ、ディッシュを使用することで、溶存酸素だけではなく、pHも同時に測定が可能です。

左:SFR 右:SDR

 

培養時の溶存酸素濃度評価にお困りの方は、ぜひご参考にしてください。

他にも非破壊酸素計にご興味がある方は、こちらの製品を取り扱っている三洋貿易までお問い合せください!

※デモも受付中!

酸素計の詳細・カタログのダウンロードはこちら

※すべての容器、培養液に対応しているわけではございません。
詳細はお問合せください。

お問い合わせ

三洋貿易株式会社 ライフサイエンス事業部 科学機器部
三洋貿易株式会社 科学機器部は科学機器の総合商社です。幅広い分野で市場ニーズの高い商品を提供しています。購入後の機器のメンテナンスもお任せください。
HP: https://www.sanyo-si.com/
Email: info-si@sanyo-trading.co.jp

 

ケムステPR

投稿者の記事一覧

ケムステのPRアカウントです。募集記事や記事体広告関連の記事を投稿します。

関連記事

  1. ”がんのメカニズムに迫る” 細胞増殖因子とシグナル学術セミナー …
  2. 化学者のためのエレクトロニクス講座~無電解卑金属めっきの各論編~…
  3. ポリマーを進化させる!機能性モノマーの力
  4. Twitter発!「笑える(?)実験大失敗集」
  5. 「mihub」を活用したマテリアルズインフォマティクスの実践 -…
  6. 化学反応を自動サンプリング! EasySampler 1210
  7. 「新規高活性アルコール酸化触媒 nor-AZADOの有用性」 第…
  8. 『Ph.D.』の起源をちょっと調べてみました① 概要編

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 阪大と理研ビタミン、透明な生分解性フィルムを開発
  2. 糖鎖クラスター修飾で分子の生体内挙動を制御する
  3. 韮山反射炉に行ってみた
  4. ボロン酸触媒によるアミド形成 Amide Formation Catalyzed by Boronic Acids
  5. DNAを切らずにゲノム編集-一塩基変換法の開発
  6. Side Reactions in Organic Synthesis II
  7. セルロースナノファイバーの真価
  8. 分子情報・バイオ2研究センター 九大開設
  9. 「アバスチン」臨床試験中間解析を公表 中外製薬
  10. 自動車の電動化による素材・化学業界へのインパクト

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

注目情報

最新記事

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

分子研「第139回分子科学フォーラム」に参加してみた

bergです。この度は2024年7月3日(水)にオンラインにて開催された、自然科学研究機構 分子科学…

光の色で反応性が変わる”波長選択的”な有機光触媒

照射する可視光の波長によって異なる反応性を示す、新規可視光レドックス触媒反応が開発された。赤色光照射…

ロタキサンを用いた機械的刺激に応答する効率的な分子放出

軸状分子に複数の積み荷分子をもつロタキサンを用いることで効率的に分子を放出するシステムが報告された。…

鉄触媒反応へのお誘い ~クロスカップリング反応を中心に~

はじめにパラジウムなどのレアメタルを触媒としたカップリング反応は、有機EL材料、医農薬、半導体材…

Sim2Realマテリアルズインフォマティクス:データの乏しさを分子シミュレーションにより克服する

開催日:2024/07/10 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

ある動脈硬化の現象とマイクロ・ナノプラスチックのはなし

Tshozoです。マイクロプラスチックについては以前から関連記事(1,2)を書いたり定期的に…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP