[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ウーリンス試薬 Woollins’ Reagent

[スポンサーリンク]

概要

2,4-diphenyl-1,3-diselenadi-phosphetane-2,4-diselenideはウーリンス試薬と呼ばれ、カルボニル化合物を標的にセレノカルボニルへの変換を行う試薬。ローソン試薬の類縁体。

 

基本文献

<review>

 

反応機構

ローソン試薬の項目を参照。

 

反応例

セレノアミドの合成[1]

woollin_2

参考文献

  1. Bethke, J.; Karaghiosoff, K.; Wessjohann, L. A. Tetrahedron Lett. 2003, 44, 6911. doi:10.1016/S0040-4039(03)01690-3

 

関連反応

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. クラベ アレン合成 Crabbe Allene Synthesi…
  2. アジフェーズ法 AJIPHASE Method
  3. フィッシャー インドール合成 Fischer Indole Sy…
  4. コンラッド・リンパック キノリン合成 Conrad-Limpac…
  5. ニーメントウスキー キノリン/キナゾリン合成 Niementow…
  6. 芳香族化合物のニトロ化 Nitration of Aromati…
  7. ヨウ化サマリウム(II) Samarium(II) Iodide…
  8. プリリツェフ エポキシ化 Prilezhaev Epoxidat…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 岩田忠久 Tadahisa Iwata
  2. ここまでできる!?「DNA折り紙」の最先端 ③ ~立体を作ろう! 編~
  3. ネオジム磁石の調達、製造技術とビジネス戦略【終了】
  4. 【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介①:東原 知哉 先生
  5. スズ化合物除去のニュースタンダード:炭酸カリウム/シリカゲル
  6. 化学物質の環境リスクを学べる「かんたん化学物質ガイド」開設
  7. 『元素周期 ~萌えて覚える化学の基本~』がドラマCD化!!!
  8. 牛糞からプラスチック原料 水素とベンゼン、北大が成功
  9. 半導体で水から水素 クリーンエネルギーに利用
  10. 吉野 彰 Akira Yoshino

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

【書籍】ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学

今月発売された『ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学』(佐々木 健夫 著,コロナ社)という書籍を…

重水は甘い!?

同位体はある元素、すなわち同一の原子番号をもつ原子核において、中性子数の異なる核種のことをいいますね…

人物でよみとく化学

概要化学の歴史をつくった約50人を収録。高校・大学の化学の勉強に役立つ16テーマをあつかい、…

金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)

概要金属ナトリウム分散体(SD Super Fine &#x2122;)は、金属ナトリウムの微粒…

アクセラレーションプログラム 「BRAVE 2021 Spring」 参加チームのエントリー受付中!(5/10〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

赤キャベツから新しい青色天然着色料を発見 -青色1号に代わる美しく安定なアントシアニン色素-

青の食品着色料として広く使われる化学合成の「青色1号」とほぼ同じ色で、長期保存時の安定性に優れた天然…

砂塚 敏明 Toshiaki Sunazuka

砂塚 敏明 (すなづか としあき)は、日本の有機化学者である。学校法人北里研究所 理事、北里大学大村…

【ケムステSlackに訊いてみた】有機合成を学ぶオススメ参考書を教えて!

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackを立ち上げてもうすぐ2年が経ちます。かな…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP